FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
偽りだとしても(ルルーシュバージョン)
2009年03月14日 (土) | 編集 |
なあロロ。覚えているか?俺達がはじめてあった時の事を。

記憶を書き換えられていた俺はもちろんその時初めてお前に会ったなんて思っちゃいなかったが、父母の元に戻ったお前が帰ってくる日を一日千秋の思いで待っていた。

俺はお前の姿を久しぶりに見れて本当に嬉しかったよ。

あの時、「待った?」と言うお前に、「いいや。」と答えたけれど、本当は少しでも早くロロに会いたくて俺は4時間も前から待っていたんだ。

もしかしてロロも俺に早く会いたくて一便早く帰ってくるんじゃないかと、そう思って。



不思議なものだ。

お前は造られた記憶の中の存在のはずなのに、ゲートから出てきたお前を見て本当に愛しいと思った。

抱き寄せて、かすかに甘く香るお前の柔らかい髪を撫でながら、俺は腕の中に大切な者を取り戻したと思っていたんだ。

それからずっと俺とお前は一緒だった。





一緒に料理をした。

包丁は危ないので今まで持たせたことなど無かったけれど、お前は器用に使いこなしていつの間にか良い香りの、美味しい料理を作ってくれるようになっていた。


一緒に猫の世話をした。

雨に濡れて鳴いている子猫が何故かロロに見えて、寮では飼えないのを承知で連れて帰った。
子猫は、ロロによくなついたが、それが不思議だと言うように首をかしげる様が可愛らしかった。

寮はペットの飼育を禁じられているから、結局よその家に貰われていったけど、寂しくなって二日ほどロロと一緒に落ち込んだっけ。



ロロの勉強を見てやった。

しばらく帰国してたせいですっかり勉強が遅れてしまっていたが、元々頭がいいのであっという間に他のやつらに追いつき追い越した。


一緒に掃除をしたり、洗濯物を干したり、あてもなく散歩したり・・・俺達は本当の兄弟のように過ごした。

だからなんだろう。

記憶が戻ってもあいつの事が弟のように思えて仕方がなかったのは。

頭ではわかっていた。

あいつは偽物。俺を1年にわたって騙し続けた憎むべき偽者。

ナナリーの居場所を奪い、他人には決して見せまいと守って来た俺の仮面の内側を勝手に覗き見た憎むべき敵。

ボロ雑巾のように使って殺そう。

そこまで思い詰めたのはきっと、愛情の裏返しだったのだと思う。

ロロだったから・・・俺を騙したのが誰よりも何よりも信じたロロだったから、俺はロロを憎むことでしか、気持ちを処理できなかった。


それでも時々出てしまう、お前を弟として愛しく思う気持ち。
苛立たしく思いながらも目はお前を追っていた。

だってお前は何も変わらなかったから。

偽物の兄なのに。

憎まれてるかもしれないのに。

まっすぐな瞳を向けて嬉しそうな微笑を浮かべていつも振り返った。

ロロは俺の言う事なら何でも聞いた。

ほんの些細な、お情けで与えたような優しさもロロはさも大切そうに両手で受け取って抱きしめた。


どうしてお前が本当の弟ではないのだろう。

母さんやナナリーと同じ、ふわふわな髪。

俺と同じ紫の瞳。

そしてなにより、こんなにも慕ってくれているのに。



一緒に日々を過ごすうちに憎しみは段々と薄らぎ、俺はロロが本当の弟であるような錯覚に陥入る事が多くなった。
実際ロロは可愛い弟だった。
何も知らず信じていた頃と同じ・・・いや、それ以上の。

無邪気に・・・無防備に向けてくる瞳にギアスをかけることも、この頃なら簡単だったろう。
でも俺にはかけられなかった。

ナイトメアを操る腕の良さを知っていても、決して戦いに行かせなかった。

俺の秘密を守るためにロロは機情の人間を俺の目の前で殺した事もあったが、俺はそれが酷く悲しくて、以来、決してそんな事をしないよう、きつく言い聞かせた。

・・・どうしてこんな事をしているんだろう。

奴は偽物なのに。

取り込まれてはいけない。そう思う心とは裏腹に、俺は偽物の記憶とは別人格のロロにもどんどん惹かれていった。

柔らかい髪に触れるたび、その想いが心に染込んでいった。

もうどんなに洗っても取れないぐらい、それは俺の心の奥底に入り込んだ。



この時間が永遠であればいい。

たわいないお喋りを繰り返すこの時間が。


この時間が永遠であればいい。

ロロの幼い瞳が俺を嬉しそうに見上げてくれる時間が。

全てを許したわけではないけれど、俺はロロを偽物と認識しつつも儚い夢を見た。


例えこの瞬間が偽りであったとしても、重ね、連ねていけば、いつか本物になるのではないか。

そう、ナナリーを取り戻したら、ロロを本当の弟にしてやって、兄弟三人仲良く幸せに暮らすのだ。

たとえ血が繋がっていなくてもいつか嘘は真実となり、お前を憎んだことなど笑い話の一つにでもなってしまうだろう。

そんな夢を見た。


失いたくなかった。道具になどしたくなかった。
いつも俺の側で微笑んでくれるお前を。



しかし、そんな儚い夢はシャーリーの死と共に幕を下ろした。

彼女を殺したのは俺だ。

偽物の弟なんかを愛して側に置いたから、シャーリーは死んでしまった。

奴は弟などではなく、命の価値も知らない汚れた暗殺者だと俺は知っていたのに。

フラッシュバックするあの光景。

俺に手を差し伸べてくれたふわふわの髪の少女が眼を見開き、俺の名を小さく呼ぶ。

「ルルーシュ・・・どうして?」

スローモーションを見るように血まみれの彼女が倒れていく。

優しい、優しい、優しい少女。俺の初恋。

およそ武器など似合わない、砂糖菓子で出来たような少女。

倒れながらもわずかに俺に向かって手を伸ばした。

ギアスの・・・俺のせいで、虐殺皇女の汚名を浴び、何故自分が死なねばならないのか、そのわけすら知る事も無く白い翼を散らせ、無残に死んでいった。

また失うのか、俺は。

絶叫した。何もかも恨んだ。

ロロの生い立ちを考えればこれは彼の罪ではなかったのかもしれない。
でも恨まずにはいられなかったんだ。




今思うと、恨んで恨んで恨みぬいたあの時でさえ、お前は確かに俺の弟だった。
それはお前が俺の目の前に現れたあの日からずっと。
お前を亡くした今でさえ。



なあロロ。

覚えているか?

