FC2ブログ
『復活のルルーシュ』
2019年02月14日 (木) | 編集 |
お久しぶりです!
最後の記事が2013年09月なので、もう訪れる方もいらっしゃらないと思いますが『復活のルルーシュ』をせっかく見てきたので感想を(^^



一言でいうと、面白かった!!
あまりネタバレになってもいけないので端折りますが、コードギアスらしいお話でした(^^♪

前半は、厳密に言えばルルーシュはいないのですが、それでも懐かしくて嬉しかったですね。
CCはバッチリ活躍します。
昔はだらしなく、料理も掃除もルルーシュにさせてましたが、何だ、やれば出来るじゃん!!
自称「我侭な女」だから、我侭をきいてくれる人がいればやらないけど、必要があれば出来ちゃうのですね☆
そういえば、幼いマオを、あれほどの依存症に育て上げるほど、愛情溢れる女性でしたね。
今回もその慈母ぶりを発揮していました。

敵姉弟も、魅力的でした。
特に王である弟は弟属性たっぷりで、年齢もロロぐらい。
ヤンデレなのも、一途に姉を守ろうとするところも、過度のシスコンなところもロロっぽいかな。
雰囲気は無邪気というよりは暗殺者だった頃のロロのよう。
冴え冴えとした冷たさを纏う美少年です。
足が不自由なところはナナリーと一緒ですが、スザクと遣り合えるほどのナイトメアの乗り手です。

姉の方はギアスユーザーです。
なるほど、これなら……と、思えるような強力な能力でルルーシュを苦しめます。

二時間でまとめないといけないので、敵方の掘り下げは足りなかった気がしますが、十分魅力的な敵姉弟でした。絵も綺麗。
音楽も昔のをそこそこ使っていて雰囲気ばっちりでした。
欲を言えば、TV12クールでやってほしかったかな。

スピード感には溢れていたしビレッタやオレンジさん、佐世子さん、コー様、アーニャも出て満足でしたが、、ロロが写真ワンカットしか出てなかったので、そこは残念。(というか泣きそう)

シャーリーの死はなかったことになって、元気に登場してました。
それは嬉しいんだけど、だったらロロも生き返らせてぇぇぇ~!!(絶叫)
せめてDVD発売時にイラドラとしてロロをたっぷりだしてくれないかなぁ。

ちなみに、ロロが姿として出たのはこのワンカットだけでしたが、Cの世界でルルーシュを二度助けたのは、多分ロロ。(と、ユーフェミア)
映画を見たときそう感じたけど、他の方の考察でもそうかいてらしたので間違いないでしょう!!
それはルルーシュの台詞から察しがつきますが、せめてシルエットでもロロ(と、ユーフェミア)を見たかったなぁ(>_<)

スポンサーサイト



お久しぶりです
2013年09月06日 (金) | 編集 |
ギアスも終わり、こちらも更新しなくなって久しいですのでもう誰も読んでいないことと思います。

ただ、個人的に嬉しいニュースがありましたのでお知らせしますね~。
少し前、ロロっぽい子でオリジナル小説を書いているという話を書いたのですが、嬉しい事にここ一月そちらの小説サイトで総合一位をとる事が多くなりました。(日間では取れませんでしたが)
明後日でいったんお休みになるので以降は順位は下がると思います。

この作品はファンタジー系で、やはり超ブラコンな話ですが、ロロっぽい子の兄はルルとはかなり性格や特技は異なります。(ブラコンのみルル並み)
ロロっぽい子の方もどちらかというと女の子みたいな可愛らしいタイプになります。(でもUTが書いているので『性格が良い』というより『イイ性格』キャラ。特に番外では。

もし興味があればこちらからドウゾ。

こちら

PNはUTではなく『結城』です。
けっこうシビアな内容ですが、読めばUTの癖が出ているので間違いなく本人とわかると思います。



また、某コンテスト賞金につられてショートショート部門に投稿したのですが、何と最優秀賞をいただけることとなりました。

参加人数はそれほど多くないにしても、まさかの最優秀賞でビックリです。
長く生きていたら(?)こんな事もあるのですね~。

投稿作品はネットでも読めます。
こちらでのPNは『yuuki』で作風が全く違うのですが、本人証明のため結城で書いた方の作品で使用した挿絵も一緒にアップしています。

