FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その手のひらに最終話
2009年05月19日 (火) | 編集 |
シュナイゼルを押さえた兄さんは、その後密かにゼロの影武者として朝比奈をたて、正体を打ち明けたカグヤ、そしてカレンに黒の騎士団を託し、行方をくらました。

それからしばらくたった後、兄さんはルルーシュ・ヴィ・ブリタニアとして僕やジェレミア、ヴィレッタ、C.C、咲世子だけを連れ、皇帝のところにまで乗り込み、ギアスを使って帝位を簒奪した。

シャルルは両眼ともギアスを使える達成者となっていたが、C.CやV.Vのようにギアスが効かない相手ではない。僕が時を止め兄さんがギアスをかけ、兄さんの傀儡とする事に成功した。

兄さんは全世界TV中継の元、ギアスをかけた皇帝にもっともらしい理由を言わせて帝位を譲らせた。

その後貴族制度を緩やかに改革し、実力があれば身分・国籍に関わらず重要な地位につけるようにした。
その一方、領民から規定以上に搾取したり狼藉を行うような貴族は、それが皇族・大貴族であっても容赦なく爵位を取り上げ、領地も召し上げた。


植民地である各エリアも改革がなされた。

特区日本を手本に、その地の反抗組織の武装解除とエリア市民参加を条件に全てのエリアを衛星エリアに引き上げた。

税も権利もブリタニア人と等しくし、そのエリア出身の人間の中から有能なリーダーを見つけ出して総督の地位につけ、平和的に導いた。

それだけでも画期的で各エリアからルルーシュ皇帝は絶大な支持を受けたが、改革はこれだけにとどまらなかった。
順次所有エリアを開放し、国として認め、混乱無く政権を総督に引き渡し、同盟を結んでいった。

黒の騎士団や中華、EUとも正式に和解し、謝罪さえした。
もしかしたら、一部の幹部は兄さんの事を気づいたかもしれないが、カレンやカグヤの強い説得もあり黒の騎士団・中華連邦とも、ルルーシュ皇帝の謝罪を快く受け入れ友好を結んだ。

突然現れた兄さんが皇帝となる事に不服を唱える勢力はあったが、世界に支持されるルルーシュ皇帝に逆らい続ける事は自らの首を絞める行為にしかならないと気付いたようで、武力を放棄して膝を屈した。

クルルギを除く全ラウンズはシャルル前皇帝の命令のもと兄さんの配下となり、テンだけはその後、不祥事を起こし、追放された。

ラウンズの欠番には変装を解き、本名に戻ったジェレミアとヴィレッタ先生が入り、元から居たラウンズに比べても遜色の無い成果をあげた。

クルルギは兄さんとの和解を良しとしなかったが、多くの人の血が流れる事は望まなかったようで、EUに亡命し、表立っては何も仕掛けてこなくなった。

小競り合いはあるものの、世界から急速に争いが無くなっていった。

ナナリーも取り戻した。
カレン奪回の際に残した手紙から、ゼロが兄さんだと察したナナリーは悩みに悩んだようだが、それでも兄さんの手を取った。
僕はそれを嬉しく思った。

このまま穏やかな未来に向かって一緒に進んで行ける。そう僕は信じていた。
あの日まで。




1年の歳月が過ぎた。

兄さんはある日、腹心の者皆を集めてふんわりとほほ笑んで言った。

「これまでよく仕えてきてくれた。本当にありがとう。
出来る事ならこのまま皆と生きていきたかったが、俺のやるべき事はもうすんだ。
罪を償うときが来たのだ。」

兄さんは恐ろしい計画を僕らに話した。
皆で必死に止めたけど、兄さんは止まらなかった。




そして、とうとう運命の日が来てしまった。

ゼロ・リクイエム。この日、皇帝ルルーシュは、クルルギスザクに刺され、衆人が見守る中、命を落とした。

・・・・・・とされている。






ルルーシュは重い体を引きづるようにしてベットから身を起こした。
そして、ハッとしたように時計を見た。

「何だこれは!!」

ゼロリクイエム決行前夜、確かロロが最後の時を過ごしたいと部屋にやってきた。そして、一緒に紅茶を飲んだところまでは覚えている。

「陛下・・・いえ、ルルーシュ様、お目覚めになられましたか?」

ジェレミアをはじめとする腹心達が部屋に入ってくる。

「俺は・・・いや、ゼロリクイエムはどうなったんだ!!」

「ああ、それでしたら、・・・計画通り、万事順調に進み、完了致しました。」

咲世子が言う。

「何を言っているんだ!!俺がここにいるのにそんなわけ無いだろう!!」

「ですが・・・本当に計画通り進んだのです。こちらをご覧下さい。」


パネルに皇帝専用車に乗り、民衆の歓声を受けて通るルルーシュ・ヴィ・ヴリタニアが映る。

「あれは・・・誰なんだ・・・・・・。俺じゃない・・・。」

ルルーシュは怪訝な顔でベットを取り囲む腹心たちを見回す。
そして、本来ならば一番近くに居るはずの者が居ない事に気がついて青ざめる。

パネルの中、御用車は突然パレードの中間地点で止まった。
そして皇帝は民衆を見渡して深々と頭を下げた。

「諸君、今から話すことをよく聞いて欲しい。私は歴代一卑劣で暗愚な皇帝である。
そのことを心に刻んでいて欲しい。」

ルルーシュ皇帝の言葉に民衆がざわめく。
無理も無い。
ルルーシュ皇帝と言えば、戦争をとめ、植民地を圧政から救った稀代の賢帝として名高い。

「私が優しい世界を作るために努力したのは罪滅ぼしのためだ。
元々私は私的な信念に基づいて小さな目的のために戦って来た。
・・・しかしその結果、数え切れないほどの人を苦しめ、殺してしまった。
私はやり方を間違えたのだ。

諸君はきっと覚えていることだろう。
日本人を虐殺した年若い皇女の事を。
彼女にそうさせたのは私だ。」

その驚くべき告白にどよめきが走る。

「彼女は日本人を愛し守ろうとしていた。そんな彼女は私の計画に邪魔だった。
私は彼女を密かに殺し、狂人と摩り替え汚名を着せた。
しかし私は後悔している。夜も眠れぬほどに。

罪なき者を貶め、手段を選ばず多くの人々を利用し、殺し続けた私に皇帝たる資格があるだろうか?
いや、皇帝どころか人間としてすら許されないはずだ。

だから・・・今日、この命をもって償おうと思う。
どうかそれでユーフェミア皇女を許し、再び愛して欲しい。
彼女は本当に日本人の事を思いやる優しい少女だったのだ。
悪いのは全てこの私、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアだ。」

年若い皇帝はどよめく民衆から目をそらす事もなく、よく通る声を張り上げた。

「今日は彼女の騎士・クルルギスザクをここに招待した。
さあ、スザクよ・・・今こそ正義の剣で私を貫くのだ。」

両手を広げるように差し出す皇帝の数十メートル前に一人の青年が現れた。
クルルギスザクだ。

彼は信じられないようなスピードで皇帝車両に突っ込み、跳躍すると剣をすらりと抜いた。

ルルーシュ皇帝は満足そうにクルルギを見、それから民衆を見た。

先ほどとはうって変わって群衆は静まりかえっている。
あまりの事に言葉も出ないのかも知れない。

「見よ。わが最後を。罪無き少女を貶めた私は地獄に行っても詫び続ける事だろう。
さあ、クルルギスザク。ユフィの騎士よ。
私を殺してユフィや虐殺された日本人の仇を討て。
そして・・・どうか、幸せに生きてくれ・・・。」