俺は忘れない。

お前と過ごしたひと時。

それはほんのひと時の幻。

偽りの魔法の時間だったのかもしれないけど、

俺にとっても永遠にも等しい、かけがえの無い時間だったんだ。


・・・・・・だから、お前が大事にしていたこのロケットと共に持って行け。

あの日々の真実を。幸せを。


俺はお前まで失って、もう2度と幸せにはなれないけれど、それでもお前の事を想い続けるよ。

俺にくれた輝くように幸せだった日々を抱きしめて黄泉路への道を粛々と行くけれど、全ての罪を償って、胸を張ってお前に会う日を楽しみにしているんだ。



・・・あれから・・・お前を失って随分経った。

お前と過ごした日々は昨日のように鮮明に思い出せるのに、俺は日々を当たり前のように生きている。それが凄く不思議だ。

悲しいことがあっても涙すら出ない。心から笑うことも無い。それがつらいと感じる事さえなくなった。

でもいいんだ。

今、俺には一つの計画がある。

名はゼロレクイエム。中々いい名だろう。

それが完成する時、この世から憎しみの連鎖はなくなり、世界は話し合いのテーブルに付く。
お前や俺のような子供は、もう生まれない・・・とまでは言えないまでも、極々少なくはなるだろう。

俺がこの時代に生きた意味も終る。


俺の胸を英雄ゼロが貫く時、鎮魂歌が聞こえるといいな。それは優しいお前の声だったらいいと思う。

愛しているよ、ロロ。

死んでしまっても永遠に・・・。




End




ルルにとってもあの時間は魔法にかかったようなかけがえのない時間だったと思います。
記憶を失っている間は、母親が惨殺された事も、父親に捨てられた事も、妹の体が不自由になってしまった事も、身分や名前を隠して父に見つかる事を恐れていた事もすべて忘れて、ロロと幸せに暮らしていたもの。

私は、ルルーシュはナナリーが体が不自由であった事に対して負い目を持っているんじゃないかな~と思っています。長男気質だからね。

母が死に、妹は目と足を失った。
なのに自分は無傷。二人を守る事も出来なかった。
ルルーシュの異常なまでのブラコンはここからきているんじゃないかな。
失いすぎた彼はもう何一つ失いたくないと思っていたのでしょうね。

ナナリーやロロに与えてきた優しさも、本当は自分が受け取りたかった優しさだと思います。
せめてナナリーを幸せにする事で、幸せの欠片を取り戻したかったのだと。
二人を思う気持ちはもちろん本物ですけどね。

ロロはナナリーと違って体が不自由でもなく、男だったから、実はルルーシュも甘やかしているつもりで実は逆にロロに甘やかされ、依存していたように思います。

ロロと暮らすのは楽で楽しかったろうな・・・。

ロロが何度も言っていた、

「駄目だよ、兄さん。」

と言う言葉が忘れられません。
ナナリーには言い返せなかったルルだけど、ロロにはそうじゃなかった。
駄目だよと言われても全然聞いちゃいなかった。

それはナナリーより愛情が無かったということではなくて、本当に心の枷無く、ロロを純粋に兄弟として信頼し、愛し、我侭を言えてたんだ・・・とUTは思っています。

記憶が戻った直後、ロロはルルーシュに「嘘をついたら殺すだけ。」と言っていた。
・・・でも彼は結局、「兄さんは嘘つきだから・・・。」という言葉とともに、何一つうらむ事も無く、ルルを守れた事に満足しきって死んでいきました。

あれは凄いな・・・と思います。
最後まで泣かせてくれる健気な子でした。


ただ、ロ路はルルーシュのことをよくわかっていたけど、ルルーシュはロロの事をわかっていなかったような気がします。
ロロを大切に思ってくれるのはいいんだけど、ロロはただ、ルルーシュの幸せだけを望んでいたのにね。
ただ、リグレットのロロの台詞を見ると、本当にルルーシュの気持ちを大切にしていて泣けました。
ぼろ雑巾にしなくて良かったね、ルル。ロロは世界一の弟だよ!!



次回更新ですが、早くても2週間後になると思います。
春休みに入っちゃうし、お里にも1週間ぐらい帰る予定です。

今後もばたばたするので6月ぐらいまでに休止しようかと思っていたのですけど、月1更新になっても来て下さると言うありがたいコメントを頂いたのでとりあえずそれでやってみようかな?
僕湖を書き終えて安心したら、実は少し気が抜けちゃい、1作書くのにやたら時間がかかるようになったのも休止に気持ちが傾いた一因なのですが(書くのに時間が取られると、読みに行ける時間が少なくなってしまうので)でも、ロロが大大大好き!!な気持ち、ロロをSSの中だけでも幸せにしたい気持ちには変わりありません。
半年も前に終わったアニメのSSを月一更新でも待ってくれるというなら書いていきたいです

同居になったら月1も難しくなるかもしれないけど、お義父さんの心が揺れている状態なので今の時点でははっきりとはわかりませんし、その時考えればいいやっ!!

現在義父はまた熱が下がらなくなって入院期間も再延長決定です。
一年前まで屋根に上って修理までしていたお父さんなのに、やっぱりお義母さんの存在は大きかったんでしょうね。さびしそうだったし。
大好きなお義父さんなのでまた元気になって欲しいです


読んでくださった皆様、拍手。コメントくださった皆様、ありがとうございます!!
おかげさまで何とかブログも続いています!