今後は私の入賞作品および、他の方の優秀作品数作は電子書籍アンソロジーとしてまとめられ、後日『電子書店パピレス』『電子貸本Renta!』で配信されるそうです。
『電子貸本Renta!』はよく広告に入っているので目にされたことのある方もいらっしゃるかも。

配信日が決まりましたらまたお知らせしますね。
とりあえず現在は無料でココから読めます。



コンテスト発表頁


私は二次からオリジナルに入りましたので、二次には抵抗ありませんが、著作権の問題等のこともあり、小説サイトにいらっしゃるオリジナル作者の方の中には二次を快く思わない方も多くいらっしゃいます。

もしあちらにコメント等しようかなと思われた場合はその辺の配慮をいただけると嬉しいです。

その件ってわけではないのですが、向こうで出来たお友達がとんでもない人に些細な件で長期にわたり言いがかりをつけられ、体調を崩すほど大変な目に合っていました。

私はその方のところの中傷行為が始まった後も応援したのでちょっぴりもらい火しましたが、今のところたいした事はありません。
でも、信じられない方面からケチつけてくるので今後とも用心したいと思います。


追記

FC2で書いているロロっぽい子の小説、11月17日に殿堂コーナーに収納されました。
読みに行って下さった方、ありがとうございました!!!



やっと動画(ナナリーinワンダーランド)が見れました
2012年08月01日 (水) | 編集 |
発売初日はどこを探しても見つからず、その後も夏休みで普段より自由時間がないため早朝ににコソコソ探す怪しい女が一人。

いえ、ギアス好きはもう子供にバレているのでいいのですが、動画を必死で探してるゆかいな母の姿のあること無い事無い事無い事、友達に喋られないよう相変わらずコソコソしています。

今日は二人とも遊び&部活で居ないので今のうちに書いちゃいます。



さて、ナナリーinワンダーランド、面白かったです♪

しょっぱなから

ナ「青空ってとても良い匂いがすると思いませんか? お兄様」

ル「この優しい香りはお日様の香りだったんだね。俺はてっきりナナリーかと」

 という超ド級ブラコン発言から始まります。
 ナナリーも

「まあ、お兄様ったら(ハァト)」

と、まんざらでもない様子。どこのバカップルでしょうか?
でもロロがこの立場に居たらやっぱり同じような返答を返したような気がします。




 ナナリーにお話をねだられてルルーシュが語り始めます。
 可愛いけどナナリーのみ優遇しまくったお話が原作を破壊しながら進んでいきます。
 
 白うさぎのアーニャはキャラかぶりの三月うさぎカレンと最強うさぎの座を巡って戦い出すし、公爵夫人であるミレイさんは止めるどころか実況中継を始める始末。

 イモムシ役のラクシャータはいつもの寝そべりポーズから一歩も動きません。

 セシルさんは本編の料理がマシに思える程エゲツナイお弁当をロイドさんに用意し、

 シンクーはハンプティダンプティ(で良かったっけ?)で美形台無しな哀れなコスプレをさせられています。しかもセリフなし。

 咲世子さんもドードーのコスプレで可愛くない。役自体はルルーシュにさすが!と褒められる役どころなのに。
 他の女性キャラは皆可愛い&セクシーなのに咲世子さんだけ何で?
 咲世子さんだって本気を出せば美人でセクシーなんですよ~



 さて、肝心のロロはヴィレッタ先生とともにどんよりたたずんでいました。

 しかも衣装は無し?
 いや、着てないように見えるだけ?

 向き合って喋っていたナナリーが全く驚いていなかったので、裸ふうに見えたけど隠すところは隠していたというきわどい衣装ということにしておきましょう。
 ルルーシュも何も突っ込んでいなかったし、ナナリーを全裸の少年に会わせるわけないですよね?(希望的意見)

 さて、ヴィレッタさんは旦那選びの失敗を愚痴っていました。
 ここはロロ&ヴィレッタ優遇ブログですので全文載せてみます。

ロ「ハァ……」
ヴィ「フゥ……」

ナ「あのぉ?」

ヴィ「お前の世界に通じる道? 悪いが私たちは今そんな話に付き合っていられる心境じゃないんだ。なぁ偽ウミガメ(←ロロ)」

ロ「うん。だって僕とグリフォン(←ヴィレッタ)は重大な悩みをかかえているからね。ハァ……」

ナ「お悩み事ですか?」

ロ「そう。僕は心臓の持病」

ヴィ「私は、一緒になった男がなぁ……。そうじゃないかと薄々は思っていたんだが……案の定、ヘタレだったんだ」

ナ「ヘタレ?」

ヴィ「別にサザーランドのごとくグイグイ引っ張っていって欲しいとまでは思っていない」

ロ「それはそれで暑苦しそうだね」←ジェレミアのこと?

