スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマス
2008年12月25日 (木) | 編集 |
注・今回はコメディではなくむしろ少し悲しい系です。
それでも良い方だけ読んでくださいね

最初はブラックサンタコメディを書こうと思っていたのですが・・・。

ちなみにブラックサンタ伝説は本当にあります。(去年話題になったからご存知の方も多いと思いますが









クリスマス。
ブリタニアでもメジャーなそのセレモニーは実は響団内でもあった。

でも、クリスマスを待ち望んでるギアス使いの子供はほぼいなかった。

何故なら、僕らの元にやってくるのは世間一般で言われているような優しいおじいさんのサンタクロースではなく、恐ろしいブラックサンタだからだ。

V.Vが言うには、ブラックサンタは悪い子の所にやってくる。

彼は良い子には少しのお菓子をあげるが、悪い子には石炭やジャガイモをプレゼントする。
それだけではない。

何と奴は寝静まった悪い子供のベッドの上や下に豚の臓物と血をまき散らすのだ。


さらには子供がすっぽり入る大袋を持って現れ、袋に子供を入れ連れ帰ってしまうときもある。

だから響団の子供達はクリスマスが近づくと震え上がるのだった。


実際、任務を度々失敗するような子供の元には臓物がまかれ、人殺しをためらうような役立たずな子供はブラックサンタに連れていかれたのか、その夜を境に居なくなってしまう。

僕は今でこそ優秀な暗殺者だが幼い頃にはやはり失敗する事もあり、そのたび恐怖に震えた。
今年こそは僕もブラックサンタに連れて行かれてしまう・・・。
そう思って子供心にゾッとした。

今ならブラックサンタの正体もわかるが、あの頃の恐怖は大きくなっても消えることは無かった。



・・・それなのに・・・。

「ロロ!もうすぐクリスマスだな。楽しみだな♪」

今年になってできた優しい兄が不吉千万な事を言う。
全然楽しみじゃないよ。
嫌いだよ。
クリスマスなんて。

「ロロはいい子だったから、きっとサンタさんからでっかいプレゼントをもらえるぞ!」

ニコニコと嬉しそうに言う兄の言葉に仕方なく目を伏せる。

全然いい子じゃないよ。
優しい兄さんを欺いて監視する、暗殺者の僕なのにサンタさんからプレゼントなんて貰えるわけ無いじゃないか。

もらえるとしたらブラックサンタからの不吉な贈り物だろう。
今ではさすがにサンタはEUのとある国の伝説より広まった架空の人物であると知っているが、それでもクリスマスは怖い。