皇帝が静かに目を閉じる。

スザクが剣を構える。

「止めろスザク!!止めてくれ!!あれは俺じゃない!!!」

パネルに向かってルルーシュは絶叫する。

「お察しの通り、あれはロロ様です。ルルーシュ様の身代わりをかって出ました。」

「何故お前達はロロをあそこにやったのだ!!ロロに罪は無いだろう!!何故!!!」

ルルーシュはジェレミアの襟首を掴んで詰め寄った。
ジェレミアはつらそうに目を眇めた。

「・・・ええ、ロロに罪などありません。もちろん皆で止めました。しかし聞かなかったのです。
さすがルルーシュ様の弟君、頑固でいらっしゃる。
彼はルルーシュ様を失っては生きていけないと言っていました。ゼロリクイエムで貴方が亡くなれば後を追って死ぬと。それならいっそ・・・。」

「・・・・・・だから・・・行かせたというのか・・・。」

「その通りです。お叱りは覚悟の上です。それでもロロも、我らも、ルルーシュ様に生きて欲しかったのです。」

ジェレミアが呻くように言った。


パネルの中のルルーシュ・・・いや、ロロはうっすらと満足そうに微笑んでいた。
その胸に、音も無く、スザクの剣が飲み込まれていく。

「嫌だ!!死ぬなロロ!!俺なんかのために!!!」

白い皇帝服が見る見る間に紅く染まり、その口からも血がこぼれた。

「ロロ!ロロー!!!!」

過去に起こった出来事は止められない。
それでもルルーシュは叫び続けた。

深く差し込まれた剣をスザクは引き抜き、血を振り払った。
ロロは何かをスザクに囁き、そしてヨロヨロと、しかし優雅に民衆やスザクに深くお辞儀して・・・・・・そのまま壇上から血まみれになって転げ落ちた。

ジェレミアが駆け寄って脈を取り、力なく首を振った後敬礼した。
それに習った民衆が一人、また一人、静かに哀悼の意を表した。

皇帝車両はその中を粛々と進んでいった。

「ロロ・・・・。俺が追い詰めたのか・・・。俺は唯、ユフィのために・・・。」

ルルーシュはもう叫ぶ事すら出来ないまま、涙が涸れはてるほど程泣いた。



「最後のお別れをなさいますか?」

ジェレミアが静かに聞いた。

ルルーシュは頷き、よろよろと立ち上がって隣室のドアを開けた。

そこには綺麗に清められたロロが真っ白な棺の中に横たわっていた。
色とりどりの花にうずもれるようにしてロロは眠るように微笑んだまま息絶えていた。

その傍らには喪服姿のヴィレッタとシャーリー、そしてナナリーが真っ赤にした目で付き添っていた。

「・・・・・・ロロ・・・どうして俺なんかのために・・・。」

ルルーシュはそっと棺に跪く。

「いつまでも俺の側にいると言ってくれたじゃないか。・・・お前は嘘つきだ。」

ロロの顔の上にルルーシュが落とした涙が伝う。

「でも俺は・・・お前にだけは嘘をつかないよ。ずっと一緒に居てやる。ずっと、ずっとだ。
お前と一緒に死んでどこまでも・・・。」

ルルーシュは花に埋もれているロロの手を探り、そっと握る。

そのとたん、ロロがぱっと目を開けた。

「そりゃ無いよ、兄さん。せっかく僕が命張ったのに、何を考えているんだよ!!!!」

死んだはずのロロは起き上がって元気に怒り出した。

そして周りの皆が一斉に吹き出す。

「お前・・・死んだんじゃなかったのか・・・。」

笑われてもまだ呆然としたままの兄さんはそのまま僕に手を伸ばし、抱きついた。

「ごめんね。皆お芝居なんだ。どうやってもゼロリクイエムを実行しようとする兄さんを止める手段はコレしかなくて・・・。
あ、もちろん、刺されたのもお芝居だから。スザクさんもグルだから。
もう大変だったよ、打ち合わせと芝居とトリックの稽古。一生分の冷や汗かいちゃったよ。」

ロロがいたずらっぽく笑う。

「冷や汗かいたのはこっちの方だ!!何だって死んだふりまでしてるんだ!!」

「だって・・・兄さんは人の気持ちが解らないもの。」

「何だと!」

怒鳴る兄さんの両頬を手で包むようにして僕は兄さんを見つめた。

「僕が死んだと思って悲しかったでしょ?
一緒に死んでしまおうかと思うほど苦しかったでしょ?
・・・そうやって残された者は一生苦しむんだ。ちゃんと解ってよ。」

僕の言葉に兄さんはばつが悪そうに目を泳がした。

「そうか・・・そうだな。すまなかった・・・。
しかしユフィを死なせた俺が生き延びてしまって、姉上やスザクにどう詫びれば・・・。

「それなら心配いらんぞ、ルルーシュ。」

扉を開けて現れたのは私服を着たコーネリア皇女とスザクだった。

「お前ががっつり騙されて泣いて取り乱してる姿を隣室からカメラで見て散々笑わせてもらったからな。
ユフィもきっとあの世で大笑いしてるさ。」

「姉上・・・。」

「お前の償いの気持ち、確かに受け取った。ユフィを忘れる事は出来ないが、少なくともユフィの名誉は回復された。・・・ありがとう。これで私も前を向いて進めると思う。」

「僕もコーネリア殿下と同じ気持ちだよ。彼女とヴィレッタを通じてゼロ・リクイエムの全貌を知ったとき、僕の心は決まった。
きっとユフィは君を許していると思うよ。・・・もう、とっくにね。
彼女は本当に優しい人だったから。」

スザクが兄さんに手を差し伸べた。あの時のユフィのように。

兄さんもその手を取った。本当に嬉しそうだった。




ルルーシュ皇帝崩御の後、ナナリーが次代の皇帝として即位した。

彼女の功績はエリア11提督としてのわずかな期間のものしかなかったが、ユーフェミア皇女が果たせなかった特区を成功させ、のちに賢帝ルルーシュが世界を開放するためのモデルとしたのはかの地であった。
その功績は世界から高く評価された。

彼女の足は不自由なままだったが、ジェレミアのギアスキャンセラーによりその澄んだ青い瞳は開かれ、人々を魅了し広く愛された。

彼女は時には兄さんや皆の助言を聞き、彼女の騎士であるスザクと共に辛抱強く、隅々まで穏やかに改革していった。
賢帝として死後も名高いルルーシュ皇帝の実妹の名に恥じぬ働きぶりだった。


クルルギ卿も一時はルルーシュ皇帝を害した事で非難を浴びたが、ナナリーは『兄の意思だった。彼の方が被害者だ。』と言い続け、一貫してスザクを庇い続けた。
また、スザクも少女である皇帝をよく助け、生涯温厚で誠実な家臣として仕え、疑心を抱いていた民衆からも愛されるようになった。


死んだ事になっている兄さんは政治の表舞台から手を引き、施設に預けていた元ギアスユーザーの子供達をつれて僕やC.Cとともにテレビさえない田舎に引っ込んだ。
時々遊びに来るコーネリア皇女はいつも子供達の先頭に立ち、勇ましく麦藁帽子を被り、虫取り網を手に誰より楽しげに遊んでいる。
・・・初めに見たときはビックリしたけど、今は見慣れてしまった。
もちろん時には一緒にナナリー皇帝を連れてくる事もある。
彼女もここではよく笑う。

カレンさんに連れられてシャーリーさんや会長達もこっそりと毎夏のバカンスを過ごしに来る。
そんな時は学生時代に戻ったかのような気になる。(そしてミレイさんに毎回振り回される)

隣の農場には扇から奪い取ったヴィレッタ先生と結婚したジェレミアたちがオレンジ農家を営みながら住んでいる。(意外にもラブラブだ!!ビックリだ!!)

