FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ありえない俺達
2008年11月21日 (金) | 編集 |
クラスメイトにも、生徒会でも、先生からさえも

『その仲の良さ、ありえない。』

と言われてきた。
しかしそんなはずは無い。
間違ってるのは俺じゃない!世界の方だ。

親もいない。
頼れる親戚もいない。

天涯孤独の身の兄と弟。
仲良く暮らして何処が悪い。


俺にはロロ、ロロには俺しかいないのだ。
そう思って暮らしてきた。





・・・・・・・・が、間違っていたのは俺の方なのか?

昨日俺はC.Cによって記憶を取り戻した。

そこで初めてロロが実の兄弟ではなく敵の監視者に過ぎないと知った。
もちろんロロは俺が記憶を取り戻したなんて知らない。
だから今まで通りに接してくる。


「兄さん、今日も一緒に帰ろうね♪」

そう言って奴は当たり前のように俺に擦り寄ってその手を握った。
周りからは「まぁ、今日もランペルージ兄弟は仲がいいわね~・・・。」
なんて声が聞こえてくる。
今まではそんな声、全く気にならなかったが、今となっては針のむしろだ。

おい、ロロよ。
16才にもなって兄と仲良く手を繋いで帰るなんてありえないだろう・・・。

「ありえないわよね~、こんな仲良し兄弟なんて。」

今まで散々周りから言われた言葉がグサッと胸に刺さる。
俺はこんな恥ずかしい事を昨日まで堂々としていたのか。
しかも『ありえない、ありえない。』とささやく奴らの前で胸まで張って

『俺の弟は世界一可愛い!!!羨ましいか!!!』

・・・なんて考えながら思いっきり甘い微笑を浮かべて時折頭をくしゃっと撫でたりなんかしながら仲良く手を繋いで帰っていたのだ。

うわあああああ!!!!

俺はなんて事をしていたんだ!!!

ありえない!ありえないだろう!!
いい年した男兄弟同士で手を繋いで甘~いムードで一緒に帰宅なんて。



「どうしたの?今日の兄さん、ちょっと変だよ?」

言われてドキッとする。
何か気づかれたのだろうか。


こいつに記憶が戻った事を気づかれたら色々とお終いだ。
しかし、この生活を続けるというのも人間としてお終いと言う気がする。

「・・・なあ、ロロ。俺思うんだけど、お前も大きくなったんだから流石に兄と手を繋いで帰るのは止めた方が良いんじゃないか?」

そう言うとロロは目を見開いて、それからポロリと一粒涙をこぼした。

「兄さん、僕が嫌いになったの?昨日までロロの手は暖かいなあ・・・なんて言ってくれていたのに。」

え!?ああ。そうだった。そう言った。
・・・・・・確かに・・・・・・・・。

認めたくない事実だか、むしろ俺の方が積極的に手を繋いでいたっけ。
こいつの小さな暖かい手を握ると何とも言えず幸せな気分になって、自然と笑みがこぼれた。

記憶の糸を手繰ってみる。
手を繋いで帰るようになったのは、あの時からだ。
1年ほど前、そう多分こいつがナナリーと入れ替わった時期に恥ずかしがるこいつの手を捕らえて毎日一緒に帰るようになったはずだ。

それはブラックリべりオン以来すっかり表情が無くなって暗くなったこいつを心配しての事だったはずだが、今では当たり前の事となっている。

しかし、冷静になって周りを見渡すと、学園帰りの生徒達の好奇の目が痛い。
見るな!!俺達を見るんじゃない!!!ええい、見るなと言うのに!!!!!

そうは言っても立場上ロロを突き放す事も出来ず、俺は身の縮むような思いをしてやっとの事で部屋に帰った。



・・・が、ロロは自分の部屋にも帰らず俺にべったりだ。
ちょっとは離れろ、ロロ!!
膝の上に乗ってくるんじゃない!!!

心で叫んでみるが、まさか口に出すわけにはいかない。
目を白黒させていると、ロロが心配そうに顔を寄せた。

「・・・どうしたの?本当に変だよ?今日の兄さん。」

心配してくれるのはいい。
だけど何でそんなに顔を近づける必要があるんだ!!!
近い!近すぎるぞ、ロロ!!