悪い子の僕にプレゼントがあるとしたら確実に臓物だろうし、去年悪い子だった兄さんはブラックサンタにまたさらわれてしまうかもしれない。




サンタもブラックサンタも本当は存在しない。

でも、不吉な事はいくらでも起こる。



ブラックサンタこと、V.Vはきまぐれな上、変なイタズラが好きだからそのぐらいの事はやりそうだ。

神に祈る資格の無い僕は、神様に救いを求める事すら出来なくてため息をつく。
そうしてクリスマスが近づいてくる。





ブリタニアの学生達が行うクリスマス会は響団のものと違って大変賑やかで美しかった。
響団以外の場所でクリスマスを迎えるのは初めてだったから、僕は凄くビックリした。

飾り付けられたオーナメントがゆらゆらと揺れ、電飾が学園中をきらめかせる。
楽しげなクリスマスソングが途切れる事無く流れ、人々は寒さを忘れたかのように微笑みあう。

・・・なんという違いだろう。
響団で育った僕と、普通の家庭で育った奴ら。本当に、なんという違いだろう。

ぬくぬくと愛されて育っただけでも妬ましいのに、奴らは当たり前のような顔をして毎年こんな素敵なクリスマスを祝ってきたのだ。
そう、きっとナナリーも。

「ロロは今年はサンタさんにとうとう手紙を書かなかったな。」

兄さんが残念そうに言う。


「よしてよ。もう僕、そんな年じゃないよ。」


がっかりする兄さんの顔を見るのは辛いけど、穢れた僕にプレゼントを貰う資格は無いような気がして、いくら勧められてもとうとう手紙は書かなかった。





「ああ、雪だ・・・。」

生徒会のメンバーとする作業の手を止めて兄さんがつぶやいた。


生徒会室の大窓から見上げると確かに白いものがちらちらと見えた。

天気予報では雪は朝まで降り続け、『素晴らしいホワイトクリスマスになりそうです。』とキャスターが言っていた。

「きれいねぇ。」

シャーリーさんが感嘆の声を上げる。

舞うように降り積もる雪はクリスマスのきらびやかな夜に映え、柔らかな光を放っていた。
他のメンバーも作業の手を止めてしばしその雪に見入っていた。

僕には、僕以外の人たちこそ、雪よりきれいに見えた。



何だか無性に一人になりたくて、ミレイさんが兄さんに話しかけた隙にそっと部屋を抜け出し、屋外に出た。
ギアスを使ったから、きっと誰も僕に気がつかなかったはずだ。


しばらく歩くと楽しげな音楽も聞こえなくなり、ただ静寂だけが白い空間を満たしていた。

木々が高くそびえていたけど、そこには電飾も無く、とても寂しい場所だった。
でも、僕にはそういう場所こそ心が休まるのだ。

このままここに朝まで立っていたら、僕は雪に染まって真っ白になれるだろうか。
身体に染み付いたどろどろの血を消す事が出来るだろうか。

そんなバカな事をふと考えた。


多くの人々を殺めてきた事を僕は後悔していない。
今更許しを請う気もない。
だって僕はそうしなければ生きていけない無力な存在だった。

でも、あの綺麗な兄の前でだけは当たり前の子供でいたかった。
皆みたいにきれいでいたかった。


じっと空を睨んでいたら、かすかな足音が聞こえ、それはどんどん大きくなってきた。


「ロロ!!」


息せき切ってやってきたのはあの人。
全く血の繋がらない偽りの兄。

僕はそっとあの場を抜け出したのに、どうしてここがわかったの?



いや、・・・僕は彼がここに来るであろう事を知っていた。

何よりも誰よりも僕を大切にしてくれる彼はいつだって体力の無い身体で校舎中駆け回ってでも僕を必ず探してくれる。


「ロロ・・・どうしたんだ。こんな所に一人で。ああ、もう、こんなに冷えて。」

僕を抱きしめる兄の腕は温かい。
偽りの腕である事を忘れそうなほどに。


「兄さんが探しに来てくれるのを待ってたんだ。」

そう言うと単純な彼はにっこりと笑った。

「何だ。最近生徒会の方が忙しかったから拗ねてたのか?ごめんな。」

悪いのは勝手に抜け出した僕の方なのに、なぜかこういう時、兄さんはいつも僕に謝る。


「うん・・・・・・拗ねてたんだよ。」

そっとそう口に出してみる。


そう、僕は拗ねていた。

普通の人にとって当たり前の事が、自分にとってだけ当たり前で無かった事に。

本当はこの兄の愛さえナナリーの物だという事に。


「そうか。ロロを拗ねさしてしまうなんて、俺は悪い兄だな。じゃあ、これから学園を抜け出して二人だけでクリスマスを祝おうか。」

「だって・・・。生徒会はどうするの?いいよ別に。」

「良くないよ。」

兄さんは僕の髪にかかった雪をそっと払うと頬を包んでくれた。

「神様からもらった大事なお前をほったらかしにしたら、バチが当たるからな。」

おどけるように言う兄さんに心が冷える。

これが本当に僕に言ってくれた台詞だったらどんなにいいだろう。

でもそうではない事を僕はよく知っている。

兄さんが神様にもらったのはナナリーだよ。僕じゃない。


兄さんは去年ブリタニアに逆らった悪い子だったから、きれいなナナリーの変わりにブラックサンタに血まみれの臓物をもらったんだ。

姿は確かにナナリーに似ているかもしれない。
もしかしたら兄さんを呼ぶその声も少しは似ているのかもしれない。

でも、僕はナナリーじゃない。
罪に対して与えられる汚い臓物。

殺人しか知らない暗殺者。


もしそれを知る事になっても、それでも兄さんは僕がここに居る事を嬉しいと思ってくれるんだろうか。



ねえ、兄さん。

きれいじゃなくても好きでいてくれる?

本当は送られたのは臓物だったと知っても好きでいてくれる?