・・・しかし、何故か記憶を取り戻したアーニャまで居候していて、こちらも時々遊びに来ては失った子供時代を取り戻す勢いではじけまくっている。


更に反対隣にはギアスによってすっかり野心を取り除かれたシャルル・シュナイゼル親子が住んでいる。
シャルルは家庭菜園に凝っていて、時々美味しい野菜をおすそ分けしてくれる。

シュナイゼルは僕に打ち抜かれた手の傷のため左手がやや不自由だが、さすが兄さんの兄だけあってあっという間に家事を完璧にマスターした。

彼は母親を早くなくし、今まで父である皇帝とも親子らしいふれあいをした事が無かったようだが、今は意外と親子らしく楽しげに暮らしている。

僕もすっかり日に焼けて、弟妹やC.Cの世話に忙しい毎日をおくっている。
最初は普通の子供とは言いがたかったギアスユーザー達も、たくさんの愛情を浴びながら過ごすうちに、人との繋がりが持てる、優しく快活な子供となっていった。

C.Cの記憶は今はないのでまるで子供のようだ。
僕にも懐いてとても可愛い。

彼女はコードを沈め、一時の間、人間として暮らすことを選んだ。

コードを沈めている間、彼女は普通に傷つくし、年もとる。
もちろん死が迫れば自動的にコードは復活してしまうが、少なくとも数十年は人として生きることが出来る。
苦しかった人としての記憶は何百年もC.Cを苦しめたようだが、これからの一時を幸せな人間として生きる事で克服したいようだ。
僕らを信じて無防備な身体と無垢な心をあずけてくれたのだから必ず幸せにするよ。

・・・でも彼女は兄さんより嘘つきだから、これだけが本当の理由じゃないのではと僕は思っている。


彼女はあれで、V.Vの事をとても気にしていた。

「シャルルに裏切られ、私にも裏切られ、ジェレミアにもロロにも裏切られた。自業自得だけどあいつはあいつなりに優しい明日が欲しかったんだ。」

そうつぶやいていたのを僕は知っている。
きっとC.Cは本体を眠らされ、孤独なままCの世界に閉じ込められたV.Vと一緒に居てあげたいのだと思う。
V.Vが寂しくないように。

孤独の苦しさを誰より知っている彼女は優しい嘘つきだから。

今、彼女はCの世界からV.Vと、嘘だらけだけど争いのない優しい世界を見つめているのかな?


人は誰でも生まれてくる時、その手のひらにたくさんの幸せを握り締めて生まれてくるのだという。
成長するうちに開いた手のひらから幸せがボロボロとこぼれていくけれど、一度開くからこそより多くの幸せを掴み取れるのだと僕は思う。

兄さんも僕も今は、本当に欲しかった幸せをこの手に掴み取った。
だから・・・僕は祈り続ける。

世界中の人の手のひらに、素晴らしい幸せを・・・と。



        END



長い間お付き合い下さってありがとうございます。
この話をもって、『ロロクラブ』は長期休止に入ります。
多分この忙しさでは復活は無いと思います。

読みに来て下さった方々、コメントや拍手で支えてくださった方々、ありがとうございます。
お陰様で、もう書けない・・・と思うことが何度かありながらも時間が許すギリギリまで書き続ける事が出来ました。
もしよろしかったら今までのぞくだけ~という方も最後に何かコメント下さると嬉しいな♪←厚かましい奴。
一生の宝物にします!!

なるべく幸せエンドを目指したのですが、どうだったでしょうか?
ルルロロはもちろん、コーネリアも以前書いたSSのお話ではルル生存中に和解出来なかったので今回はこんな風にしてみました。
本編とは全く違うパラレルエンドですが、抜けなかったとげのような部分を願望を込めて書くことが出来、これで休止となっても何となくスッキリしました。(ただしウチに昔から来てくださっている方にはオチが簡単に読めてしまったような。すみません
でも、あっと驚くようなお話より幸せエンド(←過去にどなたかにいただいたコメント引用)のお話のほうが私も好きなもので・・・


ロロファンを止めるわけでは無いので、隙があったらロロサイト様やリンク先サイト様は回ってみたいと思います♪(もう体力的に今までのような超早起きは無理ですが、朝30分間のサイトめぐりはとっても楽しみなので続けていきたいなぁ

いろいろウダウダ書きましたが、ありがとうございました!
『その手の平に』のロロたちと共に皆様のご多幸を祈っております!!!


あ、あと、このお話の番外編で、ジェレミアとマリアンヌのお話をサービスで(?)書いてみましたので、よろしかったらお寄り下さい下さい。

あの方に誓うはこちら

更にコメディ系手のひら兄視点はこちら


一話ずつ毎週UPしようかとも思ったのですが、そこまでのお話では無いのでオマケにつけることにしました。


密かにルルロロ誕生日にぐらいはまた書いてみたいと思っていますがちょっと日にちが空きすぎているし、自分自身がどのような状態なのか想像つきません
でもロロの事は今でもだ~~い好きなのでまたいつか機会がありましたら書いてみたいです♪

7月2日追記(↑は同居前に自動投稿でセットしています)

RUY様より、ギアスの続編が作られるかも・・・との情報をいただきました。
もし本当に続編が放映されたら短い(?)感想ぐらいは書いてると思いますので覗いてくだされば嬉しいです♪

同居の方は最初の10日は手続きや病院めぐりでものすごく忙しかったものの、今は徐々に落ち着いてきています。
現在夜間はじいちゃん、徒歩3分の自分のアパートに帰ります。
朝7時から夜9時までウチにいるとは言え、ウチの前の道を一人で散歩したり、時々うたた寝したり新聞読んだりしてるのでその間にブログめぐり出来そうです♪

ただ、仕事量が増えてるので早朝起きると眠いし身体にも悪そうなので今は昔ほど早起きしてません。おまけに嫁の分際でほぼ毎日「手術後ですので~♪」と30分ぐらい昼寝してます☆
この昼?寝が気持ちいい!!すごくスッキリします!!

自分一人の時間は短時間しかないのでそれでもやっぱりSSを書き続けるのは厳しそうですが、続けるのは無理でも単発でふ・・・と載せる事はあるかもしれません。
一番早くても夏休み終了後ですが・・・もし更新があったら知らせてほしいという奇特な方がいらっしゃったらメルアドをコメント・管理人宛(非公開)で教えてくだされば更新のお知らせを送ります(ただし全然当てにしないで待ってて下さいね。長女が中学受験したいと言い出したのでもっと時間がなくなってるかも?)