返信はこちらから↓

12日にWEB拍手にコメント頂いていたのに気づかず、前回お返事出来なくてすみません






こんにちわ♪お名前の無い方。
コメントありがとうございます。
最近、身内の体調の事でへこむ事が多かったのでコメントすごく嬉しいです!!

>こんにちはー以前何回かコメしたものですー(・∀・)

あの方かな~?
文体と絵文字の使い方に覚えがあります☆

>合コンパニック 面白かったです!!ランペルージ兄弟の報われなさには泣けるものがありますね(´∀`)ww
うちのSSで報われる日は来るのでしょうか!?
面白く読んでいただけたようでとっても嬉しいです!!

番外編…ルルとロロが何気に同じ様な事考えててさすが兄弟!!と思いました!!そして キスしちゃった後のロロの反応がかわいすぎて萌えましたvV
そりゃ 兄さん手放したくなくなるよ!!

ロロは異常にカワユイものね!!
手放すなんて考えられないでしょうね。
私もあんな弟欲しいです~!!!


そして ナナリーすごく良い子(´・ω・`)ナナリーならロロと素敵なカップルになれる気がします!!かわいいし女の子らしいしVv

ね。実はロロナナ、ルルシャリエンドを放映中は期待してたのですが、4人のうちナナリーしか生き残ってなくてが~ん・・・でした。
いえ、皆生きてる事にしておきましょう!!うちのSSでは!!(と言いつつ今回、前回、とても暗いけど

>そういえばナナリー版 読んでて「そうだった!!ヴィレッタ先生って美女なんだった!!」と思いましたww
いっつも ロロと同じ目線で読んでたのでおっさんなイメージが…ごめん先生(´∀`)ww
ほんとに すっごい楽しんで読みました☆

私も書いてるうちにおっさんなイメージが定着しちゃって、時々「は!!そう言えばヴィレッタはお色気フィギュアが出るほど美女だったんだ・・・」とたまに思います。
あのフィギュア、実は欲しいのですが、うちの環境では夢のまた夢です

>UT様の小説は大好きなので私は月1でも全然見に来たいです!!!!!!!(・ω・)個人的にはやめちゃうのとっても寂しいです。
ロロの絵ももっと見たいなーとか思ったり^^

そう言っていただけてとっても嬉しいです。書いているかいがあります。
読み専に戻ろうかな~・・・と結構気持ちが傾いていましたが、単純なのでそう言っていただけるともうちょっと頑張ろうかな~と言う気になります。

これから更新は遅くなっては行きますが名無し様や読んでくださる他の方々大好きなロロへの愛情を込めてまた次からも書いていこうと思います。

>応援してます!!
(なんか あつかましくてすみません(>_<)それでは失礼します!

あつかましいどころか、本当に本当に嬉しかったです!!
またコメントいただけると嬉しいなぁ(←TUの方がずっとあつかましいですね。)

名無しさんはロロサイトは持ってないのですか?
持っていたら絶対読みに行くのに!!
もしそうだったら教えてくださいね♪
ではまた☆


浅田りん様、コメントいつもありがとうございました~!!
とっても嬉しいです!!
コメント欄からお返事しています♪
コメント
この記事へのコメント
こんにちは(・∀・)
名無しです こんにちは(・∀・)ww
DVD7派生SS見ましたー

なんか すごい…ルルとロロ…2人への想いがあふれていて、読んでいたら涙が出てきてしまいました(ρ_<)゚。
2人が過ごした時は偽りなんかじゃない…本物の時間だったと思えます(・ω・)
゛例えこの瞬間が偽りであったとしても、重ね、連ねていけば、いつか本物になるのではないか。″
その通りだと思います。ロロにとってルルがかけがえのない兄だったように
ルルにとってもロロはかけがえのない弟だったと思います。ロロという存在によってルルはかなり救われてますよね(>_<)
本当に 良い兄弟です。

゛俺の胸を英雄ゼロが貫く時、鎮魂歌が聞こえるといいな。それは優しいお前の声だったらいいと思う。″
で本気ボロ泣きしました(´д`)私も優しいロロの歌が聴きたくなりました。
ロロイラストも すごく心動かされました。(・ω・)

ギアスでイラサイトやってはいるのですが残念ながらロロサイトではないんですー(; ;)ロロ可愛くて大好きなのですが純血派というロロからかけ離れた……;
なので溢れるロロ萌えをここで補充しているのでございます(>_<)ぁぅぁぅ

お義父様 早く元気になるといいですね(´・ω・`)これからも楽しみにしてます(^-^)

では 乱文失礼しました!!(実は私もあのヴィレッタフィギュア結構欲しかったりしましたww)
2009/03/14(Sat) 20:01 | URL  | (*_*) #-[ 編集]
憎もうと思いながらも憎みきれず、キライになろうと思いながらもキライになれなかった。
本当はロロのことを自分のもう一人の弟のように思っていたルル。
心のそこでは好きなのにキライになろうとして、すごく苦しんだのでしょうね。
もともと自分の心を隠して偽るのが特技みたいになってしまったルルで。でも弟として生活していたロロの不器用だけど一生懸命な所とか、ちょっとした平和な日常が大切だったのに。
ロロの生い立ちやロロの生き方はルルの選択に大きな影響を与えてそして、最後の最後にはやっぱり「大切な弟」としてルルのなかにあるんだなと思いました。
とても、ルルのおもいがつたわるお話でした。

UT様はリアル生活がとても大変そうですね。
もちろん私だって月1になっても見に来ます!
ナナリーとロロの珍デートも見てみたいですし。
このデート、掲載されるんですよね??



2009/03/14(Sat) 20:20 | URL  | 浅田リン #-[ 編集]
Re: こんにちは(・∀・)
こんにちわ♪
またコメント下さってとっても嬉しいです!!