ねえ。

僕は大好きだよ。兄さんが。

大好きで大好きで、この世の全てより大事だよ。


僕は臓物かもしれないけど、それでもあなたが大好きなんだ。







どうか、どうか、このまま雪が降り続けて僕の体を白く染めてくれますように・・・・・・・。

どうか、どうか、僕がきれいと兄さんが信じ続けてくれますように・・・。

どうか、どうか、この箱庭が壊れませんように。



どうか・・・。






               Fin



この話は湖面の番外編のような気持ちで書きましたので、もちろんその後ロロは幸せになりますとも!!!!
翌朝ルルサンタによるでっかいちょっと的外れなプレゼントが枕元に置かれていると思います。
拍手お礼文で続きを書こうと思ったけど、自動投稿分だけで精一杯で間に合いませんでした

時期的には今連載している話よりかなり前になりますので、この時のロロは兄さんの前から行方不明になったらどんな目にあうかまだ知りません。

校舎中駆け回ってもロロを発見できなかった場合、ロロを探せ!!コースに突入です


さて、ちょっとしんみりしてしまったので、『黒猫皇子と白狼騎士」』なぎーの様のところにクリスマスの幸せフリー絵がありましたのでありがたくお借りしました♪

ありがとうございます~!!!


kurisumasu_convert_20081219152012.jpg




こちらの幸せクリスマスで口直ししてください♪
いつかこんなにきれいに描けるようになりたいです(←身の程知らずでごめんなさい)


では皆さん、良いお年を~☆

次回は年賀状っぽいイラストを1月1日にUPします。
10年以上ぶりに描くので下手さに引かないように!!

またちょっとずつ修行していきます~



この記事は自動投稿です。
コメントいただいた方には1月6日以降にお返事しますね★
スポンサーサイト
兄さんの誕生日
2008年12月05日 (金) | 編集 |
おかしい。

こんなのは絶対おかしい。今日は兄さんの誕生日のはずなのに。

「兄さん、誕生日のお祝い何がいい?」

・・・と聞いてしまったのが間違いだったのだろうか。
まさかこんな無茶苦茶な事を誕生日プレゼントとして要求されるとは。

しかし、誕生日プレゼントをもらったのは一回だけという、いわば誕生日初心者の僕がアレコレ考えるより、兄さんに聞いてから希望のものをあげる方がいいと思ったんだ。

何しろここでは不自由すると言う事がそもそも無い。
だから兄さんが何を欲し、何を望んでいるのかサッパリ解らない。

あ、ココって言うのはあの世の事なんだけどね。僕ら二人とも若い身空で死んじゃったから。

てっきり地獄行きだろうと思ったら、僕も兄さんも天国に行けた。

多分色々と情状酌量があったりたり、減刑嘆願願いが地上の多くの人たちから天に届けられ(つまり、僕らに天国に行って欲しいと思ってくれた?)のではないかと兄さんは言っていた。
さすが兄さん。頭が良い。

そうして僕らは天国の隅の方に二人で住むことを許された。

天国の中心地に行く事は禁止されている。

天国には僕や兄さんが殺してしまった人たちがたくさん来ている。(意外にも。けっこう審査は甘いようだ。)
神様も被害者感情を考えると、流石に堂々と僕らを天国に住まわすわけにはいかなかったようだ。
そういうわけでひっそりと暮らしている僕らだけど、片隅と言えど天国なので、おなかがすけば望みの料理が出てくるし、気候は良いし、不自由する事など全く無い。

こんな状況でプレゼントを考えろ・・・と言われても、僕に思いつくはずが無い。
そこで兄さんに聞いてみたのだが、完全に失敗だった。

「プレゼントは何がいい?」

と聞いて返ってきた答えは、

「1日中お前の世話がしたい。」

・・・だったのだ。

大事な兄さんの願いを僕が断れるわけも無く、思わず頷いてしまったのだけれど、こんなの絶対間違っている。

兄さんの誕生日なのに僕は朝から兄さんに抱っこで起こしてもらい、服を着替えさせてもらい、朝シャンしてもらい、髪を乾かしてもらい、昼は僕の好物を作ってもらい(ここは天国なので心に思っただけで出てくるにもかかわらずだ!)、その後は採寸されて、兄さんは今一生懸命ミシンで僕の服を縫っている。