こちらを休止している間は家族が居ても堂々と打てる、家族公認のブログの方を書いていると思いますが。こちらはアニメのアの字も出ない家族や実父母も見る子供の成長関係の主婦ブログです。
私の実年齢を載せているので絶対ご紹介できませんが、何かの拍子に偶然見つけてアレもしや・・・と思ったら、そっと見守ってくださいね♪(近況を書いているのですぐわかっちゃうと思います)

コメント欄からいただいたコメントは3日以内にお返事しますが拍手コメントはもしいただくことがあれば記事にて後日お返事いたします。
サーチには載りませんのでご注意下さいね

拍手お礼文からブログへの移行文のみ今後UPするという事はあると思います。(9月で期限切れなので消える前に・・・。)



では、お付き合い下さった天使の様な皆様ありがとうございました!!
休止はとっても寂しいですが、ものすごく充実したファン生活でした♪
今後はわずかな一人の時間を使ってリンク先サイト様やロロサイト様を全力で応援していきたいと思います!!!













コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
無事連載終了おめでとうございます☆
TVもない田舎の暮らしは、お互いがいて
仲良く幸せに暮らしていければ一番なルルロロにとっては
とても幸せだろうなあと思います。

ルルーシュは、基本的に自分に価値がないと思ってる所があるので
それゆえに結構無意識に人を傷付けていたような気がします。
だからロロの「だって・・・兄さんは人の気持ちが解らないもの。」
って言葉は本当だなあと思います…。

本篇でロロが死んだのは展開以上に
ロロはルルーシュの意思を聞かない計画のノイズであった事が
一番の理由だったと思いますし…。
客観的に正しい事よりも、ロロは主観的に正しい事を優先する。
ただ、客観的な大人な意見よりも、
主観的な子供の意見の方が正しいことだってあるんだと思います。
結局19話でルルーシュの本質を
最後まで信じる事が出来たのはロロだけでした。
一番信じる事に勇気がある場所に立っていたはずなのに
それでもロロだけがルルを信じた。
そしてその信じたい思いあってこそ、
最後の蜃気楼で、本当の意味で二人向き合う事が出来た。
ある意味シャーリーもカレンも、
生きていたり、最後まで仲間の立場に立っていたならば
ルルーシュのゼロレクイエムは理解してくれると思ってます。
あれは大人の意見ですから。
そしてカレンもシャーリーも良くも悪くも社会を見れる位は大人でした。
それでも、ロロだけは絶対理解できないんだろうなあと思います。
子供のころ、銀河鉄道の夜で
カムパネルラが死んでザネリが生きている事が嫌でした。
ザネリが憎かったです。
私がそう思った気持ちなんて豆粒みたいなものだけれど、
ロロはきっと、ルルーシュが死ぬのが嫌で理解してくれなかったと思います。
そしてだからこそ、ルルーシュにとってはロロは必要だった気がします。
自分が嫌いで自分に価値がないと信じて込んでいるルルには
自分を全肯定してくれるロロの存在が
一番幸せを繋いでいたような気がしてならないです。

何よりスザクと和解できたのが良かったです。
正直あれだけスザクには拘ってたルルなので
罪科関係なくスザクと向き合えれば
他には何も要らないじゃないでしょうか(苦笑)。
コーネリアやスザクとルルが和解して
一番喜ぶのはきっと天国のユフィでしょうね…。
自分のせいで好きな人達が憎み合ってるのをみるのは
穏やかで優しい彼女にとっては一番悲しかったと思います。

マリアンヌ様の番外編、凄いなあと思いました。
小説であれだけショックを受けられてたのに
こういう解釈もできるんだなあと思いました。
私はTVしかみてない状態で彼女を辟易してしまったのですが
本当に最後はこんな風に反省してくれたら
次に生まれ変わった時に今度こそ皆が
あこがれたような素敵な人になれそうですよね。

予想外にコメディが載ってて嬉しかったです♪
久々の駄目ルル楽しかったです(笑)。
基本的に馬鹿兄は大好きなものですから
こちらのルルにはいつも癒されてました(笑)。
しかし玉城、ロロだけじゃなくて
ルルにも何かもられてたんですね(苦笑)。
さぞかし調子が悪かったことでしょう。気の毒に。
「隊長はカレンだ!!君しか居ない!!!!!」の
言葉にきっと感激しただろうカレンは
まさか玉城とロロを離したいがために
任命されてるとは夢にも思ってないですよね(笑)。
何かカレン可哀想(^^;。
思えばアニメでもカレンからのフラグをルルは
悉くたたき折ってた気が(^^;。
まあシスコン、ブラコンの朴念仁だから仕方ないですね(^^;。
シャーリーも苦労しそうです(苦笑)。
こちらも最後はしっとりと終わってよかったです。
やっぱり、みんな幸せで終わるのが一番です。
本当は死んで償うより、生きて償う方が大変なはずですし、
回りが許してくれた以上、もう死んで償う道は逃げでしかない。
だからある意味一番過酷な道を
幸せに頑張って生きてほしいなあと思います。

ギアス続編公開されるかもなんですね☆
…次回こそ鬱エンドは回避されるのかしら…。ドキドキ(><)
もし放送されるならやっぱり見たいなあと思います(^^)。
こちらで感想公開されるなら是非とも拝見したいなあと思ってますので
又お話して下さるととても嬉しいです(^^)。

ご同居は和やかに進んでいるようで本当に良かったです(^^)。
お子様も色々大変な時期ですし、無理せず頑張ってくださいね。
記憶では昨年7月頭あたりからずっと遊びに来させていただいて
毎週楽しみにしてましたので凄くさみしいなあと思います。
兄弟愛や友情が大好きなものでこちらの仲良し
ルルロロは毎回みてて楽しかったです(^^)。
放送中はず~と、生き残って幸せになってほしいとか
歴代のこういう経歴のキャラって必ず最後は幸せになったので
最後はきっと…とずっと思ってたので19話はショックでしたが、
UTさんのおかげで元気が出たのを覚えています。
更新休止されるのは寂しいですがUTさんだと
確かに無茶苦茶無理しそうなのでそちらの方が良いのかもしれないですよね…。
もし、何か更新されたら是非とも読みたいなあと思いますので
非公開コメントに例の件と一緒に後でコメント残しますね☆。

ではでは!段々暑くなってきたので
体調に気を付けて頑張ってくださいね(^^)。

2009/07/03(Fri) 20:48 | URL  | 紅柳 美咲 #/UdcfbPw[ 編集]
お疲れ様でした。
こんにちわ
一年間お疲れ様でした。
思えばUT様、倒れたり入院したり半同居したりと怒涛の一年でしたね。
いつ見ても楽しく、ちょっぴりせつなく読ませていただけるUT様のブログは安心して見せていただけるので本当に癒しでした。

ルルーシュ視点のコメディも読ませていただきまして、あの玉城の世話をやいているロロ。それを見てジェラシーストームなルル。
すごく面白かったですww

最終話のコーネリア様のユフィの姉妹の「こうあるべき姉妹の姿」に感銘を受けるルル。
でもそれ絶対異常だから!
誰かツッコミ入れてやってよと思ったらマリー
様「これがただしい姉妹の姿」とか言ってるし。
マリー様、絶対ルルに嘘教えて楽しんでいる・・・。
変な所では疑り深いルルなのにどーしてそういう事は信じるかな。
でも楽しいからいいケド。
UT様がコーネリア様とユフィちゃんはお風呂も一緒寝るときも一緒とか書かれたので、思わずあの二人をCPして百合小説とか書きたくなったです。
あぶないあぶない。

ギアス続編もあるとのこと!
UT様が書かれていてはじめて知りました!
そっか、続編あるんだ。
あるならやっぱり見たいです。

そして、たまに何か更新されるかもとの事、私にもぜひともお知らせいただきたいです。
飛んできます!