> DVD7派生SS見ましたー
> なんか すごい…ルルとロロ…2人への想いがあふれていて、読んでいたら涙が出てきてしまいました(ρ_<)゚。

ルルもロロも不器用だけど、心の深いところでお互いを想いあっていたと思います。
DVD7は涙なくして見られませんでしたのでこういうお話になりましたv-356
でも今頃二人とも天国で幸せに寄り添っていますよね・・・!!

> 2人が過ごした時は偽りなんかじゃない…本物の時間だったと思えます(・ω・)
> ゛例えこの瞬間が偽りであったとしても、重ね、連ねていけば、いつか本物になるのではないか。″
> その通りだと思います。ロロにとってルルがかけがえのない兄だったように
> ルルにとってもロロはかけがえのない弟だったと思います。ロロという存在によってルルはかなり救われてますよね(>_<)
> 本当に 良い兄弟です。

あれはあれで本当の時間でもあったのだと思います。
作られた箱庭の中であってもそこから始まった想いは結局真実となったのだから・・・。
切ないながらも暖かい兄弟だったと思います。
本当は二人とも生きて罪を償い幸せになって欲しかったのですが・・・。
>
> ゛俺の胸を英雄ゼロが貫く時、鎮魂歌が聞こえるといいな。それは優しいお前の声だったらいいと思う。″
> で本気ボロ泣きしました(´д`)私も優しいロロの歌が聴きたくなりました。
> ロロイラストも すごく心動かされました。(・ω・)

レクイエム・・・誰が誰のために歌うのだろう・・・と考えて、この台詞となりました。
ロロがルルのために歌ってくれるといいな・・・例の歌のように。
いままで出たロロソングはすべて兄を想う優しい歌ばかり。

それに、ルルは自分が死んだ瞬間迎えてくれるのはロロだと確信していたと思います。
ルルはけっこうロロに甘えていたからね。
絶対笑顔で受け入れてくれると思っていると思います。
ロロも結局兄さんを優しく受け止めちゃうんだろうな・・・。
>
> ギアスでイラサイトやってはいるのですが残念ながらロロサイトではないんですー(; ;)ロロ可愛くて大好きなのですが純血派というロロからかけ離れた……;
> なので溢れるロロ萌えをここで補充しているのでございます(>_<)ぁぅぁぅ

純血派というと、ジェレミアサイトなのかしら?
ジェレミアも好きですよ♪
ロロ萌えをうちで補充してくださってありがとうございます♪
すごく嬉しいです☆
>
> お義父様 早く元気になるといいですね(´・ω・`)これからも楽しみにしてます(^-^)

お義父さん、熱が度台から下がらなくて・・・v-406
一時期順調に回復していただけにショックが大きいです。
数値もまた悪化しちゃって・・・。
1年前まで凄く元気だったのに。
ちょっとボケの兆候も出ているようなのでそれもショックです。

・・・でも、元気になってくれるといいなぁ・・・。
そう願わずにはいられません。
更新はゆっくりになりますが、また書いてみますね♪
>
> では 乱文失礼しました!!(実は私もあのヴィレッタフィギュア結構欲しかったりしましたww)

欲しかったですか!?
同類ですね!!!

ではまた。
本当にまたコメントしていただけて嬉しかったです♪
2009/03/15(Sun) 01:55 | URL  | U.T #L1ch7n1I[ 編集]
Re: タイトルなし
こんばんわ♪
役員会の打ち上げにラストまでいたらこの時間になっちゃいましたv-12
でも、このところのもやもやがけっこうすっきりしました!!

> 憎もうと思いながらも憎みきれず、キライになろうと思いながらもキライになれなかった。
> 本当はロロのことを自分のもう一人の弟のように思っていたルル。
> 心のそこでは好きなのにキライになろうとして、すごく苦しんだのでしょうね。

ルルは一度懐に入れてしまった人間を嫌いになる事は出来ないタイプ。
スザクに対しても、ナナリーに対しても。
・・・多分扇に対してさえ。
だから本心からロロを憎みきれたとはとても思えなくて。

> もともと自分の心を隠して偽るのが特技みたいになってしまったルルで。でも弟として生活していたロロの不器用だけど一生懸命な所とか、ちょっとした平和な日常が大切だったのに。

NTのルルがCの世界で見たとされている夢も、権力や武力の欠片も見えないロロやナナリーと暮らす優しい日常でした。
本当に大切だったのはそれだけだったんですよね。
そう思うと切ないです。

> ロロの生い立ちやロロの生き方はルルの選択に大きな影響を与えてそして、最後の最後にはやっぱり「大切な弟」としてルルのなかにあるんだなと思いました。
> とても、ルルのおもいがつたわるお話でした。

ルルの想いが伝わって嬉しいです。
小説版ではロロの想いは丸ごとカットされたようなので、実はその悔しさ?も込めて書きましたv-356
何でロロの最後、丸ごとカットなんでしょうね・・・。v-406

>
> UT様はリアル生活がとても大変そうですね。

比較的近くに住んでいる(それでも往復3時間かかる)義弟から毎日電話報告がありますが、熱が下がらなくて・・・。
現時点では命に別状ないのですが、ちょっとボケの兆候が出てきたみたいでそれもショックです。
1年前まで、本当にしっかりしていたのに・・・。
トイレも失敗する事が多くなってオムツに変えられちゃったし・・・。
春休みには私もお見舞いに行きますが、退院はまだまだかかりそうです。
UTの実家は実祖父母と同居だったので介護の大変さを目の当たりにしてきました。
あの愉快な母がノイローゼになって入院したほどです。
もちろん私も妹も会社が休みの時には交代しましたが、今度は私が主となって小学生の娘の世話をしながら出来るのだろうか・・・と、普段悩みはすぐ忘れるUTもびくびくです。
でもお義父さん好きなんですよね。
ありえないぐらい面白い人です。(本人はいたってまじめなのですが)
元気になってくれるといいなぁ・・・。

> もちろん私だって月1になっても見に来ます!
> ナナリーとロロの珍デートも見てみたいですし。
> このデート、掲載されるんですよね??