あ、でも俺もそんなもんだったっけか。

俺達は血を分けた兄弟。
体の距離は、心の距離。
仲良し兄弟なんだから当たり前だと思ってやっていた。

でも冷静に考えると、この距離はおかしいだろう。

は!

そういえば俺は家の中どころか生徒会室でもこんなだった。

「ありえないわよね~、こんな仲良し兄弟なんて。」

その言葉が頭の中でグルグル回る。

すいませんでした。会長。

全くおっしゃる通りでした。



「兄さん、熱でもあるんじゃないの?」

言って奴はますます顔を近づけ額をピタリと合わせてきた。

うげっ・・・!!
ちょっとロロ。それはやりすぎだろう。


「ロロ・・・。それじゃ正確な温度はわからないだろう?体温計ではかってくれないか?」

引きつりながらそういうと、

「無いよ。」

・・・と、一言返ってきた。

「やだなあ、兄さん、忘れちゃったの?『体温計なんかよりこうやって計った方が正確だ。』って言ってたじゃない。無いよ。うちに体温計なんて。」


そうだった。
小さい頃からこいつの親代わりをしてきた(と思い込んできた)俺はそうやってロロの体温を測ってきたんだった。

実際ナナリーは小さい頃からよく熱を出す子で最初のうちは体温計を使って計っていたが、そのうち額で測ってもかなり正確なことに気がついた。
そこで体温計が壊れたのをきっかけに、我が家では額をくっつけて計るのが普通となった。
記憶を改ざんされ妹→弟となってもそれは継続されていたらしい。

・・・・・・・・何やってるんだ俺。
妹で体の不自由なナナリーにならともかく、全く健康な弟相手になんでそんな事を・・・。
気づけよ俺。
明らかにおかしいだろう。


「・・・熱は無いみたいだね、良かった!」

ロロがホッとしたように笑う。
そしてまたギュッと抱きついてくる。

「そ、そうだ、夕食作らなくちゃ。お前は先に宿題でもしてろ。」

そう言うと奴は意外にも素直に「は~い。」と言って自室に帰って行った。

はぁ。疲れる。
昨日から今日にかけてのめまぐるしい変化に頭を真っ白にさせながらよろよろと夕食を作る。
よろよろと言っても家事暦8年の俺なので、手は無意識に動くし料理を焦がすようなへまは絶対にしない。

「ロロ、夕飯が出来たぞ。」

嫌々だがナナリーの居場所を奪った偽物の弟を呼びに行く。

「わぁ!今日は僕の大好きなビーフストロガノフだね♪♪♪」


えっ!?

・・・・・・何たる事だ。
無意識によろよろと作っていたのはこの憎っくき偽弟の一番の好物だった。


そのことにショックを受けてすっかり疲れた俺は早々に寝ることにした。

・・・・・が、何で枕を抱えたロロがいるんだ!!!

いや、そうだった。
俺達は結構一緒に眠る兄弟だった。

目の見えないナナリーは物音がすると凄く怖がって俺も一緒に寝てやることが多かった。
いつまでたっても子供な可愛い妹に苦笑しながら添い寝するのはわかる。
しかし健康な16歳の弟に添い寝する必要なんて、これっぽっちも無いだろう。

「・・・お前な。もう高校生なんだから、一人で寝たらどうなんだ?」

疲れもあって流石にうっとおしくなり言い方がきつくなる。

「え・・・・・・・!?
だって、兄さん、僕一人で寝るの怖いもん。」

ロロは小動物のように可愛らしく俺を見上げ、ますます腕をギュウと抱きしめそう言った。

どの口がそんな事を言うんだ。

俺はお前のデータを知っているぞ。

単機で切り込んできて約十体のナイトメアを3分ジャストでロストさせ、しかもウチのエースのカレンと四聖剣の卜部を死地に追い込み、俺の戦略をめちゃくちゃにしたのはお前だ。

それだけじゃない。

お前は食事をするように、歯を磨くように、幼い頃からギアスを使って暗殺三昧の生活をしてきたはずだ。

怖いのはむしろ俺だ。

寝ている間にサクッと殺す気だろう。

ロロより先に寝るものか。

ロロより先に・・・・ロロより・・・・・・・・・。




目覚めの朝はさわやかだった。
ああ、よく寝た。
夢見も最高。

腕の中にはほわほわと柔らかい髪の毛のロロ。
クークーと無邪気に寝息をたてる様が子猫みたいで何ともなごむ。

ああ今日もビックリするほど可愛い弟だ。
親は無くともこの可愛い弟さえいれば
・・・・・・・・・・・・・・・あれ?