一年間楽しませていただいてありがとうございます。
休止とのことですが、もし更新されるのでしたら、UT様の出来るペースでゆっくりとリアルに響かないように更新していただきたいです。
半同居もお嬢様の受験もがんばってくださいね。

お疲れ様です!


2009/07/03(Fri) 23:41 | URL  | 浅田リン #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/04(Sat) 00:26 |   |  #[ 編集]
お疲れ様です(・ω・)
こんにちは、(*_*)です。
最終話読ませて頂きました。

最初 読んでる時に、私もルルと同じく「えっ…ロロ?!?」とあわあわしてしまいましたww
生きててくれて良かった!!

タネ明かしの瞬間がすごくみんな幸せそうで…(今回もジェレミアは演技派でしたね^^)
コーネリアやスザクが一緒にそばで笑っていたのが何とも言えず嬉しかったです。
みんな幸せになってくれて本当に良かった。
マリアンヌ&ジェレミアのお話、最高です!!

U.T様のSSを読むとき、私はいっつもその場にいるような気持ちになっていました。
すごく あったかくて。本当に、この人達が周りにいたらいいな…って いつも思ってました。
U.T様のSSを読むと すごく幸せな気分になれました。素敵なSSをありがとうございます。


いつも見ていたこのサイトが休止にはいってしまうのはとても寂しいですが、そんな時はここのSSを読み返して元気になろうと思います^^

同居やお子様の中学受験、バイト…なにもわかってない私が言うのもなんですが、本当に大変だと思います。
体だけは、大事になさってくださいね。


もしまた何か更新された時は、ぜひ教えていただきたいです。ギアス 続編の話はびっくり(◎o◎)もしそうなら嬉しいなあ…ドキドキ。感想書かれたら見に行きますね!!


最後に、いつも支離滅裂な私のコメントにあたたかくお返事してくださって本当にありがとうございました。
本当にお疲れ様でした!!U.T様大好き(*^o^*)
2009/07/04(Sat) 05:07 | URL  | (*_*) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/04(Sat) 05:19 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/04(Sat) 05:26 |   |  #[ 編集]
Re: お疲れ様でした。
v-406> 無事連載終了おめでとうございます☆

ありがとうございます!!
何とか未完無しで終る事が出来ました♪

> TVもない田舎の暮らしは、お互いがいて
> 仲良く幸せに暮らしていければ一番なルルロロにとっては
> とても幸せだろうなあと思います。

ルルは頭いいけど、本当は田舎で野心など持たずに幸せに暮らした方が良かったと思います。
ルルロロ揃っていたら、本当にそれだけで幸せになれると思います♪
TVが無いほど田舎なら正体もばれないし・・・。
2~3年経ったら適度に筋肉もついているかも?

> ルルーシュは、基本的に自分に価値がないと思ってる所があるので
> それゆえに結構無意識に人を傷付けていたような気がします。
> だからロロの「だって・・・兄さんは人の気持ちが解らないもの。」
> って言葉は本当だなあと思います…。

大切な人を大事にしているようで、していないルルですよね。
ナナリーの本当の願いも実は分かっていませんでした。
プライドが高いのに優しくて自己犠牲のかたまりですね、ルルは。
でも、自己犠牲したルルを思うみんなの心にとげもさして逝ってしまったような気がします。(そのとげがあるからこそ皆猛烈に頑張って平和を維持したような気もしますが。そこまでもし計算していたとしたら凄すぎますが)

>
> 本篇でロロが死んだのは展開以上に
> ロロはルルーシュの意思を聞かない計画のノイズであった事が
> 一番の理由だったと思いますし…。

私もそう思います。
ロロだったらルルを拉致監禁してでもゼロリクイエムは止めていたと思います。

> 客観的に正しい事よりも、ロロは主観的に正しい事を優先する。

そうでしたよね。

> ただ、客観的な大人な意見よりも、
> 主観的な子供の意見の方が正しいことだってあるんだと思います。

本当にそう思います。
そこがロロの欠点でもあり、強みでもあったと思います。

> 結局19話でルルーシュの本質を
> 最後まで信じる事が出来たのはロロだけでした。
> 一番信じる事に勇気がある場所に立っていたはずなのに
> それでもロロだけがルルを信じた。

嫌いだ、何度も殺し損ねただけだ・・・と言われた直後にもかかわらず、迷い無く助けましたよね。
一瞬でも迷っていたら、ルルは助かっていなかったと思います。

> そしてその信じたい思いあってこそ、
> 最後の蜃気楼で、本当の意味で二人向き合う事が出来た。

それはあの一年がどちらにとっても真実だったからなのではと思っています。
だから、今がどうであれ、ルルの根っこの優しさだけは全く疑う事が無かったと思いますv-406
たとえ記憶が戻って嫌われても、殺されようとしたとしても、それでも大好きだったんだろうなぁ・・・。


> ある意味シャーリーもカレンも、
> 生きていたり、最後まで仲間の立場に立っていたならば
> ルルーシュのゼロレクイエムは理解してくれると思ってます。
> あれは大人の意見ですから。
> そしてカレンもシャーリーも良くも悪くも社会を見れる位は大人でした。

そうですね。
葛藤はあると思うけど、7話で責任を取ることをゼロに求めていたカレン、マオの時一緒に死んで罪を償わそうとしたシャーリー。
ルルのしでかした事の大きさは許されるレベルではなく、そのためにルルが苦しみ続けるのであれば計画は受容できたと思います。

> それでも、ロロだけは絶対理解できないんだろうなあと思います。

どんなにルルが罪深かろうが、苦しもうが、それでも大好きで大好きで側に居てくれないと生きていけないコだと思います。
そして、どん底から希望を与えてもらったロロだから、何とかルルを幸せにしようと懸命になると思います。

> 子供のころ、銀河鉄道の夜で
> カムパネルラが死んでザネリが生きている事が嫌でした。
> ザネリが憎かったです。
> 私がそう思った気持ちなんて豆粒みたいなものだけれど、

カムパネルラは唯一優しいコだったのに・・・。
切ないですよね・・・。
世の中の矛盾を感じますよね。

> ロロはきっと、ルルーシュが死ぬのが嫌で理解してくれなかったと思います。
> そしてだからこそ、ルルーシュにとってはロロは必要だった気がします。
> 自分が嫌いで自分に価値がないと信じて込んでいるルルには
> 自分を全肯定してくれるロロの存在が
> 一番幸せを繋いでいたような気がしてならないです。

あれこそ盲目な身内の愛だったと思います。
親に心から愛されてこず、わずか10歳で体が不自由なナナリーを守るために生きて来たルル。
ただひたすらに、無条件に愛を注いでくれる相手こそが本当の意味でルルに人間らしい愛を教えてくれると思います。


>
> 何よりスザクと和解できたのが良かったです。
> 正直あれだけスザクには拘ってたルルなので
> 罪科関係なくスザクと向き合えれば
> 他には何も要らないじゃないでしょうか(苦笑)。

スザクは幸せの象徴だったみたいですからね。
ただ、もう相手は月日を経て昔のスザクではなくなっているのに、それでも夢見てしまうほど、過酷な世界に心閉ざして生きていたような気がします。

> コーネリアやスザクとルルが和解して
> 一番喜ぶのはきっと天国のユフィでしょうね…。
> 自分のせいで好きな人達が憎み合ってるのをみるのは
> 穏やかで優しい彼女にとっては一番悲しかったと思います。