わ~い、本当ですか?
僕湖を書き終えた時点ぐらいから、何だか満足しちゃって、もうそろそろ終わろうかな~という気持ちに時々なっていたのですが、せっかく仲良くなった方々との交流がなくなるのが一番寂しくて実行はしませんでした。(相変わらずロロLOVEでもありますし)
それにPC絵描くの、とても楽しいし。
でも、現在やらなきゃいけないことが増えた上、睡眠時間を減らすとすぐ体調を壊すので、ちょっとゆっくりにしますねv-356
・・・で、その分読む時間に回して今のもやもやを解消して行こうと思っています。
りんさんのところのお話はとても楽しくラブラブで、読むととても楽しくなります♪
これからも楽しみにしています!!

次の更新はロロナナデートで考えてみますね♪
帰省中に妄想しておきますv-356

いつも色々ありがとう!!とっても嬉しいです!!!
ではまた♪

2009/03/15(Sun) 02:36 | URL  | U.T #L1ch7n1I[ 編集]
こんばんはー (*_*)です
昨日いっていた私のサイトです。私ばっかりUT様のサイト見まくってて自分の教えないの失礼かなと思ったので;(興味なかったらごめんなさい~)
http://m-pe.tv/u/?xg2ig2d4
ロロ語りとかは全然してないですが ロロのいるイラスト2枚くらいならあります;(しかも1枚はUT様の小説に触発されてかいた…という^^)
ジェレミアとかヴィレッタとかキューエルばかりですが(しかも下品な絵ばっかり;)もしよろしければどぞ(・∀・)

ではでは 失礼いたします(・∀・)
2009/03/15(Sun) 18:47 | URL  | (*_*) #-[ 編集]
Re: こんばんはー (*_*)です
こんにちわ♪

> 昨日いっていた私のサイトです。私ばっかりUT様のサイト見まくってて自分の教えないの失礼かなと思ったので;(興味なかったらごめんなさい~)

教えて下さってありがとうございます!!
多分ご存知だと思いますが、私は1期の頃からヴィレッタ大好き!!!で、R2途中でヴィレッタが裏切った時、ショックでその頃連載していた話を放りだしたほどでしたv-356

それでもやっぱりヴィレッタが好きで今に至ります。
ヴィレッタのSSやイラストもわりと時間が合った頃探しまくって、でも少ししか見つけられなくてとうとう禁断の男性向けサイトまで探しまくりましたよv-356


> ロロ語りとかは全然してないですが ロロのいるイラスト2枚くらいならあります;(しかも1枚はUT様の小説に触発されてかいた…という^^)
> ジェレミアとかヴィレッタとかキューエルばかりですが(しかも下品な絵ばっかり;)もしよろしければどぞ(・∀・)
>
さっき家事を終えてすぐ見に行かせてきました♪
美しくも色っぽいヴィレッタがたくさん拝めて超幸せになれました!!!
フィギュアを買って眺める事が出来ませんのでがっくりでしたが、これからはそちらのサイトを眺めてヴィレッタ萌えする事にいたします♪
別に下品じゃないですよ~。
これでもブランクが約10年あるとはいえ、その前10年は同人漬けでしたのでv-356
気にせずガンガンいってください☆
ロロも見ましたよ~!
嬉しいです!!
原作に近い美しい絵柄、とても好みです。これからの楽しみが増えました♪♪♪
2009/03/16(Mon) 10:57 | URL  | U.T #-[ 編集]
わわ♪二日連続更新すごいです★
なんかとっても嬉しかったですvv
実は某所でイラストドラマもみえました♪
…ロロはホントに色々わかってた上で
あの時間が幸せだったんだなあと思うと何かホントに切なかったです(泣)

>僕は、僕がギアスを授けられた時の事を覚えていない。
>でもきっと、留めておきたい何かがあったのだ。

思えば1話のロロのギアスの使い方は
まさしくそれでしたよね…。
結局その手は届かなかったけれど、
とっさにあの使い方をした事を考えると
ロロの力は愛情を繋ぎ止めておきたかった為に
生まれた力であってもおかしくないですよね…。
少なくとも、ロロ自身がそうして使っているのですから。
でも何かそう思うと凄くせつないです…。

>もしかしてロロも俺に早く会いたくて
>一便早く帰ってくるんじゃないかと、そう思って。

…四時間待ってたんですか(^^;。
当時のロロなら前の便に乗れる時間に飛行場についても
一本わざと遅らせそうですよね(^^;。

>一緒に日々を過ごすうちに憎しみは段々と薄らぎ、俺はロロが
>本当の弟であるような錯覚に陥入る事が多くなった。

中華連邦からラブパニックまでの一番希望に満ちてた時期を思い出しました。
…本当にあの頃のルルはそんな感じでしたよね。
ちゃんとラブパニックの時に心配してくれてましたし…。
「ああ、きっと最後はちゃんとわかりあえるんだ」と思ってた矢先に
よりによってシャーリーがロロに殺されて、
弟に「…もうギアスみるのやだ…。私の希望は全部なくなったよ…」と
愚痴ってたのを思い出しました(^^;。
あの時はロロの最後にあんなに力を入れてくれると思ってなかったですし
…やっぱり生きてほしかったなあと今でも思います。
でも1期から、このラストが決まってたのなら
…ロロはやっぱりルルの前に死ぬしかなかったんでしょうね…。
ロロは絶対、ゼロレクイエムは受け入れらないと思うから・・・。

私は一期はあんなにルルーシュに感情移入したのに
二期はシャーリーが死んで以降の
ルルの気持ちに乗り切れなくて苦労したのですが
UTさんは凄いルルの気持ち描けてて凄いなあと思います。
私はナナリーを大切にしていたルルに感情移入しやすかった反面、
ロロに関してはルルは心の奥で大事に思ってる気持は眠ってるけど
きっとそれが無自覚なんだろうなとロロが生きてた間は思ってたので
…そうおもってくれていたら本当に嬉しいなと思います。
UTさんのルルみてるとだから何か嬉しくなるんですよね(^^)。

