FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その手のひらに その6
2009年05月19日 (火) | 編集 |
事前に政庁の見取り図は手に入れてあった。
それに、元提督のジェレミア、そして彼の元副官であり、最近まで政庁に出入りしていたヴィレッタ先生は政庁を知り尽くしている。
当然、特別捕虜の収監先・シールドプリズンの正確な場所や解除方法も難なく割り出せた。

紅蓮は咲世子の報告により第三試作品格納庫に収納されている事が確認されている。
今回はカレンの救出を第一に考えているが、当然、紅蓮を取り戻す事も視野に入っている。

カレンと紅蓮をセットで取り戻す事が出来ればどれほどの戦力アップに繋がる事だろう。
そのために綿密な事前調査が行われた。

政庁に居る人間を特定する事はけっこうたやすい。
ブリタニア人に見えるハーフの団員や主義者を使って政庁の人の出入りは連日詳しく調べられた。

また、兄さんはハッキング技術を駆使して政庁内の要人の行動予定を掴んだ。

そして、政庁にクルルギ、ジノ、更にはナナリー、ロイド、セシルがいない時を狙って作戦を実行に移したのだ。
出来ればアーニャもいない事が理想だったのだが、さすがにラウンズが三人揃って不在という、こちらに都合のいい隙は調べても無かった。
そこで、ジノやクルルギの機体よりわずかにだがスピードや機動性が劣るモルドレットを操るアーニャの待機日に的を絞ったのだ。

兄さんと僕は海底トンネルより、いざという時の提督脱出用ルートから政庁に侵入した。
このルートは極秘とされており、基本的には皇帝直属の特務の人間か、提督本人とその副官にしか知らされていない。
ジェレミア、ヴィレッタから知らされたこのルートはハッキングして手に入れた政庁極秘見取り図にも載っていない。
この脱出ルートを作った工事人は、下働きから設計者まで完成と同時に殺害されているほどの超極秘ルートだ。

提督となるのはどこのエリアであろうと、皇族か大貴族。
部下をおとりとして上空から脱出させている間に提督や幹部はこちらから密かに逃げるシステムだ。
使うかどうかは提督の判断次第だが、こういったものはどこのエリアの政庁にもあるらしい。

皇族や大貴族を守るためだけに多数の罪亡き人が犠牲となっている事に憤りを感じるが、今はこのルートが使えることがありがたい。

地下トンネルから小型艇に乗り、細い道を低速で進んでいく。
そして、格納庫で降り、そこからは歩いていく。
程なく着いた小さな扉を僕のギアスで時間を制止させてから注意深く開ける。
たどり着いた部屋は想定通り無人だった。

ギアスを解き、兄さんと共に部屋に滑り込んで隠し扉を元通り閉じる。
そして部屋を見渡した。
豪奢なレースのカーテンが揺れる窓辺に、1枚の写真が飾ってあった。
その写真の中で、幼い兄妹が幸せそうに笑っている。

そう、ここは提督の私室であった。

兄さんはその写真を手にとって懐かしそうに眺めた。
目が見えない提督だけど、きっと思い出の写真を兄妹の誰かから譲り受けて心の支えに飾ったのだろう。


「ナナリー・・・。」

兄さんは、側にあったメモ帳を破るとそれに針でいくつかの小さな穴を開け、そっと枕元に置いた。

きっと『愛している』と書いたのだろう。


文字数から考えて、誰からとも書かなかったのだろうが、それでいいのだろう。
二人の間に多くの言葉は要らない。もう既に絆という、言葉に勝るものを持っているのだから。

僕だって兄さんに愛されている・・・そう思うのに、胸が痛んだ。

「兄さん、急いで!!カレンさんが待っているよ!」

そう言うと、兄さんは例の写真を1度だけ振り返ってゼロの顔に戻った。
ごめんね、兄さん。意地悪して。
でも僕はもう、兄さんの大切な者を壊そうとしたりはしないよ。
だから、小さなこの意地悪をゆるしてね。




僕らは天井や壁の通気溝を伝い、紅蓮が収納されている地下2層目を目指した。
監視カメラや警報装置はは通気溝にもあったが、咲世子が僕らの侵入とともに監視ルームに即効性の睡眠ガスを投げ入れ、更には警報装置も一斉解除してくれた。

元々政庁の見取り図は手に入れているけれど、警備システムを熟知しているジェレミアとヴィレッタ先生がこちら側にいて情報提供してくれるのはやはり大きい。
ギアスを使っていないにもかかわらず、最小限の手間で作業が進んでいく。
それでも作れる時間はわずか。
携帯用の縄梯子も使って素早く地下まで降りていく。

そして、リサーチにより、今は無人のはずの第三試作機格納庫にたどり着くと、紅蓮の起動キーと取扱書を入れてあるはずのすぐ側のセキュリティーボックスを確認する。
そこにハッキングして調べておいた暗唱番号を打ち込んでキーと取扱書を取り出す。