ユフィは本当に天使でしたね。スザクが魅かれ、ルルが自分の計画を曲げ、『負けた』と笑顔で言えてしまうほどの純粋で強い優しいコでした。
ルルと逆でどんな事があっても人の良い面を信じ、優しさを注げるコでした。
ナナリー同様、コーネリアが彼女をどれ程大切に愛を注いできたかわかります。

そんな彼女にとって一番つらいのはルルがコーネリアやスザクに恨まれる事でしょうね。
あ・・・おじいちゃん、いつもより早くきたみたい。続きは後で・・・

よし!新聞タイムに入ったのでほかの家族が起きてこないうちに・・・。

>
> マリアンヌ様の番外編、凄いなあと思いました。
> 小説であれだけショックを受けられてたのに
> こういう解釈もできるんだなあと思いました。
> 私はTVしかみてない状態で彼女を辟易してしまったのですが

いえ、私もあまりの酷さにビックリしましたよv-356
TVもそうでしたけど、小説はさらにド外道でv-356

> 本当に最後はこんな風に反省してくれたら
> 次に生まれ変わった時に今度こそ皆が
> あこがれたような素敵な人になれそうですよね。

一応ルルの母なので、(視聴者の)目に見える部分では外道でしたが、そうなるまでの過程にはそれなりの事があり、目に見えない部分では優しさもあったと思いたいです。

魔王ルル、魔女C.C、死神スザク・ロロ・・・皆本当はやさしすぎるぐらい優しい人たちでしたから、マリアンヌ様も本当は優しかったと信じたいですv-356
>
> 予想外にコメディが載ってて嬉しかったです♪
> 久々の駄目ルル楽しかったです(笑)。
> 基本的に馬鹿兄は大好きなものですから
> こちらのルルにはいつも癒されてました(笑)。

兄馬鹿バンザイ!!
ルルの一番人間らしい部分ですよね♪
最後はウチらしくコメディで!!と思ってました☆

> しかし玉城、ロロだけじゃなくて
> ルルにも何かもられてたんですね(苦笑)。

そ~なんですよ~v-356

> さぞかし調子が悪かったことでしょう。気の毒に。

まさかキョウダイ別々が毒?盛ってるなんてねv-356

> 「隊長はカレンだ!!君しか居ない!!!!!」の
> 言葉にきっと感激しただろうカレンは
> まさか玉城とロロを離したいがために
> 任命されてるとは夢にも思ってないですよね(笑)。
> 何かカレン可哀想(^^;。

そうですよね~v-356

> 思えばアニメでもカレンからのフラグをルルは
> 悉くたたき折ってた気が(^^;。

折ってましたv-356
もうことごとくっv-356
・・・だからもてるのに彼女できないのね~v-356

> まあシスコン、ブラコンの朴念仁だから仕方ないですね(^^;。
> シャーリーも苦労しそうです(苦笑)。

一応頭の中ではあと7年ぐらい経ってシャーリーと結婚♪と思ってます。
でも苦労しそう・・・。

> こちらも最後はしっとりと終わってよかったです。
> やっぱり、みんな幸せで終わるのが一番です。

あのコメント、美咲さんだったんじゃないかな?と思っています。
違ってたらすみませんv-356
すごく感銘を受けました!!!

> 本当は死んで償うより、生きて償う方が大変なはずですし、
> 回りが許してくれた以上、もう死んで償う道は逃げでしかない。
> だからある意味一番過酷な道を
> 幸せに頑張って生きてほしいなあと思います。

私もそう思います。
そして、死んだらそこで終わりだけれど、生きていたらまだ出来る事は色々あると思います。
その中にルルの幸せもあると思います。
>
> ギアス続編公開されるかもなんですね☆
> …次回こそ鬱エンドは回避されるのかしら…。ドキドキ(><)
> もし放送されるならやっぱり見たいなあと思います(^^)。

未確認情報ですが、終って随分経つのにこの人気ですものね。
でもお金になるから・・・と作られたらたまりませんが、スタッフが同じなら期待を裏切らないと思います。
そこにロロ達が居ないと思いますので寂しいですが・・・。

> こちらで感想公開されるなら是非とも拝見したいなあと思ってますので
> 又お話して下さるととても嬉しいです(^^)。

はい!
もし本当に続編があるなら楽しみです♪
今は時間が無い上、気持ちをあちこちに振り向けないといけないのでSSを書く事は出来ませんが、感想ぐらいなら・・・♪
またビッグローブで公開してくれるといいな☆

>
> ご同居は和やかに進んでいるようで本当に良かったです(^^)。

何か、おじいちゃんがそこに常に転がっている状態に慣れました♪

> お子様も色々大変な時期ですし、無理せず頑張ってくださいね。

はい♪
先週主人が退院してきたのですが、今週再入院になりそうなので私が倒れたら終わりです・・・v-356
う~ん、今年も病院とのご縁が切れないのかv-12


> 記憶では昨年7月頭あたりからずっと遊びに来させていただいて毎週楽しみにしてましたので凄くさみしいなあと思います。

私も寂しいです~v-356
お話を考えるのはワクワクしました。
そしてそれ以上にこうしてコメントをいただき語っていただける事が何より嬉しかったです!!!

> 兄弟愛や友情が大好きなものでこちらの仲良し
> ルルロロは毎回みてて楽しかったです(^^)。

ありがとうございます♪
私も兄弟愛や友情が大好きです♪

> 放送中はず~と、生き残って幸せになってほしいとか
> 歴代のこういう経歴のキャラって必ず最後は幸せになったので
> 最後はきっと…とずっと思ってたので19話はショックでしたが、
> UTさんのおかげで元気が出たのを覚えています。

私もギアスの幸せなラストを望んでいたのでショックでしたv-356
SSを書き続けることで気持ちの整理をつけていました~v-356
そして美咲さんの深いコメントにいつもなるほどなぁ・・と思ったり、感銘を受けたりしました。

> 更新休止されるのは寂しいですがUTさんだと
> 確かに無茶苦茶無理しそうなのでそちらの方が良いのかもしれないですよね…。

どうも気付かず無茶しちゃうようですv-356
今までなら2~3日調子が悪いぐらいなら子供に何か買ってきてもらえるさ♪とも思ったけど、今は糖尿病食を3食計算して作らないとじいちゃんの命にかかわるし旦那も調子悪いしねv-356

> もし、何か更新されたら是非とも読みたいなあと思いますので
> 非公開コメントに例の件と一緒に後でコメント残しますね☆。

ありがとうございました!!
確認しました!!!
美咲さんのサイトには引き続き遊びに行きますのでかまってやっていただけると嬉しいです♪

>
> ではでは!段々暑くなってきたので
> 体調に気を付けて頑張ってくださいね(^^)。

はい、ありがとうございます!!!
今までのコメントを含め、一生の宝物とさせていただきます!!!

本当にありがとうございました!!!
2009/07/04(Sat) 06:55 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
Re: お疲れ様でした。
> こんにちわ
> 一年間お疲れ様でした。

おはようございます。
1年間、お付き合いいただき、本当にありがとうございました♪
ものすごく楽しかったです!!!!!

> 思えばUT様、倒れたり入院したり半同居したりと怒涛の一年でしたね。

そうなんですよ~v-356
いえ、忙しいのはずっとなんでむしろ忙しい方が好きなぐらいですが、義父母や自分の不調が原因で忙しいというのははじめてですので、そんな年でも楽しみを持って過ごせたのはギアスを通じて知り合えたリンさんや皆様のお陰だと思っています♪
本当にありがとうございます!!!