>ロロを大切に思ってくれるのはいいんだけど、
>ロロはただ、ルルーシュの幸せだけを望んでいたのにね。

そうですね。
ただ、ロロが大事だったからこそ、
きっとルルはロロを憎んでた自分が嫌いで許せなかったんだろうなあと思います。
ナナリーも守れなかったと思いこんで、
遠ざけてまで守りたかったシャーリーも失って、
ロロには最後までまっすぐに愛情を向けられて、
やっと真っ直ぐに見えるようになれた矢先に失ってしまって
…何か今思ってもギアスの最後は本当に救いがなかったですよね…。
変な言い方ですけど、ナナリーが死んでたら
ホントにルルにはゼロレクイエムはハッピーエンドだった気がします。
天国でユフィにも謝れて、大切な人は殆ど皆天国にいて
スザクを皆で楽しく待ってればよかったのに
…なのに最後まで譲れなかったナナリーは天国にいないんだと
思うと本当に悲しいなあと思います…。

私もゼロレクイエムは、ルルやロロのような人間を
生まない為のものだと思えてならないです。
ルルなんて、溢れる才能を無駄使いして
マイホームパパやってるのが目に浮かぶような
せまい世界を大事にする優しい人間だったのが
こんなに色々間違っちゃったのは、
本当にただ、追い詰められてしまっただけなんですよね…。
人を愛する事が出来たロロも良くも悪くもルルそっくりでした。
ルルもロロも、愛する人さえいれば
それで満足して幸せな人間だったんですから。
ただ、それだけの事さえ守ることが困難だと思うほど
ただ不幸だっただけで…。
ナナリーの眼や足は、ずっとルル気にしてましたよね。
私もずっと負い目はあったんだろうなと思います。
守れなかったのはルルが悪いんじゃないんですけどね…。
やっぱり人は、守れなかったら後悔しますものね…。

>ロロだったら「ナナリーと結婚したらもれなく兄さんがついてくる」と
>言われたら大喜びしそうです。

絶対喜びますよねv。
で、晴れて一生弟でいさせてあげたかったんですv
ナナリーは人の善意を丸ごと信じられてそれを表に出せる子だったから
ロロの人をまっすぐ見えなくて警戒心が強い性格には
ある意味一番適してるような気がしてたので。

>ルルが弟妹離れできる可能性はシャーリーと結婚して
>5つ子とか生まれた場合だけでしょうか?

何かルルは子供と弟妹を均等にバランス良く愛せなそうな印象も(^^;。
子供に情が移れば、ロロナナに恨まれ
ロロナナから卒業できなければ、シャーリーにうらめしがられそうな気がします。
…自分の中のルルのイメージって何故か器用貧乏なんですよね(^^;。
ある意味一生けん命というか。
ゼロやってた時も学校疎かにしまくりでしたし(^^;。

お義父様大丈夫そうですか?
入院期間のびちゃったみたいで心配ですね…。
色々大変そうですが、無理しないで頑張ってくださいね(^^)。
かきたい時にかく感じでいいとおもいますよ♪
好きサイトさんはなくなるより年一更新でも
私は残ってほしかったりするので無理せず頑張って頂けると嬉しいですv。

ではでは★
里帰り楽しんできて下さいませ♪
2009/03/19(Thu) 00:21 | URL  | 紅柳美咲 #1TMwEJSY[ 編集]
Re: わわ♪二日連続更新すごいです★
おはようございます♪

> なんかとっても嬉しかったですvv

わ~い、そう言っていただけて嬉しいです♪
今回のロロ特典などのように原版があればああ、書きたいな~って気持ちになるのでわりと短時間でかけるんですよ。
・・・でもコレが正真正銘ロロものの最後らしく、これから書き続けるのは正直きびしいかもしれません。
かつて大好きだったアニメのことを今でも大好きなように、好きな気持ちだけは一杯あるのですが、なかなか文章になって出てこなくなりましたv-356
あれほど苦手だったPC絵の方が今は早いぐらいですよv-356
でもまあ、美咲さんにもアドバイスをいただき、気が楽になりましたので、ゆっくりと、時々更新していこうと思います♪
で、書きたくなったらまたがーっと書く時期が来るかもしれませんv-356

> 実は某所でイラストドラマもみえました♪
> …ロロはホントに色々わかってた上で
> あの時間が幸せだったんだなあと思うと何かホントに切なかったです(泣)

本当に・・・でも、切なかったけど、幸せだったと確信できてよかったです。
たとえ長生きできても、暗殺者のままであったなら、ロロが死んでもその死を悼む者など同僚の中にも居なかっただろうし、上司達にしても、便利なコマを一つ失った・・・ぐらいの気持ちしか持たないでしょうから、大好きな人を守って、その人に看取られ、素手で墓まで掘ってもらえたロロは幸せな子であったとも言えると思います。

音楽集でのC.Cの語りを聞きましたが(二コ動で)「ああ、ルルーシュは幸せである。」という、その言葉を聞いてすごく、ストーンと納得しました。
ロロもそうだったのだと思います。
>
> >僕は、僕がギアスを授けられた時の事を覚えていない。
> >でもきっと、留めておきたい何かがあったのだ。
>
> 思えば1話のロロのギアスの使い方は
> まさしくそれでしたよね…。
> 結局その手は届かなかったけれど、
> とっさにあの使い方をした事を考えると
> ロロの力は愛情を繋ぎ止めておきたかった為に
> 生まれた力であってもおかしくないですよね…。
> 少なくとも、ロロ自身がそうして使っているのですから。
> でも何かそう思うと凄くせつないです…。

