FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その8
2008年10月08日 (水) | 編集 |
兄さんと夕食をとるためにリビングに向かった。

うっとおしいクルルギから離れて兄さんの顔を見ると自然と口元がほころんでしまう。
ああ、今日も綺麗でカッコイイな、兄さんは♪

お皿を渡してくれるしぐさまで気品に満ち溢れていて、さすが皇子様なだけあると毎回感心させられる。
この素敵な人が僕の兄さんだなんて、いまだに夢を見ているようだ。

でも兄さんが素敵なのは外見や仕草だけではない。
兄さんは心が綺麗でとても優しい。
・・・多分外見がもっと悪くてもこの心さえあれば僕はやっぱり同じように兄さんに惹かれただろう。

兄さんが慈愛あふれる瞳で見つめてくれると僕は暗殺者として血にまみれて生きてきたことさえ忘れられる。


いつもいつも優しい兄さん。
暗部の仲間からさえ恐れられ気味悪がられた僕を小さな子供のように優しく包んで甘やかしてくれる。
その時僕はまるで昔からこうやって一緒に幸せに暮らしてきたかのような錯覚に陥るんだ。

今日のメインメニューはシチュー。
ああ、良い匂い♪

いつも愛情たっぷりの料理を作ってくれて本当にありがとう。
僕は口下手だから中々面と向かっては言えないけど、いつも感謝してるんだよ。

そして僕に向けてくれる深い愛情にも。

今日は「ハーブを変えたからわかるか?」と言って、その白くて長い指でスプーンを華麗に持ち、美しくシチューをすくっては僕に食べさせてくれた。
僕も兄さんに甘えたくなって何度も食べさせてとねだってしまった。
兄さんに甘えていると不安な気持ちが消えていく。
兄弟って本当にいいものだ。

教団にいた頃は誰にも甘えたことは無かった。
規律だけが人々を支配する、V.Vを頂点とした灰色の世界。

その中で自由意思を奪われ、任務を果たす事だけが全てと教えられ、僕は人を殺し続けててきた。
毎日毎日毎日・・・人を殺すだけの日々。
血溜まりと死臭の中で育ってきた僕には兄さんとの暮らしは夢のようだった。

兄さんの周りはいつも優しい空気に満ちていて、いい香りがして、僕を見る目は限りなく優しい。
『ロロ・・』と呼ぶ声は低く優しく、僕を幸せにしてくれる。

幸せで幸せで、兄さんの顔を見るだけでどんな嫌な事も吹き飛んでしまう。


でも。

その幸せが砂の上に築かれたものである事も僕は知っている。
ただ、そう知っていたとしても簡単に手放す気など無い。
他の人にとっては当たり前の幸せかもしれないけれど、僕にとっては違う。

偽物でもいい。この世界が作り物であってもいい。
それでも僕は幸せなんだから。

この幸せを守るためにウソをつかねばならないならそうするし、血を流さなければいけないのなら何人でも殺してみせる。

クルルギスザク。
僕はお前を欺いてみせる。

・・・そしてもし、欺ききれないようなら殺す。







夕食後の食器洗いは僕の仕事なのでどさくさに紛れクルルギの夕食を用意する。
くそ。本当はお代わりもしたかったのに、お代わりしたらクルルギの分がなくなるので出来なかった。

嫌々だがクルルギを篭絡するためサラダも適当に作り、パンとデザートの果物も添えてトレーに載せ、兄さんにばれないようにキッチンからこっそりと自室に戻る。

クルルギは携帯の画面に転送された画面をじっと見ていた。
先に自室に戻って宿題をしている兄さんが映っている。
ずっとこうやって見張っていたのか。

僕らの生活は元々機情メンバーによって見張られている。
しかし、そうやって見張っている現場を見るのはあまり気持ちのいいものではない。
だけどそうも言ってられない。
兄さんと僕の幸せな未来のために、お前の忠実な部下を演じきってみせる。

「クルルギ卿、任務お疲れ様です。お食事を持ってまいりました。どうぞ召し上がってください。」

にっこり笑って言うとクルルギはそれを無表情に受け取った。
あれ?何か僕、クルルギ卿の気に触る事しただろうか?