「あの・・・僕の誕生日じゃなくて、兄さんの誕生日なんだけど・・・・・・・。」

と言っても、

「ああ。俺の誕生日だが?」

と言うばかりでちっとも取り合ってくれない。
僕だって兄さんのために何かしてあげたいのにいつも子供扱いばかりして。
何だか泣けてきちゃうよ。

ミシンをかけている兄さんの横に突っ立って眺めているしか出来ないなんて、何だか惨めだ。
しかも、悲しそうにしている僕の視線に気づくやいなや

「ロロ、すまない。服の仕立てに夢中になって寂しい思いをさせてしまったようだな。少し休憩するからお茶にしよう。」

兄さんはにっこりと微笑んでそう言うと、さっさとキッチンに行ってしまった。

ちょっと待ってよ。
お茶ぐらい言ってくれれば僕が入れるよ。
それともこんな気の利かない弟に任せてはおけないって事?
何だか寂しいな。凄く寂しい。



「ロロ、どうした?浮かない顔をして?」

お茶を一緒に飲みながら兄さんが心配そうに僕の顔を覗き込む。

そりゃ浮かない顔にもなるよと言ってやりたかったけど、僕に出来るのは兄さんに心配をかけないでいることぐらいだから、無理ににっこり笑って「何でもないよ。」と言っておいた。

作業に戻る兄さんをぼんやり眺めながら、僕は兄さんのために出来る事を一生懸命考えた。
でも何も思いつかなかった。

料理は兄さんの足元にも及ばないし、第一、思っただけで兄さん級の美味しい料理が出てきてしまうのだ。
でもそういうのを出してあげても心がこもっていなくて空しいだけだ。

僕は裁縫が出来ないから兄さんのように服も作れないし、本当に何も出来る事がない。

響団では暗殺だけを仕込まれてきた。僕のとりえは暗殺だけ。
他には何にも無い。
なんてくだらない事を仕込んでくれたんだ。
どうせなら、響団の下働きとして料理や裁縫を仕込んでくれたら良かったのに。

もしくは、響団ではなく、サーカス一座にでも拾われれば良かった。
そうしたら玉乗りとか、傘回しとかの一発芸で兄さんを楽しませてあげられるのに。

学園では僕は生徒会に所属していたけれど、こんなことなら合唱部にでも入っておけばよかった。
そうしたら、誕生日の歌ぐらい綺麗な声で歌えただろう。

手品部でも良かったかな?
でも頭のいい兄さんの事だから直ぐに仕掛けを見破っちゃうかな?

そんな事を考えていたら、兄さんが服を仕上げてニコニコしてやってきた。
早速着せてくれたその服は柔らかい色合いの、何箇所も切り替えのある素敵な服だった。

「・・・・・・ありがとう。」


ああでもこの台詞、僕が言うんじゃなくて、兄さんに言ってもらうはずだったのに。

そう、僕の手を取り、抱きしめてくれて、

「お前は世界一の弟だ。もう妹なんかどうでもいい・・・。」

と。ああ、いけない。いけない。ナナリーに対抗意識を燃やすのはもうやめようと決意したはずなのについクセで・・・。



その後も僕は兄さんにかまい倒され、世話をやかれ続け、夕食なんか、兄さんに食べさせてもらってしまった。

これが僕の誕生日であれば嬉しさのあまり気を失いそうだが、兄さんの誕生日にこれ・・・と言うのは空しすぎる。


はぁ。
とうとう一日が終ってしまう。
僕は兄さんに何もしてあげられなかった。

一方兄さんは自分の誕生日だと言うのに僕の世話ばかりして、ろくに座る暇もなかったはずだ。
ごめんね。兄さん。あなたにプレゼント一つあげられない情けない弟で。

お休みのキスをしてもらって、とうとう涙がこぼれてしまった。
それはどうしても止まらなかった。
僕に出来るのは心配をかけないでおく事ぐらいなのに。

役立たずな自分が悔しくて、悲しくて涙が止まらない。

「す、すまん!!そんなに嫌だったか、世話をやかれるのは・・・。」

兄さんがあわあわして僕を抱きしめてくれる。

「・・・そうじゃないよ。僕は兄さんの役に立てないんだなぁと思うと悲しくなっちゃったんだ。」

せめて情けない泣き顔を見られないよう兄さんにすがり付いて顔を隠す。

「馬鹿だなぁ・・・。役に立っているよ。今日は楽しかった。本当に。
天国はいいところだけど何もしなくても生活していけるというのは落ち着かなくて。
今日は昔みたいに忙しくお前の世話を出来て楽しかったよ。」

兄さんはそう言うと、本当に嬉しそうに満ち足りた笑顔を浮かべた。

・・・いや、昔だってここまではしてもらって無かったよ。
よっぽど世話がしたくてうずうずしてたんだね・・・・・・・。



でも、そうだったんだ。
確かにそうだね。
ここは何でも手に入るし何の不自由も無い。
二人で心穏やかに暮らせて最高なはずなのに、何か物足りないと言う気持ちは僕にもあった。