ギアスの発動の仕方はその時持っていた願いに左右されるそうなので、こんなのもありかな・・・と思って書きました。
ロロは暗殺の仕事をしているうちに壊れてしまった(壊されてしまった)だけで、元々は情深く、優しい子だったのだろうと思います。
ただ、その力は暗殺向きと認定され、利用されたのだとしたら悲劇としか言いようが無いですね。
スザクとかだったらセシルさんの料理を食べても美味しいと思えるギアスなんかが開花すると面白いですね。
ロロも暗殺には全く役に立たない能力だったら良かったのに。
>
> >もしかしてロロも俺に早く会いたくて
> >一便早く帰ってくるんじゃないかと、そう思って。
>
> …四時間待ってたんですか(^^;。
> 当時のロロなら前の便に乗れる時間に飛行場についても
> 一本わざと遅らせそうですよね(^^;。
>
遅らせそうですねv-356
ロロに冷たくされている兄さんも見てみたかったけど、どうもあの映像を見る限り、出合った瞬間に篭絡されて(?)そうですねv-356


> >一緒に日々を過ごすうちに憎しみは段々と薄らぎ、俺はロロが
> >本当の弟であるような錯覚に陥入る事が多くなった。
>
> 中華連邦からラブパニックまでの一番希望に満ちてた時期を思い出しました。
> …本当にあの頃のルルはそんな感じでしたよね。
> ちゃんとラブパニックの時に心配してくれてましたし…。
> 「ああ、きっと最後はちゃんとわかりあえるんだ」と思ってた矢先に
> よりによってシャーリーがロロに殺されて、
> 弟に「…もうギアスみるのやだ…。私の希望は全部なくなったよ…」と
> 愚痴ってたのを思い出しました(^^;。

私もあの日は寝られなかったですよ。
ネットをさまよっては愚痴っていた気がします。
架空の物語が生きている人間にあれほどのダメージをもたらすのかと思ったら、凄く恐ろしく思えたほどです。
1期のラストがあまりにも悲劇だったからその反省と、日5であるという事を考慮して、ハッピーな方に行くと信じ込んでいた矢先にアレですもの・・・v-406


> あの時はロロの最後にあんなに力を入れてくれると思ってなかったですし
> …やっぱり生きてほしかったなあと今でも思います。
> でも1期から、このラストが決まってたのなら
> …ロロはやっぱりルルの前に死ぬしかなかったんでしょうね…。
> ロロは絶対、ゼロレクイエムは受け入れらないと思うから・・・。
>
もしロロが生きていたら絶対反対したでしょうね。
反対しても止められないと知ったなら、賛成したフリをして咲世子から兄さんマスクを奪い、ルルをどこかに閉じ込めて自分が身代わりに死んでルルーシュの願いはかなえる・・・ぐらいはやりそうです。
実はこういう話を書こうとした事もあったのですが、結末がハッピーにならないので止めましたv-356


> 私は一期はあんなにルルーシュに感情移入したのに
> 二期はシャーリーが死んで以降の
> ルルの気持ちに乗り切れなくて苦労したのですが

いや、私もそうですよ~!!
ルルの人でなし~!!!と思ってました。
でもやっぱり嫌いにはなれなかったんですよねv-356

> 私はナナリーを大切にしていたルルに感情移入しやすかった反面、
> ロロに関してはルルは心の奥で大事に思ってる気持は眠ってるけど
> きっとそれが無自覚なんだろうなとロロが生きてた間は思ってたので
> …そうおもってくれていたら本当に嬉しいなと思います。
> UTさんのルルみてるとだから何か嬉しくなるんですよね(^^)。

私もナナリーを大切にしているルルが大好きでした。
スザクの事もシャーリーの事もユフィの事も、ルルは本当に大切にしていました。
だからハラハラしながらもまだ安心できる部分があったけど、2期はルルの気持ちがはっきり出ない分つらかったですv-356
でも、番組が終ってかなり冷静になってから、ルルもロロも幸せだったんだと思えるようになりました。
終った直後はルルはV.Vとして生きてると思ってましたが、今はやっぱりルルは安らかに死んで、今は先に天国に行ってしまった皆と賑やかにやっていると思っています。
>
> >ロロを大切に思ってくれるのはいいんだけど、
> >ロロはただ、ルルーシュの幸せだけを望んでいたのにね。
>
> そうですね。
> ただ、ロロが大事だったからこそ、
> きっとルルはロロを憎んでた自分が嫌いで許せなかったんだろうなあと思います。

相手を失ってから気づくというのはつらかったでしょうね。
もっと早く気づいていたら、あれもしてやれた・・・これもしてやれた・・・そもそも死なせはしなかった・・・とも思うでしょうね。
今更どうしてもやれない自己嫌悪と後悔はその後死を持って償うという動機に繋がったと思います。

> ナナリーも守れなかったと思いこんで、
> 遠ざけてまで守りたかったシャーリーも失って、
> ロロには最後までまっすぐに愛情を向けられて、
> やっと真っ直ぐに見えるようになれた矢先に失ってしまって
> …何か今思ってもギアスの最後は本当に救いがなかったですよね…。
> 変な言い方ですけど、ナナリーが死んでたら
> ホントにルルにはゼロレクイエムはハッピーエンドだった気がします。
> 天国でユフィにも謝れて、大切な人は殆ど皆天国にいて
> スザクを皆で楽しく待ってればよかったのに
> …なのに最後まで譲れなかったナナリーは天国にいないんだと
> 思うと本当に悲しいなあと思います…。

きっとルルはナナリーの幸せを皆と天国から見ていますよ。
背中にはロロが張り付いていて、腕はシャーリーにとられていて、もう一つの手はスザクの所に毎日天国から通うユフィに「気をつけて行ってこいよ。」と振ってるような・・・。

せめてスザクとナナリーだけでも幸せになるといいですね。
すぐには難しいと思うけど、C.Cの言うとおり、あれでルルはルルなりに幸せな生き方をしたのだと気づく事ができればナナリーも幸せになれると思います。
>
> 私もゼロレクイエムは、ルルやロロのような人間を
> 生まない為のものだと思えてならないです。