「君たちは、いつもあんなふうなの?」

鋭い悪意が突き刺さる。

「はぁ。僕の任務はルルーシュと兄弟として仲良く過ごす事ですから・・・。」

「そう。任務じゃしょうがないよね。」

「・・・はい。ルルーシュに疑いをもたれないよう心して努めています。」


僕のクルルギに対する態度はこれで間違っていないはずだ。


「あの・・・あまりここにいると兄さんが僕を呼びに来ちゃいますからもう行きますね。」


そう。ここに踏み込まれたら何もかも終わりだ。
兄さんにはクルルギに売られたときの記憶が無い。
しかし、唐突に僕の部屋にいたら流石に不審に思うだろう。

そしてもし、クルルギがラウンズの運動神経を持って隠れるとしても、僕のシンプルな部屋では隠れる場所なんかほとんど無い。

隠れるとすれば・・・アレがぎっしり入っているベットの下だけだ。
それは困る。
はやくこの場から去らなきゃ・・・。

しかしクルルギは僕をじっと見据えたままだ。
動揺するな、僕。
まだ僕の事はバレちゃいないはずだ。

「あの・・・食事の後はいつも宿題を教えてもらうことになってるんです。
早く行かないと対象に不審がられます。もう任務に戻ってもいいでしょうか?」



「・・・そう、いいよ。じゃあ、頑張って。」

台詞とは真逆の冷ややかさにゾッとする。
司令室で見た穏やかさはもう無い。
その瞳には憎しみさえ宿っているように見えた。

・・・アレとかソレとかは見つかってないみたいだし、何でこんなに豹変したんだろう。
弟としておかしなところがあったんだろうか?
いや、そんなはずは無い。
今まで通りの事をしているだけだ。


・・・・・・ああ、きっとこれがクルルギの地なんだ。
とうとう本性を出してきたな。
兄さんを売った人非人め。







ロロが出て行くのを見送って運ばれてきた食事に口をつけた。
味は昔のままだった。
・・・記憶は多分戻っていないんだろう。
ロロの事も本物の弟と思って可愛がっているのだろう。