> いつ見ても楽しく、ちょっぴりせつなく読ませていただけるUT様のブログは安心して見せていただけるので本当に癒しでした。

自分の娘にばれて許されるギリギリの範囲で書いたのですが、制約をかけた範囲でも色々SSを書けるんだな・・・と、いい体験をさせてもらったと思います。
今後何年かしてふ・・・と暇になったら、またこのノリで書いてみたいです。
ギアスは過酷過ぎて幸せSSしか書きたくなくなりましたv-356
りんさんのSSも色々ありながらもラブラブなので凄く楽しく読んでいます。
これからのご活躍も楽しみにしています♪

>
> ルルーシュ視点のコメディも読ませていただきまして、あの玉城の世話をやいているロロ。それを見てジェラシーストームなルル。
> すごく面白かったですww

このお話もりんさんのコメントから生まれたお話です♪
いつもあ、こんなの書いてみたいなあ・・・とすごく思える楽しいコメントをありがとうございます。
ウチのSSの3割ぐらいはりんさんのコメントから生まれています♪
ありがとうございます!!!
>
> 最終話のコーネリア様のユフィの姉妹の「こうあるべき姉妹の姿」に感銘を受けるルル。
> でもそれ絶対異常だから!

もの心つく前に刷り込まれちゃったのねv-356

> 誰かツッコミ入れてやってよと思ったらマリー
> 様「これがただしい姉妹の姿」とか言ってるし。
> マリー様、絶対ルルに嘘教えて楽しんでいる・・・。

マリー様、小説版ではルルナナリーで子供を作らせたいアブナイ人でしたv-356
何か間違いでもあれば大喜びしそうですv-356
でもこちらのSSでは単純に騙して喜んでいるだけです♪
子供を騙すのって(罪の無い嘘なら)楽しいですよ☆

> 変な所では疑り深いルルなのにどーしてそういう事は信じるかな。
> でも楽しいからいいケド。

ルルにも素直で姉や母のいう事は素直に信じる子供時代がきっとあったのね~v-356

> UT様がコーネリア様とユフィちゃんはお風呂も一緒寝るときも一緒とか書かれたので、思わずあの二人をCPして百合小説とか書きたくなったです。
> あぶないあぶない。

あはは。あの二人は確かに百合っぽい!!
コーネリアが(とってもきわどい)水着に着替えるのを手伝うイラドラがあったし、とっても百合っぽく浜辺で寄り添う公式イラストがありましたv-356←腐目で見なくてもあれは・・・。
>
> ギアス続編もあるとのこと!
> UT様が書かれていてはじめて知りました!
> そっか、続編あるんだ。
> あるならやっぱり見たいです。

私もRUI様情報で初めて知りました!!
でも、公式サイトにはまだ載っていませんので本当のところは分かりませんが・・・。
DVDやCDがめちゃくちゃ売れたのでスポンサーからも押されたのかな?
もちろん見ますが、あのラストをやっと受け入れたのでオカシナ感じにならない話希望ですv-356
>
> そして、たまに何か更新されるかもとの事、私にもぜひともお知らせいただきたいです。
> 飛んできます!

ありがとうございます!!!
書きたい・・・と言う気持ちはあるのですが、つい睡眠時間を削ってしまうので・・・。
たま~~~になら書けるかも?

>
> 一年間楽しませていただいてありがとうございます。
> 休止とのことですが、もし更新されるのでしたら、UT様の出来るペースでゆっくりとリアルに響かないように更新していただきたいです。

こちらこそ本当に楽しませていただきました!!
何か、考え方が他人とは思えなかったですv-343
思えば初期からのお付き合いですね♪
色々教えて下ったことも忘れられません。
すごくすごく楽しかったです!!!!

> 半同居もお嬢様の受験もがんばってくださいね。

ハイ♪
娘の受験の方は希望校の倍率が30倍なのでえ・・・今頃から・・・遅いよ・・・と思ったのですがまぁ本人がやりたいなら手伝おうと思います。
学校の成績は良いし、ソロバンも暗算なら1級の腕前ですが、受験となるとかなりひねった問題が出るのでそれなりのテクニックを覚えなきゃだしv-356
多分落ちると思うけどあがいてみますv-356

>
> お疲れ様です!

ありがとうございます!!!!
いただいたコメントは一生の宝物とします!!!!
2009/07/05(Sun) 05:35 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
Re: お疲れ様です(・ω・)
> こんにちは、(*_*)です。
> 最終話読ませて頂きました。

おはようございます♪
コメントのお返事遅くなってすみませんv-356
>
> 最初 読んでる時に、私もルルと同じく「えっ…ロロ?!?」とあわあわしてしまいましたww
> 生きててくれて良かった!!

うん♪
このまま身代わりに・・と言うのもロロならやりそうだけど、やっぱり皆生きてて幸せになるのが私の望みです♪
ウチのロロも最初は死ぬ気でしたが皆の協力でお芝居で済ますことが出来たという裏話が実はあったりしますv-356
>
> タネ明かしの瞬間がすごくみんな幸せそうで…(今回もジェレミアは演技派でしたね^^)

TVジェレミア、(老獪な?)V,Vを騙しきった時点で「おお!!この日とは演技派だっ!!」と私の中にインプットされてしまいました☆
中々たいしたものです。決める所は決める男ジェレミア!!!

> コーネリアやスザクが一緒にそばで笑っていたのが何とも言えず嬉しかったです。
> みんな幸せになってくれて本当に良かった。

ルルを一番憎んでいたのはこの二人でしたものねv-406
本編ではスザクとは和解出来ましたが、友達に戻れたというよりスザクが目的のため共犯者となる事を承知した・・・と言う風に見えましたし、残されたスザクも一生の罪をまた抱えたような気がします。
コー様とスザクとまた仲良しになってほしいいという願望を込めて書きました。

> マリアンヌ&ジェレミアのお話、最高です!!

良かったです!!
このお話は実は(*_*) 様にいただいた「何でジェレミアがマリアンヌにあこがれたのかわからない・・・。」というコメントから生まれました。
・・・実は私にも全く気持ちがわからなかったけど、ルルがそうであったように、マリアンヌ様にも何か事情があったと・・・本当は良い人であったと・・・ジェレミアやルル、コーネリアがあこがれた人の片鱗を残した人として書いてみたくて考えました。
時間の無い中、ざっと書いちゃったのですが、楽しんでいただけたら嬉しいです♪

>
> U.T様のSSを読むとき、私はいっつもその場にいるような気持ちになっていました。
> すごく あったかくて。本当に、この人達が周りにいたらいいな…って いつも思ってました。
> U.T様のSSを読むと すごく幸せな気分になれました。素敵なSSをありがとうございます。

そう思っていただけて本当に嬉しいです♪
あっと驚くようなお話でなくても、何となく優しさが残るお話を・・・というのを心がけてきましたので本当に嬉しいです。
シャ-リー・ロロの死、あのラストが衝撃で、悲劇はもう書きたくないな・・・と思ってしまいましたv-356
>
>
> いつも見ていたこのサイトが休止にはいってしまうのはとても寂しいですが、そんな時はここのSSを読み返して元気になろうと思います^^