・・・・・・・・・・・・・・・こいつは・・・・・・・・もう可愛い弟なんかじゃないはずなのに・・・。


記憶が全て戻ったのに、今俺ナナリーのこと忘れてなかったか?
しかもこいつの夢を見て上機嫌じゃなかったか?



記憶が戻って2日目の朝。


無意識に抱きしめた腕の中のロロを見て朝から呆然とする俺だった・・・・・・・。


PASTE1_convert_20081121133156.jpg


忙しいのに申し訳ないのですがひづき様に1P漫画を描いていただきました♪
元画像はもっと大きく迫力があるので是非こちらにも行って見てください♪♪♪(←何故かリンク出来なかったので イラスト→獄ツナ以外→ ありえない俺達で探してみてください☆)
手間暇かけて描いた事が伺える楽しい美しいイラストを頂き本当に嬉しかったです♪♪
ありがとうございました~!!!!
それと公開が少し遅れましてスミマセン!
とりあえず湖面最後まで出して一区切りつけてから・・・と思いまして

記憶が戻ってうが~ってなっている兄さんを・・・というひづき様のリクエストにもとづいて書いたSSですがちゃんとうが~ってなっていたでしょうか

ルルーシュ視点で書くことは珍しいのですが、とっても書くの楽しかったです♪
公開する準備が出来るまで実はこっそり隠していたのですが、見つけた方もいらっしゃるようです。
凄いです!!

ひづき様は冬コミに出るそうなのでもしかしたら出会える羨ましい方もいらっしゃるかも!?
いいなぁ


先日役員会の読み合わせに参加した時とうとうやっちゃいました

名簿の読み合わせで『零』という子がいたのですが、つい『ゼロ』と読んでしまい盛大に笑われてきました←ありえないだろうそんな本名・・・。

大阪ノリで「こら笑うなぁ~!!」と軽くはたいておきましたが(仲良しママだったので。)
まぁ笑いが取れたと言う事で良しとしておきましょう!!!(でも内心は凄くあせりました


読んで下さった皆様、拍手、コメント下さった皆様ありがとうございました~!!!
すっごく励みになっています!!
お陰様で何とか続けていけます♪

返信はこちらから


なぎーの。様

こんにちわ♪
今回もありがとうございました!!
とっても嬉しいです!!!

>湖面三部・完結、お疲れさまでした♪
みんな幸せハッピーエンドv
パラレルは、こういう終わり方もアリなんで、とてもいいカンジですねvv

そう。昔はパラレル苦手だったのに今ではパラレルの方が好きになってしまいましたよ・・・。
ギアスは過酷過ぎました
そうはいっても約十年ぶりにこういう活動をしようかと思うほどはまったので良い作品ではあったんですけどね。
そういえば嫌いなキャラってあんまりいないかも?
せいぜい扇とか扇とか扇とか・・・。
ニーナでさえ最後は好きだったし。
カレンは残念でしたが嫌いにはなりませんでしたね~。

>スザクも、いいカンジにルルと和解してくれたし・・・何か、胸がいっぱいです♪

そう言っていただければ嬉しいです。
スザクもR2で悲惨でしたものね

>そして、ルルロロ同室で、ナナリーが妬くくらい、ベタベタしてくれるといいと思います(ぇ
そのうち、ルルロロにアテられたナナたんとスザクが、あの兄弟何とかしてください!とヴィレッタ先生に相談に行くモーソーをしてしまいました☆
そんな幸せなお話を書いてくださって、ありがとうございました。

NTのナナリーもやきもち焼いてましたね☆
なんか可愛かったです♪

ヴィレッタ先生、ナナリーとスザクの世話まで入りそうで大変ですね
おまけにこのまま学園に留まる事になっちゃったので多分婚期が伸びるでしょう・・・。
ヴィレッタ先生も合コンに参加しなきゃ!!!!
人の世話やいてる場合ではないかも~!!


14:43の方

コメントありがとうございました♪
こちらの方も以前に来てくださった方かしら?