スザクは再び携帯の画面に目を落とした。

ルルーシュはロロの姿を認めると嬉しそうに自分の机を譲った。
ロロが椅子に座り、教科書を見ては問題を解いている。
それを優しい眼差しで見守るルルーシュ。

そう、昔の彼は妹思いで、意地っ張りだけど頑張り屋で、とても優しい奴だった。
ゼロとしての記憶の無い彼は、昔とちっとも変わっていなかった。



以前であれば、こういう様子を見て微笑ましいと思えたかもしれない。
でも、今は違う。
お前が忘れてしまっても、お前は罪人なんだ。
ユフィを殺した罪人。


だからここは鳥かごでなくてはいけないはずなのに。
・・・牢獄のはずなのに。

どうしてルルーシュはあんなに幸せそうに笑っているのだろう。

『お前は餌として生かされているんだ。』

そう叫びたかった。

罪の無い優しいユフィを虐殺皇女に仕立て上げた君が、何で笑っているんだ。
あんなに日本人の事を考えてくれた人を無残に殺しておいて。

彼女は特区を作るために皇位継承権さえ捨てた。

「私はゼロの罪ごと受け入れます。」

何の迷いも無く晴れやかに笑って言った彼女を汚して殺したくせに。


僕は彼女の騎士だった。
だから、新しく手柄を立てるたび、新しい任地に行くたび他の奴らは囁く。

「ああ、虐殺皇女の騎士の・・・。」

僕の事なら何と言われてもいい。
元々父親殺しの大罪人だ。

でも彼女は違う。違うんだ。

イレブンの僕に彼女は優しかった。
僕の罪を知ってもひるむ事無く微笑みかけてくれた。
それで僕は救われたんだ。
生きていてもいいんだと、あの時初めて僕は思った。

生きて償っていける。優しく強いあの方と。あの方となら。
彼女は僕の光だった。

そしてこれからも僕のような者を救っていくはずだった。
多くの日本人を、罪にまみれたお前さえ。

それなのに君は・・・。
許さない。許せない。絶対に。

いずれ命を持ってあがなってもらう。


そしてロロ、もし組織を裏切ってルルーシュに情けをかけているなら、僕は容赦しない。

『任務で』と君は言った。
でも、ルルーシュにあんな幸せそうな顔をさせる君すら今は憎い。

ナナリーも君も何もかも取り上げてルルーシュの苦しむ姿を見たい。
それであの人が帰って来ることは無いけれど、まるで事件そのものが無かったような顔で何もかも忘れて幸せに過ごすルルーシュを許せない。


あの時の記憶が無いのは君の罪ではないのだろう。
僕が皇帝に君を差し出したがゆえにそうなったのだから。

でも憎い。
僕はあの日の事を忘れたことは一日も無かった。
心から笑えた日も無かった。

自分の悲鳴で目が覚める・・・そんな日々を過ごしていたのに。


憎い。今すぐ殺してしまいたいほどに。



その9に続く



ちょっと重い展開ですので拍手お礼文にコメディ版裏話を入れました。
酒を飲めないとわかって出て行くヴィレッタとロロの攻防の話です。
Web拍手2回押しで出ます♪



今日からまた小旅行に行ってきますので次の更新は月曜深夜か火曜日の午後になると思います。
段ボール箱で燻製作りが出来るそうなので楽しみです♪♪


遊びに来てくださってありがとうございます。
SE5でちょっと復活しましたが、やはり一人ぼっちだと寂しいので来てくださる皆様にとっても励まされています♪♪♪

拍手コメントありがとうございます!!!!!
返信はこちらから



紅柳美咲 様

こちらこそありがとうございます!!!!
何かとっても嬉しかったです!!!

>私も万が一自分が書くなら和解した後と思いながら
ハラハラしてギアスを見てたので何かわかるような気がします。

ハラハラしますよね!!!
私の人生の中であんな心臓に悪いアニメは初めてです。
今まではまってきたのはほとんどジャンプ作品なので、好きなキャラが死んでしまうのも主役にボロ雑巾扱いされるのも初めてでした

>因みに私幽白は蔵馬ファンで、女の子は雪菜ちゃんが好きでした(笑)。

まったく同じキャラが好きでビックリです!!!
やっぱりロロにはまる人は他でも同じパターンで好きになるのかしら?

雪菜ちゃんはちょっとナナリーっぽいですし、蔵馬も昔は魔界の非道な盗賊で、その後騙して育ててもらった血の繋がらない母親から無償の愛情を受けて優しくなり彼女を命を投げ出して守るところなんかもけっこうロロと共通点があります。←優しい主人公のお陰で死にませんでしたが。
今でも大好きです。
今日TUTAYAに行って今度はH×Hを探したのですが、1巻が無くて断念しました。
人気No.9の棚にありました。
絵も相変わらず綺麗ですね。今度こそ借りたいです♪


●ル様

こんにちわ。また遊びに来て下さってとっても嬉しいです♪♪

>黒ロロVS.黒スザクですね!

うちのは黒いといっても知れてますが、こっそり黒ロロ、黒スザク好きなので書くのは楽しいです♪
二人とも本気モードだとルルーシュが割り込む隙が無いぐらい超強いので本気対決も書いてみたい気がしますが、シャレにならない戦いになりそうで怖いかも。

>強烈に勘違いしている2人ですが、その抜けてるところがかわいいです。

わ~、ありがとうございます♪
二人とも超強くても高校生ですから、どんどん勘違いさせていきたいです。
ちょっとずれてる二人が好きなもので

ロロは無事に捜査を乗り切れ・・・・・・・・・・・・・るといいですね
まだまだピンチは続きます

応援してくださってありがとうございます!!!
●ル様はギアスサイトはやってないんですか?
ちょっと探してみたのですがよくわからなくて。
もしやってたら私も応援に行きたいので教えて下さいね♪←あつかましくてスミマセン


めかりん様

こんにちわ♪
いつもかまってくださってありがとうございます!!!

