スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13話感想・立ち直りバージョン
2008年07月08日 (火) | 編集 |
13話のあまりの衝撃にしばらく立ち直れませんでしたが、3日とたたずに立ち直ってしまいました。

私は、はたと思い出したのです。
どうしてロロを好きになったのか。

R2になった時、ナナリーの代わりにロロがいてビックリしました。
アニメ雑誌も買わない、アニメ友達もいないため(足抜けして長いもので)情報はTVだけ。
そのとき思ったのは


ええい!ロロなんかどーでもいいから可愛いナナリーを出せ!!!!
でした。

あんまりそうは見えないかも知れないけれど、私はルルーシュが1番好きです。
だから、ルルーシュを好きでいてくれる人が大好きなのです。
ルルーシュの事を1番すきでいてくれそうなナナリーが大好きでした。
もちろん、容姿や性格が好みだった事もありますが・・・。


でも、見ていくうちにロロのかわいそうな境遇にホロリとき、ロロのルルーシュを思う心に引かれ大好きになりました。

でもロロは元々清廉潔白な心優しい味方キャラではありませんでした。
それを承知で好きになり、応援してあげたいと思ったのだから、13話を見て落ち込む事はないのです。

シャーリーを殺したのはロロかどうか、今の時点では分かりません。
でも、そうだとしても、ロロの心の成長が今回の事で止まったわけではないと思います。

小さな子供のように行きつ戻りつ人間らしくなっていくロロを見守りたい。
かつてルルーシュはユフィを殺しました。
それは彼の本意ではなかったけれど、最終的には殺す事を選び、彼女の虐殺行為を利用しました。どんなに嘆き、後悔して涙を流しても、やったのはルルーシュで、決めたのもルルーシュ。
ナナリーのため・・・それだけのために。

そのときもショックだったけど、それ以上にルルが可哀相で結局嫌いにはなれませんでした。
そして、R2になり、ルルーシュは1期よりずいぶん優しくなり、人はコマではなく、世の中に存在する人間はナナリーとスザクだけではない、思い、想ってくれる人はたくさんいるのだと気がつきました。

ロロの今がどうであろうと、犯人であろうとなかろうと、ルルだけをただ一人の人として狂信し他を受け入れないという状態から変わっていけると信じたいです。

『やり直せるはずです、人は。』

ロロは16歳だけど、やっと人としての心を持ち始めたばかり。
それでも何気にジェレミアが学園に来たとき

「校内放送を、他の生徒を対象エリア外へ。」

真っ先に指示を出したのはヴィレッタではなくロロでした。
戦闘を見られたくないという意図もあったと思いますが、学園を守り、無駄な死者を出したくないという気持ちもあったんじゃないかな。いい子だよ

咲世子との共闘。
ロロを視界に認めた咲世子はロロの意図を察して、時を止めるギアスの効果範囲外へ飛びのきます。
仲悪げに見えた二人ですが、この阿吽の呼吸を見ると意外といい喧嘩友達のような気がします。(結果的に油断してしまったのは痛かったですが)

ヴィレッタが裏切ったように見えたとき、凄い表情で睨んでいたにもかかわらず、ジェレミアが去った後瞬殺していません。
ちゃんと

「ヴィレッタ、あなたは兄さんを裏切るんですか。それとも・・・。」

と確かめています。

その事から、裏切っていないと信じたい・・・という気持ちがあるように思えます。
機情で仲間を問答無用で殺していたときとは全く違います。
それなりの信用があり、仲間だとおもう気持ちもありそうです。

成長しているじゃないかロロ♪♪お姉さんは嬉しいよ!(あ、すいません、お姉さんと言う年ではありませんでした

よしよし、いい感じだ!!


その次行ってみよう!

「兄さん、僕らが行くまで、無茶はしないで。」

怪我を負っていない咲世子と組んでもかなわなかった敵、オレンジ。かなわなくとも駆けつけるロロ。
兄さんを危ない目にあわせるぐらいなら、自分の身を盾にしても守るぐらいの覚悟はありそう。

いい子じゃないか!!!
泣かせる!!!


シャーリーと出会い、人目もない。
そこは戦場で、もしシャーリーを単なる邪魔者だと思っていたら、さっさと排除する事も出来た。

でもそうしなかった。

その後のことはこの時点で言ってもしょうがないけれど、ロロは昔に比べればずいぶん自制も出来るようになっているし、兄以外の誰かを仲間だと思うことも出来るようになっている。
兄に止められているとは言え、ムカッとする事があっても無駄に殺したりはしない。

ただ、そうやって人間らしくなっていったがゆえに、すごく不安なのだろう。
嘘から始まった足場しか持たないロロは、本物の妹であるナナリーをとても恐れている。
彼女のすべてになりかわり、その場所を奪ったロロ。
今度は同じようにナナリーに奪い返されると恐れているのではないかと思う。

ナナリー本人は心優しい子。
でも、優しくされる事のなかったロロにはナナリーの本当の姿は分からない。自分を食い尽くす恐ろしい化け物のように思えているのかもしれない。

ロロはシャーリーの口からななちゃんというセリフが出たことで記憶を取り戻している事を悟ります。
ルルーシュを助けたい気持ちは一緒でも、シャーリーは

『ルルの幸せを取り戻してあげたいの。奈々ちゃんも。』

で、

ロロは

『自分がいれば兄さんは幸せなのだからナナリーはいらない。』

と、考えています。(考えたいというか。)

相容れそうで相容れない二人。

来週には全てが分かるのでしょうか。

どういう結果になってもやっぱりロロが好き。
そう思って禁断の13話を見直したら、まー今回のロロのかわいい事!
ずーっと出てこなかった頃が嘘みたいに活躍してるじゃないか!!!