>お疲れ様でした。 凄く良かったです。エロ本ネタには笑わせてもらいましたが、ラストは感動しました。

お笑いをいれずにはいられない体質なのでロロには気の毒ですが(兄さんも)シリアスなラストでもやっぱり入れちゃいます♪

ラスト感動してくださって嬉しいです!!
パラレルとは言え、もう一つの本当の世界のように元気のいい皆を書いてきたつもりなので本編のように死んでしまわず幸せになってほしくてこういうラストにしました♪

苦労はいくらでもしたらいい。でも、最後はやっぱり報われてほしいと思います。

>本編の2人もそれぞれ幸せに逝ったのでしょうが、この小説のような未来が手に入っていたらなと思ってなりません・・・。

16歳と18歳の苦労人で優しいルルロロをなにも死なせなくても・・・・・・とやっぱり思いますね。
頑張ったら報われるという話こそこの景気の悪い世の中の子供達を勇気付けるような気がするんですけどね
日曜5時のアニメとしたらかなり厳しいですよ~!!

>これからも素敵なお話楽しみにしております。

ありがとうございます!!
本編も終わったのにこうやって声をかけてくださることが凄く励みになります!!!



11:58の…様 、浅田リン 様 、紅柳美咲様 コメントありがとうございました!!!!
ギアスの話、昔はまったキャラの話が出来て楽しかったです!!!!

コメント欄よりなが~~いお返事をしております♪♪♪
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
冷静になればかなり恥かしい事をしていた兄と弟(仮)ですね。
ふと我に返ったルルのツッコミがよかったです。
最後のイラストの
「間違ってるのは俺じゃない! 世界の方だ」
という決め(?)ゼリフが!
たいへんいい味だしてました。
あれ見て笑ってしまいました。
最後に苦悩するルルもおステキでしたよー。

結局は回りまわってかわいい弟としとて収まっているロロがいる・・・・
ルルの一人ノリツッコミも面白かったです。
2008/11/21(Fri) 21:51 | URL  | 浅田リン #-[ 編集]
怖いのはむしろ俺だ。
…確かに(笑)。

上で浅田様がおっしゃってる
「間違ってるのは俺じゃない! 世界の方だ」 も
笑えたのですが
私的にはこっちもかなりツボでした。
確かに怖いです。
見た目可愛い分狸っぽくて怖いです(笑)。
UTさんの文章は
お話のテンポがよくて楽しいですよねv
なんか苦悩するルルが
とってもかわいいですvv

>>学校いってね…
アシュフォードはいい学校でしたものね…。
あそこだけブリタニアじゃないみたいに
ミレイさんのおかげでスザクに優しかった。
ルルがまさかゼロとして最終戦争に臨むとは
当時のユフィも思ってなかったでしょうし…
ホントにそう思ってんだと思います…。
目の前でルルがあわてててるの見てるから
ユフィもアクシデントだって
理解してくれたんじゃないかって思ってます…。
シャーリーは罪を憎んで人を憎まずだったけど
ユフィは多分、あれを罪とは思ってないんじゃないかなって…。
人は望なくても間違いますから・・・
だからこそ、人なんですし…。
できればホントに、TV終了後でもいいから
スザクには彼女の遺言を
思い出してもらいたいです。

>貧乏。
…ああ、なるほど。
確かに赤貧習慣って残りますよね(笑)。
ロロはともかく、ルルとナナリーが
朝顔食べてるのって何か笑えます。
あ、ちなみに家は一戸建てですが
そんな家大きくないですよ(^^;。
元々は外の犬だったのですが
あんまり家に入りたがるので可哀そうになって
一番情が移った私が自室に
おいてるだけなので(苦笑)。
部屋もせまいので留守時の地震での
家具転倒が心配で寝場所を
机の下にしてたりします(^^;。
…まあ有事の時にそこにいる保障がないので
怖いのですが・・・ぶるぶる…。

幽白>>魔界編の入ったあたりから
冨樫先生のやる気がそがれてるのに
気付いたのでそろそろかなあとは
覚悟はしてましたけど私もびっくりでした。
ただ最後のあっちが「神ならこっちは女神だ」は
かっこよかったですvv
魔界編はアニメで結構保管してくれましたしv
やっぱり生き残ってくれれば
その先っていくらでも考えられますよね…。
ギアスはホントにSS作家泣かせだなあと
思います(泣)。
ホントに16歳と18歳であんなに壮絶で
死なれたら悲しすぎますよね…(泣)。