ヴィ「だがな、一日の会話を『ああ』と『うん』と『お前に任せる』この三つの語彙だけでまかなわれ続けてみろっ! やり場のない憤り

と歯がゆさと虚脱感が合わせ技で同時に襲ってくるぞ」

ナ「そうなんですか……」

ロ「まぁ君はまだ若いからよくわからないと思うけど」←いったい何があったロロ。いきなりじじむさく……。そしてヴィの前で年齢の話は禁句では……。

ナ「えっと……じゃあ、お二人共お大事に……」

ヴィ「ありがとう……」←哀愁が漂っています。生活疲れ?

去っていくナナリー

ヴィ「羨ましい……。私にだってあの子みたいに若くて可愛らしい時期があったんだ」←若いはともかく「可愛らしい時期」は想像できないんですが。ナナリーぐらいの時は千草みたいな性格だったんでしょうか?
 いったい何があったんですか。ヴィレッタさん。

ヴィ「本当、時間なんて止まってしまえばいいのに……」

ロロ「そんなの、止まるわけないよ。あはは」←すっかり他人事。いい笑顔で笑ってる。しかしその直後、

ロロ「うっ……心臓が止まる……!!」白目


以上で全てでした。


ロロにグチグチ言ってるヴィレッタとそれを聞きつつ自分もグチグチ言ってるヴィレッタ。想像したら何か可愛いです。
出来たらロロには心臓ではなく兄についてグチグチ言って欲しかったです。

あと、マリアンヌ様の胸が揺れすぎでした。
ナナリーも大きくなったらああなるのかなぁ……?



ナナリーinワンダーランド座談会
2012年05月25日 (金) | 編集 |
コードギアス公式HPにやっと上がったナナリーinワンダーランドの座談会後編。
今度こそちらっとでもロロが出るかと期待していましたが、今回も出ず……。

確かにギアスキャラの中では目立たない性格ですが、このまま埋もれてしまうんでしょうか?


ところで私は今回もDVDを買う予定はありません。
それでなくても娘にオタクがバレそうなのに(とういうかバレてるのかなぁ。Ωのせいで)あまりにも危険です。

頼みの綱はyou tubeなどの動画サイトですが、これからは規制が厳しくなりUPされるのやら。
昔ロロサイトはいっぱいあったのですが、流石にこれだけ年数が経つとほとんどのサイトが休止か消滅状態です。
どこかでレビューしてくれると良いのですが。

どこでもレビューしてくれなければいよいよ購入を考えます

久しぶりにロロ絵を描いたので載せてみます。


ssuizokukann2_convert_20090227182311.jpg


もしかしてロロの出番は・・・・・・?
2012年04月24日 (火) | 編集 |
ナナリーinワンダーランドのプロモーションをぼーっと見てて思いました。
不思議の国のアリスに亀なんかいたっけ?

読んだことはあるのですが、すでに大昔。
もう少し前なら子供らのために買ったアニメ調ペラペラ絵本があったのですが、もう処分してしまいました。

それで少し調べてみたら偽海亀という役どころを発見しました。

もう少し調べると『悲しげな風情で歌う「海亀のスープの歌」』という文章を発見
(不思議の国のアリス続編・99年作のミュージカル・アリス・イン・ワンダーランドより)

だだだ大丈夫なんでしょうかロロっ!!
急に心配になってきました。

そこで更に調べてみると

>その昔、イギリスでウミガメのスープが大変人気になった事があります。

ところが、ウミガメは希少種であったために高価であり、なかなか皆の口には入りませんでした。

さらにウミガメを捕ることも法律で禁止されたのです。


そこで、レストランでは仔牛の頭を使ってウミガメのスープに模したスープを作って Mock Turtle(代用海ガメ)Soup(スープ)として提供するようになったのです。




……本気で心配になってきました。

だからロロは亀だったのでしょうか?



どうか食べられちゃいませんように!!





りんさん、コメントありがとうございました!
コメント欄からお返事しています。
Ωとともに旧作も是非是非~!!