あー、やっぱりかわいいな♪


・・・・・・・昔から悩んでも3日と持たず立ち直っていたUT。
今回も3日ほどでした。

でも、それは色々なブログやサイトを見て、コメントでも話したから出た結論で、そうじゃなかったらアニメ友達のいないUTはもっと長く引きずったと思います。
皆様、いろいろありがとうございました!!

ここに開き直り宣言をいたします♪




コメントで一緒に落ち込み、それでもやっぱりロロが好きと言ってくださった浅田 リン様、ihiro様、麻○様ありがとうございました。
また、ロロが犯人ではない可能性も結構あると気づかせてくださってありがとうございます。
確かに公式でロロが殺害と書いてないや。

Be Mineの感想もありがとうございました。真っ暗状態で書いたので本当に暗い、救いのない作品になっちゃいましたが、何か書いてすっきりした部分もあります。
やっぱり、私はロロが好き。

OPのロロ可愛いな♪
一瞬でしたが凄く笑ってる。

今後の展開上、短い命となる可能性もあるロロですが、笑える事もある世界にやって来て良かったね。しつこく応援するから、なるべく死なないでね。


さて、新しいリンクのお知らせです。
何だか混乱して遅くなりましたが、『世界中を敵にしたって私がロロたんを守ります!!』とコメントで叫んでくださったロロファンの鏡のようなihiro様のブログ、戦後刑場迴光反照360度 とHP・Tellurianを追加させていただきました。
このサイトを訪れたら、雰囲気のある独特の美しい絵に引き込まれると思います。
実はBe Mineはこちらのサイトの7月6日分の日記絵ロロのイメージで書きました。(スミマセン、勝手に。)



よくコメントを九下さる麻○さん、リンクの件やっぱり駄目なんでしょうか?こんなにロロ愛を叫んでいるブログとはぜひリンクしたいんですが。もう一度ラブコールを送っておきます♪←しつこくてスミマセン。


ロロを心配して眠れぬ夜を過ごしている皆様、彼はきっと大丈夫です。
体に気をつけて元気で頑張ってくださいね♪





スポンサーサイト
13話感想
2008年07月06日 (日) | 編集 |
あんまりだ・・・・・・。

こんな結末ってありなんだろうか。
一番ルルを思っていたシャーリーをよりによってロロが殺すなんて。

しかも、ルルを助けるため、やもなく・・・・・・といった状況があれば仕方ないと諦められたかもしれないけれど、「ナナリー」の一言に反応して自分のために殺してしまうなんて。

ルルーシュが以前ロロの前でナナリーに言った「愛してる!!」は、ここの複線だったんですね
ルルーシュの優しい弟という仮面を「ナナリー」と言うキーワードで外してしまったロロ。
彼に救いはあるのだろうか。

おそらくルルーシュにはこの事を黙っているだろうけれど、もしばれたら「ナナリーの場所を奪った偽者」プラス「ルルーシュの全てを許し、愛してくれたシャーリーを殺した。」という二点によってもはやボロ雑巾としても扱ってくれなくなるかも。
恐ろしい・・・。

ナナリーの件は回復できるかもしれないけれど、シャーリーは無理かもしれない。

でも、ユフィを失ったスザクがルルーシュを許せるときがくるとしたら、ルルーシュもロロを許せるのかな。

ロロも他の人にはけっしてわかってはもらえないだろうけど、そうしなくてはいけないだけの理由があった。

ここまでやってもロロの事は嫌いになれない。
それは多分、シャーリーがルルを好きであり続けた気持ちと似たものの様な気がする。

でも、全国のシャーリーファンとロロが大好きな人たちの中に影を落としてしまったと思う。

会長が卒業して、ナナリーは総督に。
カレンが捕まり、スザクが休学。ニーナももういない。

学園ももう終わりのような気がします。
来週はシャーリーのお葬式なのかな?まさかミレイさんがTV中継とか?
ロロはそこで仮面をかぶりきれるのか。何もなかったように振舞えるのか。

ルルーシュの悲しみを見て今更自分が殺したとは言えないと思うけれど、せめて罪滅ぼしの真似事でもいいからして欲しいと思います。

そして、そこから命の重みを知り、変わっていく事を望みます。


・・・とはいえ、シャーリーをロロが殺す描写がなかったので、まず間違いないだろうと思いながらも一筋の希望を求めてしまいます。

13話派生の話は書くとしてもかなり後になりそうです。
ロロのその後を見ないと何とも・・・。
というか、テンションが下がって真っ暗です。

OPの嬉しそうな顔を見てホッとし、宿題を教えてもらってもらってるほほえましい姿を見て脱雑巾も近い!!!
・・・と喜んだ後だっただけにすごくきつかったです。

『弟の苦労』最終話、今日の話見た後だったら仕上げられなくて未完になってたかも。
今週はあまり作品は書けそうにないので、悲しみを癒すべく、ロロサイトを回りまくろうと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。