多分当分はH×Hやってると思います(笑)。
でも星矢は昔は青銅でばかり書いてたのですが
黄金のが今は好きなので
いつか書いてみたいなあとは思ってたりします。
双子座兄弟愛とか、水瓶師弟愛とか
水瓶蠍友情とか凄く好きですvv。
ミロは良い漢ですv。あんな友達欲しいですよvv
カミュとミロは昔から大好きでしたv
サガとカノンは屈折しつつもお互い大事だったんだろうなと
大人になって気づいてから
すごく大好きになったキャラだったりしますv。
なんとなくサガは教皇になって
カノンを双子座にしてあげたかったんだと信じてます。
…アイオロスとアイオリアがきっと
うらやましかったんだろうなって…。
夢見過ぎかもしれませんけど(笑)
2008/11/21(Fri) 22:32 | URL  | 紅柳美咲 #1TMwEJSY[ 編集]
すっかりご無沙汰しています。原稿にかかり切りなので、コメは控えておりました。

連載終了お疲れ様でした&「ありえない俺達」公開ありがとうございます!手抜きイラストで申し訳なく思っていますが、ちょこっと笑っていただけてたら幸いです。

…描いてるひとが見たらすぐにわかってしまうほど、塗りが手抜きなので、手間暇はかけていないのです。マンガだしなー、と思って、グラデーション多用しております。私には美形が描けないことが改めて判明いたしました。お目汚しですみませんです。

UTさまの書かれるルルロロが大好きです。しばらくまた潜りますが、無事に入稿が済みましたら遊んでやってくださいませ。では!

2008/11/22(Sat) 01:34 | URL  | ひづき #-[ 編集]
浅田リン 様
こんにちわ!
向こうのコメント見ました。
本当に寒いですね。
喉が痛いので実は家で小さめのマフラーしてますよv-356
家ではコタツがメインなのですが、PCはデスクトップでコタツの上にはないので寒いです。
でも私一人のときに12畳にストーブをたくなんてもったいない事絶対に出来ませんv-356←そう、私も節約マニア。
ただこちらの家は冬仕様なのでわりと暖かいですよ。

あ、節約を語っている場合ではなかった。

>冷静になればかなり恥かしい事をしていた兄と弟(仮)ですね。
ふと我に返ったルルのツッコミがよかったです。

ありがとうございます♪
ルルは元々ナナリーにしか甘くなくて他にはむしろ淡々と接してますからロロが他人と知ったとたん常識が回復したようです。
でも所詮ルルですものね。
あの1年間可愛がり倒したロロを心から突き放せるわけは無いと思います♪

>最後のイラストの
「間違ってるのは俺じゃない! 世界の方だ」
という決め(?)ゼリフが!
たいへんいい味だしてました。
あれ見て笑ってしまいました。

私も私も!!!
すっごいおかしくって!!
ひづきさんの凄いところはSSそのままではなく更にひづきさん調味料を加えて美味しく料理してくださる所だと思います♪

>最後に苦悩するルルもおステキでしたよー。

おステキですよね~!!
それにルルって苦悩が似合うキャラだと思いませんか?
2008/11/22(Sat) 07:47 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
紅柳美咲様
こんにちは♪
場外談義、楽しいですねぇ♪♪

>怖いのはむしろ俺だ。

絶対怖いですよ。
ロロの経歴半端じゃないもの。
可愛いと思って腕の中に抱きしめて毎日なでなでしていた弟が実は妖怪だったと知ったぐらいの衝撃だったのではないでしょうか?

数多くのナイトメアを突破し、エース2人をものともしないところを実際見てもいますしね。(ルルも含めて3機ですがルルは戦力としての数に入れないほうがいいでしょうv-356

>>>学校いってね…

やっぱりそう思いましたか。
本国にも学校はあるけれど、アッシュフォードが特別だったと思います。
あの学校はブリタニア人とイレヴンであるスザクが平等に楽しく過ごせる場所でした。(それには実はシャーリーの力も大きかったと思います。偏見を持たない良い子でしたv-406
特区の考えにはあの学校の影響もあるのではないでしょうか?
そしてあの学園でナナリーやルルと楽しく過ごして欲しかったんでしょうね。

>>貧乏。
…ああ、なるほど。
確かに赤貧習慣って残りますよね(笑)。

実はUTも残っています♪
高校の夏休み、母からお金を渡されて「この中でやりくりして残ったらお小遣いにしていいよ。」
と言われました。
うちはアルバイト禁止の高校だったので朝食・夕食・お弁当を節約の本を買って勉強しまくって安く美味しく作る事に心血を注ぎました。
あの時の充実感が忘れられず今でも節約大好きです♪
娘達が高校生になったら絶対コレをさせようと思っています!!