>スザクも怖いけど、スザクと一緒にいるロロをみられたら、
兄さん何するか・・・なんておもっちゃいました。

ホントだ!!
その可能性も考えて加筆してUPしました!!
毎度毎度すみません
なんかうちのSSって皆様のコメントから成り立っているようです

>すげー。暗殺者なのに顔を晒されるなんて、なんて失態。国家レベルで隠蔽なんですね。
兄さんすごすぎ。

ロロの姿がちょっとでも確認できなくなるとパニックに陥る兄さんです。
きっと一期最終でナナリーをさらわれて必死で探したこと、結局取り戻す事が出来ず記憶まで奪われた恐怖心が潜在的に残っていると思うのでこのぐらいはやりそうです。
ロロもこんな兄さんに付き合うのは大変だろうね。でもそれすら嬉しいとあの子なら思っちゃうのかな?
SE5見れて良かったです。今日確認したらもう削除されてましたから。早いですね~!!
ようつべのはまだ残ってるといいな~。

>おでんやのナナリーのしたたかさ。
これじゃあ、ロロになびくのもわかります。
ナナリーは嫌われる事がない事を知っているから
ルルーシュに対して強いですねえ。まったく。

ロロの方が弟でいようと努力しているし、ルルーシュが口先で何と言おうと彼の優しかった部分を信じて命まで捧げましたものね。
ルルのありがたさ、優しさは厳しく寂しい子供時代を過ごしたロロの方が知っていそうです。

ルルロロそろって賭け事してたら無敵そうですね。
ロロはギアスを使ってのイカサマアシスタントもこなせるし、腕が立つからルルがヤクザに絡まれても軽くひねってくれそうです♪
でも、ルルが戻ってこなかったらロロもおでん屋さんやるのかな?
皿洗いや下ごしらえは上手そうだけど・・・。

>Cたけは、ロロが隊長?としてがんばってて可愛かったですね。
最後空気になってしまいましたが。
Cの世界で一人で10キロもキノコ採っていたのかと思うと・・・健気。
って言うか、兄さんも採りに行けよ。

本当に。兄さん、ロロをこき使いすぎ!!!
そういえばロロって上から目線のC.Cとは会った事なかったんだっけ?
C.Cには嫉妬しなかったのかな?
ある意味ナナリーより強敵なんだけど

情報も色々ありがとうございました!!!
とっても助かります!!!!!!


美月みなみ 様

私もいつも美月さんのところチェックしに行っていますよ♪
お忙しそうな感じですのでコメントとかは残してないんですが、楽しみにしています♪
ギアスが終わってもブログ更新が早くてすっごく嬉しいです♪♪
最近色々なサイト様で更新を見かけなくなってきましたし、うちもロロ不足でだんだんヤバくなっているのですが、教えていただいたSE6を楽しみにまた一月延命できそうです♪♪♪
美月さんのブログでも書いてらっしゃいましたが、確かに手が微妙な位置に・・・。
それにロロ込みの合コンって・・・大丈夫なのかな?
SE5のロロみたいにルルに近づいてくる女の子たちをギアス使ってシメるんじゃないかとハラハラもします。
・・・でも、あのジャケットのロロ、他の子たちを牽制してるように見えるんですが・・・。
SE5のジャケットは不評であまり話題になりませんでしたから、今度は色々ねらっているのかなぁ・・・?

SE6情報は美月さんからお聞きして初めて知りました。
ありがとうございます!!!!!!