サイト自体はずっと残すつもりなのでそういっていただけて嬉しいです♪
今度は応援する側に力を注いでいこうと思ってます☆
(*_*) のサイト、いつも楽しみにしています!!
例のイラスト、拝見させていただきました。
とっても嬉しくてついホロリ・・・でしたv-356
本当にありがとうございます!!!!!
>
> 同居やお子様の中学受験、バイト…なにもわかってない私が言うのもなんですが、本当に大変だと思います。

いえ、それはそれで大変なりに大丈夫ですよ♪
同居はビックリする事ばかりですが、子供らが小さい頃に感じた「えっ・・・v-12」でもクスっと楽しい事をよくやらかしてくれるネタ一杯のじいちゃんです。
いつか時間が出来てまたSSをかけるようになったときにも(ネタ的に)美味しい感じです♪

受験は私は高校受験メインで勧めて来たので落ちても(私は)平気なので気楽に勧めていこうと思います。
頑張った経験はもし落ちたとしても子供が生きていく上の力となると思っていますのでそれはそれで成長していく姿を見、手伝えるのは親としての楽しみの一つでもあります。
私の座右の銘は「泣いて過ごしても一生、笑って過ごしても一生」ですので、笑って過ごして見せますよ♪

> 体だけは、大事になさってくださいね。

ありがとうございます!!
100まで生きる気ですので大切にさせて頂きます♪
(*_*) 様も無理しないようにネ!!
>
>
> もしまた何か更新された時は、ぜひ教えていただきたいです。ギアス 続編の話はびっくり(◎o◎)もしそうなら嬉しいなあ…ドキドキ。感想書かれたら見に行きますね!!

まだ公式HPに出ていないのですが、何処かのアニメ誌に載ったのでしょうか?
R2の感動が壊れない形だと嬉しいです!
やるとしても主人公交代のような気がしますが、あのスピード感が大好きなので本当ならやっぱり見たいです!!

>
>
> 最後に、いつも支離滅裂な私のコメントにあたたかくお返事してくださって本当にありがとうございました。

こちらこそありがとうございました♪
もしかして今回もコメント下さるかな・・・と内心とってもとっても楽しみに待っていました!!!
いただいたコメントは一生の宝物とさせていただきます!!!!!

> 本当にお疲れ様でした!!U.T様大好き(*^o^*)

私も(*_*) 様大好きです!!!
今後も遊びに行かせてくださいね♪
本当にありがとうございました!!!!!
2009/07/05(Sun) 06:10 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
お疲れ様でした☆(涙)
お疲れ様でした~(涙)
休止はとても残念で寂しいですが、一年近く、UTさんの小説を読ませて頂きとても幸せでしたし、癒されておりました!ルルやロロが、とても上手に書かれていて凄いな!と思っておりました。それに、凄く作品が好きなんだなーと伝わってくる愛情ある内容のサイト様で、小説ブログを読むのが楽しかったです。

最終回読ませて頂きました!
本編とは違うパラレルエンドですが、読みながら、、、このエンドだったらよかったのにな~(涙)と思いました。しようと思えば演技でも出来た事ですよね。ロロも生きていてルルも生きていてなんて幸せだろうと思いました。
それと、コメディルルも面白かったです。
玉城に嫉妬し色々考えるのが、可愛かったです。そうですよね~本当にロロかわゆいもの^^
ルルに大切にされているロロが凄くいいです!(嬉)
UTさんのコメディ小説も、主人公の心情がとても面白いです。

お忙しく休止ということですが、サイトは置かれたままということなので、
また遊びにこさせて頂きますが、休止から更新をしましたらよかったらお教えください^^
本当に、ギアス続編あればいいですね~~!!

たくさん、ロロ達についてお話しもして頂き、有難うございました。
私生活の方も応援しております。^^



2009/07/06(Mon) 23:23 | URL  | RUI #JalddpaA[ 編集]
Re: お疲れ様でした☆(涙)
> お疲れ様でした~(涙)

色々かまってくれてありがとうございます~!!!

> 休止はとても残念で寂しいですが、一年近く、UTさんの小説を読ませて頂きとても幸せでしたし、癒されておりました!

1年経つのは早いですねv-356
この1年は実生活が中々大変な年でしたが、ギアスや皆様との出会いにより楽しく過ごせました。
振り返っても大変だった・・・というよい貴重で楽しい1年!!という印象です。
ウチは休止ですが、RUY様の所にはこれからも遊びに行きますのでよろしくお願いいたします!!

ルルやロロが、とても上手に書かれていて凄いな!と思っておりました。それに、凄く作品が好きなんだなーと伝わってくる愛情ある内容のサイト様で、小説ブログを読むのが楽しかったです。

約10年以上ぶりに本当に好きになった作品でした♪
漫画で大好きだったデスノートでさえアニメは今だ1話もみてないのに・・・。
ただ本編は悲しくて、RUYさんや皆様との交流があったから乗り切れたような気がします。
ありがとうございました!!!!!

>
> 最終回読ませて頂きました!
> 本編とは違うパラレルエンドですが、読みながら、、、このエンドだったらよかったのにな~(涙)と思いました。しようと思えば演技でも出来た事ですよね。ロロも生きていてルルも生きていてなんて幸せだろうと思いました。

あのラストも数ヶ月経って受け入れましたが、ルルロロの生い立ちや頑張り・・・そしてどれほど優しい未来を望んでいたか知っているだけに、やっぱり生きていてほしかったな・・・と思います。
ただ、ルルの大切なロロ・シャーリー・ユフィが次々とギアスのせいで死んでしまったという悲しみや悔やみを抱えたまま生きるのは可哀相だし、逆にルルが死んでロロだけ生き残るという選択肢はきっと無かったでしょうねv-356

> それと、コメディルルも面白かったです。
> 玉城に嫉妬し色々考えるのが、可愛かったです。そうですよね~本当にロロかわゆいもの^^
> ルルに大切にされているロロが凄くいいです!(嬉)

ロロはかわゆいです~♪
玉城ごときに取られたら兄さんご乱心ですよねv-356
不幸な生い立ちのロロだから、存分にルルに可愛がられてほしいです♪

> UTさんのコメディ小説も、主人公の心情がとても面白いです。

そう言っていただければ嬉しいです♪

>
> お忙しく休止ということですが、サイトは置かれたままということなので、
> また遊びにこさせて頂きますが、休止から更新をしましたらよかったらお教えください^^

はい♪
今はリンク先サイト様やロロサイト様を早起きできた時だけ回るのが精一杯ですが、せめてルルロロ誕生日にぐらいは書いてみたいですv-356

> 本当に、ギアス続編あればいいですね~~!!

本当に!!!
・・・というか、R2の映画が出て欲しいナ・・・。
次回のDVD、語り手がシャーリー&ロロで泣けるDVDらしいとめかりん様から情報をいただきましたのでそれも楽しみです♪

ギアス続編情報はアニメ誌に載っていたのですか?
楽しみです♪♪♪

>
> たくさん、ロロ達についてお話しもして頂き、有難うございました。
> 私生活の方も応援しております。^^

一緒にロロを語れて嬉しかったです!!
RUYさまの美し~いルルロロも拝めて本当に幸せでした!!!!!
私生活、じいちゃんは遅ければ夜10時半、朝は6時半から来る事もあるので中々一人の時間が確保できませんがそれなりに楽しくやっています☆
昼寝して乗り切ります!!!!!

応援、本当に心強いです♪
これからもよろしくお願いいたします!!!
2009/07/08(Wed) 05:40 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。