単に戦争を終らすだけならシュナイゼルのやり方もアリだったと思いますが、個人が国家の犠牲にならないやり方を望んだのでしょうね。

> ルルなんて、溢れる才能を無駄使いして
> マイホームパパやってるのが目に浮かぶような
> せまい世界を大事にする優しい人間だったのが
> こんなに色々間違っちゃったのは、
> 本当にただ、追い詰められてしまっただけなんですよね…。
> 人を愛する事が出来たロロも良くも悪くもルルそっくりでした。

人形のようだったロロに心を吹き込んだのはルルだったので、どうしても似てしまうんでしょうね。
兄弟であると同時にお互いの半身でもあったような気がします。
このままルルに愛され続けたらロロはナナリーのようにいろんな人を愛せるようになっていっただろうな・・・と思うと、凄く残念です。


> ルルもロロも、愛する人さえいれば
> それで満足して幸せな人間だったんですから。
> ただ、それだけの事さえ守ることが困難だと思うほど
> ただ不幸だっただけで…。

小さな幸せを守る事が困難な世界は、表面が上手くいっているように見えてもやっぱり間違っていると思います。
ユフィや、シャーリーなど、心優しい少女であっても敗戦国から搾取している側の人間であった彼女らも実は知らないうちに加害者の一人でした。
ルルはそういうことの無い世界も目指したかったようです(小説版より)
実際シャーリーやユフィなら今より貧しい暮らしになっても世界の人々と手を取り合える方を望みそうです。
誰かの犠牲の上に成り立たない幸せを考えるなら、やっぱりあの選択しかなかったのでしょうねv-356

> ナナリーの眼や足は、ずっとルル気にしてましたよね。
> 私もずっと負い目はあったんだろうなと思います。
> 守れなかったのはルルが悪いんじゃないんですけどね…。
> やっぱり人は、守れなかったら後悔しますものね…。

こういう子供達の苦しみも考えず、ルルナナを放りだして、死んでしまってもまたCの世界で会える・・・と考えたシャルルとマリアンヌはどう考えても間違ってますよね。
親失格です。
>
> >ロロだったら「ナナリーと結婚したらもれなく兄さんがついてくる」と
> >言われたら大喜びしそうです。
>
> 絶対喜びますよねv。
> で、晴れて一生弟でいさせてあげたかったんですv

その気持ち、わかります~~~!!

> ナナリーは人の善意を丸ごと信じられてそれを表に出せる子だったから
> ロロの人をまっすぐ見えなくて警戒心が強い性格には
> ある意味一番適してるような気がしてたので。

私もそう思います。
ナナリーは自分も苦しんだ事があるし、あのシャルルでさえ何かワケがあったのでは・・・と考えられる子なので(小説版でですが)ロロの暗殺者としての過去も受け入れることが出来るとおもいます。
ただ、小説ラストの巻はまだ読んでないのですが、ナナリーは色々酷いらしいのでドキドキですv-356
ロロの最後にいたっては丸ごとカットらしいので遠くまで出かけて行ってコソコソ買おうかという気力が湧きませんv-356
>
> 何かルルは子供と弟妹を均等にバランス良く愛せなそうな印象も(^^;。
> 子供に情が移れば、ロロナナに恨まれ
> ロロナナから卒業できなければ、シャーリーにうらめしがられそうな気がします。
> …自分の中のルルのイメージって何故か器用貧乏なんですよね(^^;。
> ある意味一生けん命というか。
> ゼロやってた時も学校疎かにしまくりでしたし(^^;。

確かに、単位は危ないし、居眠りし放題だし、おろそかでしたね~。
気力はあっても体力無いから、よく過労死しなかったものです。
でも本当はロロナナ、シャーリーに挟まれて悲鳴を上げるような生活をしたかったんでしょうね。
兄さんの子供であればロロナナは育児を手伝って可愛がりそうな気もします。
>
> お義父様大丈夫そうですか?
> 入院期間のびちゃったみたいで心配ですね…。

ちょっとボケが入っちゃったみたいで、それが実は一番心配です。
先生から駄目だといわれているのに買い食いして血糖値上げまくりだし、こっぴどく怒られて、「よその病院紹介しましょうか?紹介状書いてあげますよ」とまで言われちゃってへこんでますv-356
トイレも失敗しだしましたしね。
同居介護になると、かなりきついと思いますが、見捨てる事は人間として出来ないし。


> 色々大変そうですが、無理しないで頑張ってくださいね(^^)。

まだ入院中なので、確定申告のフォローとか、同居に備えての片付けや準備程度しかしてないんですよ。
でも、子供のお弁当がはじまり、今日も卒業式で学校休み、来週から春休みも始まるのでバタバタはしますねv-356
もう年なので無理はしたくても出来ません~v-356
と言いつつ先日飲み会で午前様やっちゃった時もきつくてきつくて・・・。
洗い物出来ずに寝ちゃったら旦那が洗ってくれてて、私の遊びで行ったのにごめん~~!!!って感じでした。旦那は優しいので余計にこたえますv-356

> かきたい時にかく感じでいいとおもいますよ♪
> 好きサイトさんはなくなるより年一更新でも
> 私は残ってほしかったりするので無理せず頑張って頂けると嬉しいですv。

そう言ってくださって嬉しいです♪
多分もうすぐスポンサー広告が一番上に出ると思いますが(←これが実は一番プレッシャーだった)もう気にせずやっていきます。
ちなみにこれは無料のブログなのですが、放置しても撤去はされないんですよね?
>
> ではでは★
> 里帰り楽しんできて下さいませ♪

はい、お見舞いも込みですがちょっとゆっくり出来そうです♪
3・26~4・02まで行ってます♪
ではでは!
2009/03/19(Thu) 09:40 | URL  | U.T #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。