紅蓮は改造されてはいたが、基本システムは同じで僕にも操縦出来そうだった。

この事態を想定していた兄さんの指示の元、僕はラクシャータさんの紅蓮操縦シュミレーションシステムで訓練を受けていた。
カレンさんほど使いこなせないにしても、基本の動作ぐらいなら十分だ。

兄さんが下に残って紅蓮の起動準備を始める。
僕は操縦桿を握って息をつめる。

ここからはスピードが勝負。失敗は許されない。

兄さんの指がキーボードに素早く正確に文字を打ち込んでいく。
ライトが順に点灯し、機械音が唸る。
背に装備された翼がグンと伸び、兄さんの声に応えるように僕も復唱する。

「聖天八極式・紅蓮、発進!!」

発進と共に兄さんを紅蓮の手のひらに包み、逆の腕で厚い壁をぶち破りつつ一直線にカレンの囚われているシールドプリズンを目指す。

ミサイルにも耐えるという障壁も紅蓮の輻射波動の前には飴の様に溶けた。


シールドプリズンにたどり着くと、そこにはもう、咲世子によって助け出されたカレンが爆風をものともせず、長いドレスをはためかせて仁王立ちしていた。

カレンと咲世子も手のひらに収納し、壁を砲撃すると共に脱出する。

火の手が上がった瞬間、小型超高速航艇で待機していた先生が、プラスチック爆弾の起爆スイッチを入れる。
あらかじめ咲世子が迎撃システムに爆弾を取り付けていたのだ。

僕は爆炎を突っ切るように最大スピードで海岸まで飛行した。凄いスピードだ。
元々紅蓮は飛翔できたが、以前の倍以上のスピードが出るよう改良されていた。

同じく、スピードだけを考えて改造されたヴィレッタ先生の超高速艇もぴったりと紅蓮についてくる。

モルドレッドや他のナイトメアもやや遅れて飛び立ったようだが、僕のギアスを使うまでも無くあっさりと振り切れた。そして、深追いはせずに政庁に引き返していったようだった。

迎撃システムを内部から破壊された政庁は、防御力が著しく落ちている。

まして、日本近海にシールドを解いた斑鳩を探知したなら、汎用機のナイトメア以外、即出撃出来る主戦力としてモルドレッドしかいないブリタニア軍は絶対深追いはしてこないという兄さんの読みは見事に当たった。

海岸近くでジェレミアと合流し、ジェレミアの護衛のもと、兄さんと咲世子、カレンさんを先生の超高速艇に急いで移し、託す。

僕らの政庁脱出と共に猛スピードでこちらに向かっているはずの斑鳩とこれまた最大スピードで斑鳩を目指す紅蓮との現在距離は約100キロメートル。
超高速艇の護衛をしながら斑鳩と15分で合流し、続けて少し遅れたジークフリードも斑鳩に収納し、急速潜行して安全区域まで全力で逃げた。

・・・後々まで『ピンポンダッシュ大作戦』と呼ばれ続けた事を除けば、作戦は大成功だった。




兄さんの読み通り、ナナリーは総督を解任されなかった。
カレンを奪取されたものの、政庁の被害自体はピンポイントでの爆破のみだったので1週間ほどで全ての機能が回復し、人的被害もほとんど無かったようだ。

しかし、より鉄壁の陣となれるよう、元々居たラウンズ3人に加え、ナイトオブテンが政庁に常駐する事となってしまった。

ナイトオブテンはわりと品格高いと言われるラウンズの中では異色の人物だ。

「人を殺したいから軍人になった。より多くの人間を殺したいからラウンズになった。」

と公言してはばからない下品な男だ。
そんなに人殺しが好きなら響団の暗殺者にでもなれば良かったのに。
いつでも代わってあげたよ。


カレンを取り戻し、斑鳩内はお祭りムードだった。
久しぶりに戻ったカレンはお姫様のような上品なドレスをさっさと着替え、身体にぴったりとした団服を着て嬉しそうだった。

ゼロ番隊、隊長の座は、僕からカレンに戻った。少しがっかりしたけど、仕方ないよね。
うん。僕は全然気にしてないよ。

ゼロ番隊・隊長には漏れなく玉城副隊長がついてくるけどよろしくね。とりあえずお茶だけは美味しく入れられるよう仕込んでおいたから.(他は頑張ったけど駄目だった。)

僕はゼロ直属の特別身辺警護役となり、部屋も兄さんと同室になった。
ありがとう兄さん。
僕のことも考えてくれて。



とはいえ、兄さんと同居するという事は、C.Cと同居する事にもなる。
彼女のだらしなさは玉城以上だった。
よく耐えたね・・・兄さん・・・。

忙しい兄さんに代わって僕は彼女の世話をした。(兄さんはしなくていいといっていたが、やらずにはいられない)

何で僕がC.Cのパンツまで洗濯しなくちゃいけないのかと憤ったが、その辺にポイポイとブラやパンツを脱ぎっぱなしにされたらとても困る。

絶対片付けないC.Cに代わって僕か兄さんが片付けるしかないのだが、兄さんはそれでなくても忙しい上、カレンさん救出の際、通風孔を腹ばいで進み続けたり、ゆらゆら揺れる縄梯子で5階分も一気に降りたので、今強烈な筋肉痛に苦しんでいる。(それと紅蓮の手のひらの中での超高速Gも堪えたみい。)

ああ、可哀相な兄さん。
せめて僕が兄さんが気持ちよく過ごせる環境を作ってあげなきゃ!!