浅田リン様

コメントありがとうございました♪♪♪
はい、あ~んは3回以上です☆
UTはルルがロロをすご~~~く溺愛してるのが好きなのでしつこくやります♪
拍手からも情報もありがとうございました!!!
いつも大助かりです!!!

ところでギアスサーチにも登録してみようかと思ったのですが、アイコンを持ち帰ってから申請してくださいとあり、そこからもうすでに躓いています。
うちは家族に隠れて超コソコソやってるブログなのでアイコンを貼る事は一生ないだろうと思っていましたが、ギアスサーチを見ると、文字だけのアイコンもあるではないですか!!

いつかお暇な時にでもアイコンの持ち帰り方をこっそり教えて下さい

コメント欄からのほうはあちらからお返事させていただいてます☆

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/08(Sat) 19:45 |   |  #[ 編集]
…凄過ぎますね。
ハーブ使ってシチューを作る18歳。
凄い、凄すぎます。
シチューは市販ルーでしか作れない
私には羨ましいですが
ウィレッタ先生じゃないですが
18歳の少年がそこまで所帯じみてるのは
何か微妙に泣けてきます(笑)。
…まあルルはそれで幸せだから良いのでしょうが
何か料理できないシャーリーの立場がなさすぎです(笑)。

おお、スザクが黒くなってきましたね。
こちらの黒スザクはなかなか楽しい切れ方をするので
今後どう切れていくのかとても楽しみです(^^)。
最初はキショイ兄弟と余裕だったスザクさんですが
まあ確かにユフィの事を思うと切ないですよね…。

ロロ視点ルル…うわあ。キラキラしてますね。
何か滅茶苦茶輝いてます。
これは確かに他の人間は間違いなく
芋や南瓜にみえてますね(笑)。
なんかうっとりしてるロロが目に浮かぶようです。
あ、それでも社会人ですか発言ネタにして下さって
ありがとうございます(笑)。
いや見た時にホントにそう思ったもので(笑)。
でもスザクを個人的に知ってる故の根拠があったのですね。
うーん、先生、あざとい(笑)。
朝顔ネタも楽しみにしていますv。

ロロとルル>>ロロ視点のルルは
確かに危なっかしそうですよね。
記憶喪失時代だって、運動神経はあんまりないし、
記憶取り戻しても、ルルは生き方が不器用ですしね…。
ロロの「全て忘れて幸せになればいい」は
彼なりの裏もあったのでしょうが、
それでも、器用な楽な生き方でもあったと思います。
ロロはナナリーが怖かったから、ルルにそういう
器用な生き方をしてほしかったんだと思うけど
逆に器用な生き方をどんなに囁いても
ナナリーを不器用に愛し続けたルルが好きだったんでしょうね…。
いつか、自分もそう見てほしい、
何があっても自分への愛情を譲らないいてもらえる
そういう存在になりたかったんだと思います。
…だから自分がいたいと切望してるルルの心の中の
一番大きな場所で微笑んでいるナナリーが
本当に怖かったんでしょうね…。

ロロ捜索話はぜひとも読みたいですv
もしもよろしければ書いて頂けるととっても嬉しいですv

ジャンプ系>>基本、主役級は死にかけても死にはしませんからね(^^;。
私は3年位ノベルゲームはまってて不幸ネタに若干耐性はあるのですが
それでもギアスはつらかったので
今までマイキャラが死んだことがなかったのなら
ホントにUTさんにとってギアスはつらかったろうなと思います。
…多少不幸耐性のある私でもギアスは一期のユフィの死で
凄い気分が鬱になった記憶があります。
それでも一期のナナリー激ラブなルルと、ルル大好きなシャーリーが好きで
ひょっとしたらまだルルシャリの希望が…と思って二期を見て
ロロが気に入る&3話のルルシャリデートで浮上して
ルルのボロ雑巾発言で再度落ち込み、
シャーリー死んで再起不能になったりと凄く心臓に悪かったです…。
日曜日は出勤多いのであれから帰宅時間に毎回弟に
「…まだ死んでない??大丈夫だった?」と
メール打ってたのが何か懐かしいです(^^;。
…ちなみに19話の時は弟から返事がありませんでした(苦笑)。
事前にXディの噂を知ってたので心の準備はそれでできましたが・・・。