ここでは成長と言うものがない。
変化というものもない。

苦労する事も、足りないものも無いので努力する事も無くなった。

昔は苦労する事だらけだったけど、兄さんと二人でする全ての事がもっと楽しかった。

「・・・・・・ねぇ兄さん。僕ら、そろそろ生まれ変わろうか?」

下界で様々な困難に合いながらも良い行いをしてきたものは天国に召される。
そこで傷を癒してまた生まれ変わる。

何故天国にいながらまた困難な事が待っている地上に降りたいのか昔の僕には想像も出来なかったけれど、今ならわかる。
満ち足りている事だけが全てではないのだ。

「そうだな。お前がそれでいいなら、俺も生まれ変わりたい。」

兄さんがにっこりと笑っていった。

・・・やっと、兄さんのためになる事をできたのかな?僕。



僕らは早速神様の所に行って生まれ変わり希望の申請を出した。

条件欄には

①二人兄弟として一緒に暮らせる。

②人の役に立つ生涯を送りたい。

③なるべく足りないものの多い生活がしたい。

と書いて出した。


神様は

「あれだけ苦労の多い幸薄い人生を送ったのだから、もっと望んでも良いのに。」

と首をひねっていたけれど、やがて納得したように僕と兄さんを見た。

「そう言えばお前たちは前も人の役に立つ事を望んでいたな。地上の戦争を終らす救世主の役目を引き受ける者は誰もいなかったのに、お前たちだけが引き受けた。
本当はもっとゆっくりさせてやりたかったのだが、お前たちが平和にした地上で暮らすのも悪くないだろう。」

と言って書類に判を押した。




僕らは顔を見合わせて微笑んだ。

今から思えば前の生も不幸なものではなかった。
僕は兄さんと出会い、どん底を知っているからこその幸せを味わう事が出来た。
大好きな兄さんを助け、最後を見取ってもらう事も出来た。
暗殺者である自分は嫌だったが、兄さんを助けるための力を手に入れられたのだから、今となってはその運命をうらんでもいない。

でも、今度は平和になった地上で違う苦労がしたいな。
誰も殺したりしないで、兄さんと一緒に生きていきたい。


生まれ変わったら、僕、料理上手で裁縫上手な男になるから期待しててね。
誕生日ケーキも焼いて、僕も兄さんに手作りの服をプレゼントするからね。

ハッピーバースデイ、兄さん。
次の世界でも仲良く暮らそうね。





わりと淡々としたお話になっちゃいましたが、精一杯ルルの誕生日を祝ってみました。
ルルは貧乏性だから、何もしないで天国でぬくぬくと暮らすのはひょっとしてつまらないんじゃないかな~って思うのは私だけ?

誕生日とは関係ないけれど、生まれ変わりもいいな~ってコメント下さった方が前にいらっしゃったのでこの後の生まれ変わった二人のお話もオマケで拍手お礼文につけてみました。
1回押しで読めます。見てやろうかと言う方はどうぞ♪
ただし、次のお礼文更新時にこのお話は一番後ろに下がります。





ちょっとややこしいのですが、お礼文が出るのはWeb拍手だけで、一番最後にある拍手はお礼文は出ません(←こちらは累計が出るのでこちらも押していただけると嬉しいですが)

昨日、拍手がうまく機能してないという記事に拍手下さった方がいらっしゃったのでこちらに書いておきますね。
せっかく拍手したのに読めなかった・・・と言うことになっていたら申し訳ないです
また、拍手お礼文は更新ごとに順番が変わります

あと、『ロロを探せ!!』のその5の下書きを半日程公開扱いにしていたようです。
途中がすっ飛んでいるにもかかわらず、拍手下さった方、ありがとうございます!!
公開扱いになっていた間に3拍手はいっていたけど、同じ方?違う方?
案内Pにもサーチにも出していなかったので、もしかしてりんさん???

ラストがはっきり決まったらその5の内容も多少変わるかもしれません
混乱させてしまってすみません。時々こういうことやっちゃうおバカなUTです
まあ、これにこりずお付き合い下さると嬉しいです♪

あと、私信ですが、、『ロロを探せ!!その2』の宇宙一と言う台詞はひづき様から頂いたイラスト漫画から使わせて頂きました。とっても面白かったので。勝手に使ってすみません~



遊びに来てくださった皆様、拍手コメント下さった皆様、ありがとうございます!!!
すっごく励みになっています♪

返信はこちらから

[続きを読む...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。