わんちゃん、地震の時の心配までして貰えて幸せなコですね♪
地震が多い辺りなのかしら。
ちなみに地震が多い地区から来た友人は学校の屋上にヘリポートがあり、防災頭巾を教室に常備していたと言っていました。

>魔界編はアニメ・・・

あれの出来は本当に良かったですね。
絵も綺麗だし、お話しもすごく良くて・・・。
蔵馬の戦い、何度も何度も見ましたよ~!!!!!!
スタッフの皆さんにも愛されていた優しい作品でした。





失礼致しました。
ここから続きですv-356

H×H、つたやで借りるチャンスを伺っているのですが、人気の本を集めたコーナーにどーんと置いてあるせいか、いつも1巻~3巻ぐらいが見当たりません。
後ろの方はわりとあるんですがv-356
今年中には読みたいです~!!







2008/11/22(Sat) 08:11 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
こんばんわ^^
コメントをさせていただくのは久しぶりです^^
毎日しつこいほど癒されにきています^^←

「間違っているのは俺じゃない!世界の方だ」がツボに来ました^^
確かに間違ってはいない・・・間違っていないでよね!!兄弟仲のよいことはいいことですよね!!
ルル視点のお話は新鮮ですっごく面白かったですv

これからも頑張ってください。こっそりと(←)応援させてもらっています^^
2008/11/22(Sat) 23:09 | URL  | 珠羅 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/22(Sat) 23:46 |   |  #[ 編集]
ひづき様
こんにちわ♪
大丈夫ですよ~!!
安心して全力で原稿頑張ってください!!!
私も入稿まではお邪魔にならないようあちらでのコメを控えています。
昔、現役だった頃の入稿前の忙しさを考えると気の毒でとても出来ませんv-356
でもHPの作品全部読みましたよ~♪
お陰様で楽しい時間を持てました!!!
それにひづき様の作品の丁寧な描写には見習うべき点が多く勉強にもなります!!

日記もこっそり見ています♪♪

「ありえない俺達」ひづきさんのお陰で好評で普段お見かけしない方からもコメントいただけたりして嬉しかったです♪
ルル視点で書く事は少なかったけれど、書いていて楽しかったです♪
人様の「こういうのが読みたい」というリクエストはワンパターンになりがちなUTにとっても勉強にもなり楽しい経験でした♪♪

イラスト、手抜きなんて事ないですよ~!!
3速のわらじを履いてお忙しいだろうし、小さいイラストをちょこっと頂ければ凄くラッキー・・・・・・と思っていたのに1P漫画形式でどーんと送って下さって嬉しいやら申し訳ないやら。(でも嬉しい!!!)

うちのルルロロが好きと言って下さって嬉しいです♪
入稿が済んだらまたロロについて語りましょうね♪
本当にありがとうございました!!!
2008/11/23(Sun) 03:34 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
珠羅様
いらっしゃいませ♪
私も珠羅さんのブログ毎日チェックに行っていますよ♪
いまでもロロたちのイラストを描いてくださっていてとっても嬉しいです♪♪

>「間違っているのは俺じゃない!世界の方だ」がツボに来ました^^

そう言って下さって嬉しいです♪
ルルは自分がこうだと信じたら外野の雑音など気にしなさそうだからあんな
感じかな~?と思って。


確かに間違ってはいない・・・間違っていないでよね!!兄弟仲のよいことはいいことですよね!!

そうですとも!!全然間違っていません!!
世間の風が冷たくとも私は応援しちゃいますよ~!!!

>ルル視点のお話は新鮮ですっごく面白かったですv

昔はルルの本心がわからなかったのでルル視点は避けていたのですが、ロロ視点からばっかり書いているうちにすっかりロロ視点から見る癖がついちゃってv-356

でもルル視点も書いたら楽しかったし私にとっても新鮮でした♪♪
またそのうち書いてみますね♪♪



2008/11/23(Sun) 03:45 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。