あ、蔵馬ファンだったのですか★なんか嬉しいです~v。
私も最初のエピソードからずっと蔵馬ファンでした♪
雪菜ちゃんは初登場時の気合い入れまくりのトーンワークが
今でも忘れられないですv
…冨樫先生、最近は全然トーン貼らないので(苦笑)。
トーンなしで綺麗なイラストかかれるのはすごいなあと思うのですが。

因みに私は基本、個人に執着する人間が好きだったりするので
そういう傾向はあるかもしれません(苦笑)
大義とか理想より、愛とか友情のがわかりやすいんです(^^;
2008/11/10(Mon) 16:46 | URL  | 紅柳美咲 #1TMwEJSY[ 編集]
こんにちはー。

きっと、スザクはこんな想いを抱えるのが嫌で
戦場に出ていたんでしょうね。
さすがに、本編では6話で痺れを切らせて確認しに来てしまいましたが。

SE5は、面白かったですね。
また、ロロの台詞抜き出しましたが、なんで
四文字熟語知っているの?すごいですねw
日本語も勉強しているのかなw
おでん屋のほうは、帰ってこない兄を追って、ロロがその後来そう。
で、ロロもナナリーに丸め込まれそうですねw
ナナリー恐ろしい子。

SE6は、なんでロロの策略で男同士の合コンになるのか…
まったく話が見えなくて、発売まで楽しみですね。
2008/11/10(Mon) 17:48 | URL  | めかりん #ShEDFCH2[ 編集]
紅柳美咲様
実はハーブの無料講習会でシチューに使ったことがあるんです。
でも、ルルーシュだったら知ってそうだな~って思って♪
ちなみにカレーも香辛料の調合から無料講習会でやったのですが大人には好評でしたが癖があるので子供達には大変不評でしたv-406
シャーリーは幸せに育ったそれなりのお嬢様ですから料理は得意じゃないのかな~?
運動部だと忙しいし。
だからこそルルとくっつけばいいバランスなんだけど。
あ、でもC.Cもカレンもあんまり料理は・・・。
ルルって何気に女運悪いのか!?

うちの黒スザクは黒くても知れてますので本人のみ真剣ではたから見ると何となく微笑ましい感じかもしれません。
何と言ってもうちのスザクはSEが基本ですのでv-356
でも、実際はかなり切ないですよね。
私達は事情を知っているから「ルルの事わかってやって~・・・。」ってなりますが、あの場面しか知らないスザクはルルが憎くて当然だと思います。
V.Vもギアスの暴走の件は黙っていたし、シャルルの「息子を守ろう大作戦!」にもいいように利用されてしまった感じもします。

ロロ視点ルルはキラキラしてますよ~v-353
スザクにとってはユフィが光でしたが、ロロにとってはルルだけが自分にとっての光であり、救いでもあるしね。
全く違う評価で見られるルルを書きたいな~と思ってそれぞれをガンガン強調してみました。

でも、ユフィのためにルルを切り捨てたスザクにルルのために任務とV.Vを切り捨てたロロは実は寂しがりやの似たもの同士という気もします。
どちらも悪辣な部分があっても一途で純粋でした。

社会人ネタ、勝手につかってすみませ~ん!!
なんか、ツボでv-356
ロロ真面目だし。

>ロロの「全て忘れて幸せになればいい」は
彼なりの裏もあったのでしょうが、
それでも、器用な楽な生き方でもあったと思います。

そうですよね。
ルルにとって一番幸せな道でもあったと思います。
あえて茨の道を行かなくても・・・ってね。
でも、ルルがゼロとして生きるなら、ロロは黙ってついていきましたね。
今はその域ではなくてもいつかはナナリーのように愛してもらえると信じていたと思います。
でも、本物の妹には勝てないとも思っていたと思います。切ないですね・・・。

>ロロ捜索話はぜひとも読みたいですv
もしもよろしければ書いて頂けるととっても嬉しいですv

書くことにしました♪
今の話が終わった後に読み切りを入れて、その後に書くつもりです。
兄さんらしく、ド派手にロロを探させたいですが、全校生徒巻き込んで探させてみようと思います♪
これで12月ぐらいまではSS書いていけそうです♪
ありがとうございます!!!!

マイキャラ、何度も死に掛けてますが、死にはしなかったんですよ!
他のマイキャラも何度も死に掛けているし、比較的可哀相系の人が多いのですが、死にそうになりながらもラストまで生き残りました。二番目に好き・・・というキャラが死んでしまったことはありますが、映画やその後に冥界から蘇って活躍しましたのであんまり死んだ気がしませんv-356(←これで何の話かわかるかも?)
ギアスは精神にくるアニメで13話以降はあまり見返していません。
もうちょっとたってからならもう一度じっくり見てみたいです。
ユフィの死も本当に悲しかったですね。
ああいう子私大好きだから。
彼女の努力、ちゃんと報われてスザクと幸せになってほしかったです。
監督談によると、彼女はルルとスザクの間を裂くために出したキャラらしいのですが、そういうのって悲しいです。すごくいい子だったのに。

それにしても良い弟さんをお持ちで・・・♪
羨ましい!!!
多分今妹にギアスいいよ~♪と勧めてもかわいそうな者を見るような目で優しく微笑まれるような気がしますv-356
この妹も昔1年ぐらいは同人やっていたのだけど(←UTが引きづりこんで)すっかり更正してしまいましたv-356

密かにギアスにはまって私みたいにコソコソブログやってたら面白い事になりそうなんだけど、無いだろうなぁ・・・v-356

>雪菜ちゃんは初登場時の気合い入れまくりのトーンワークが 今でも忘れられないですv

私もです!!すっごく綺麗で可愛くて!!
一目ぼれでした!!
・・・そして密かに桑原大好きでした!!!
彼は漢です!!!

>大義とか理想より、愛とか友情のがわかりやすいんです(^^;

私もです。人間らしくて惹かれます♪

今回も色々語れて楽しかったです!!
いつも深い考察をありがとうございます!!!










2008/11/10(Mon) 19:38 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
めかりん様
スザクの想いは複雑だったと思います。
目の前でルルがユフィを撃つ場面をばっちり見てるし、血だらけで息も絶え絶えの彼女も見ている。

瀕死の状態でもユフィは優しくて、だれも恨まず、ゼロの正体も明かさず、日本人の事、スザクの事を想って逝きました。

「スザク・・・学校行ってね・・・。」

死の間際にここまで言える16歳の彼女は副総督になってルルーシュの眠る(と思っていた地に来た時、相当な覚悟を持っていたような気もします。
それでいて優しさを失わない彼女はナナリーとは違う視点で本当にスザクもルルーシュも好きだったんだな~と思い切ないです。
こういう善意の塊みたいな優しい子から死んでいくのがギアスの恐ろしいところですね。

6話では確認に来てますが、ゼロ復活と聞いていてもたってもいられなかったのでしょうね。

SE5、本当面白かったです~!!!
ロロのあたりまでだけ何回も何回も聞いてしまいました♪♪
あの黒兄弟、最高です!!
ああいうのも書いてみたいな~と思ったりして、うちのブログの延命の薬にもなりました!!

SE6で終わりなのはすごく寂しいけど、ロロの出番がいっぱいありそうですっごく楽しみです♪♪
表紙のロロもすっごく可愛いし!!(もはや冷酷な暗殺者の面影のカケラも無いですね)

SEでは兄さんといつも仲良しなので次も期待しちゃいます♪♪♪
2008/11/10(Mon) 19:58 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。