・・・と思うのに、今日もC.Cは下着同然のきわどい格好で部屋をウロウロしたり、床にあぐらをかいて行儀悪くピザを食べている。
何でだろう。
ヴィレッタ先生といい、C.Cといい、僕の周りの女たちはこんなのばっかりだ。
クラスの男子達は女の子に夢を抱いていたが、これでどうやって夢を抱けというのだろう。
もう一生独身でいいよ・・・僕は。
兄さんと一生美しく、慎み深く生きていくよ。


ただ、僕はC.Cが嫌いじゃない。
V.Vの一件以来僕はけっこうC.Cをかっている。
彼女は普段はだらしがないが、いざと言うときは命を張ってでも兄さんを守るだろう。
だから僕も兄さん同様彼女を守ろうと思う。

それに会長やヴィレッタ先生、玉城にまで揉まれて来た僕だ。
もう響団にいた頃の僕じゃない。
今更パンツの10枚や20枚でガタガタ言うまい。

彼女は玉城と違って決して仕事を手伝おうとしたり張り切ったりしないから実害は少ないしね




兄さんは落ち着いた頃を見計らい、カレンさんを私室に呼んだ。
そして僕らに話した全ての事を自分の生い立ちも含めて話した。

僕の事はすんなり受け入れてくれた彼女だったが、ユーフェミア様の件は流石にショックだったようで黙りこんだ。
近くで見ていた僕はカレンさんが裏切るのではないかとハラハラしたが、

「・・・・・・事故じゃ、・・・・・・しょうがないよね・・・・・・。知らないで罪を犯すことって私もあったもの。
母さんは私の事だけ考えていてくれたのに、私はそれに気づこうともしなかった。
そのせいで母さんは壊れてしまった。

・・・でもね、しょうがない、しょうがない・・・じゃ、ユーフェミアも虐殺された日本人も浮かばれないよ。

だから・・・・・・償おう?
私も一緒に精一杯償うから。
一緒に地獄に落ちてもいいから。
許してもらえなくても、生きてる限り、皆に償おうよ。
・・・・・・ね?」

と、静かに涙を流した。

男勝りで敵には容赦の無いエースパイロットのカレンさん。
明るく快活で、兄さんからの信頼も深く、羨ましく思ったこともある。

でも、彼女にも暗黒の部分はあった。

以前僕は自分一人が不幸なような気がしていた。
でもみんな、自分と戦っているのだ。

兄さんも、カレンさんも、きっとナナリーも。





その7次週金曜日早朝UPします。

オマケとしてありえない俺達の続編?的なお話を載せておきます。こちら→俺的ボロ雑巾計画

でも本当はこのお話は『その手』のだいぶ前に当たるお話です。


WEB拍手は有料版から無料版に戻せないようなので、多分9月末に期限切れになって自動的にお礼文共々消えると思います。(出来るだけブログに移そうと思ってますが結構手間なので全部は無理かも?)
休止までに全部WEB拍手はずそうと思ったのですが、何処に貼ったのか一件一件調べる暇が無いので・・・というか、その暇に一つでもたくさんSS書いちゃいたいので無責任とは思いますが、そのまま放置させていただきます(というか、コレかいてるの6/13日だけど)
プロフィール下のは外させていただきました。
いただいたコメントだけはコピーして移動しました♪コメント下さった皆様ありがとうございます!!


コメント
この記事へのコメント
こんばんわ
リアルが思った以上の忙しさのようで大丈夫なのだろうかと心配です。
無理しないでむださいね。

かっこよく(?)カレンを助けたルルですが、筋肉痛!
リアルすぎて笑えました。
確かにルルなら筋肉痛もあるでしょう。
どんくさいのによくがんばったよルル。

しかし私が一番気になったには玉城!
カレンの下で玉城はどうなるのでしょうか。
カレンは玉城をどうするのでしょうか。
かえってきてホッとしたらどういうわけか余計な荷物(玉城)がいててさぞやびびった事でしょう。
しかしお茶だけは(ロロの努力で)煎れられるようになったのでちょっとは使えるようになったはずですよね!(多分)
2009/06/22(Mon) 19:40 | URL  | 浅田リン #-[ 編集]
Re: タイトルなし
おはようございます。

> リアルが思った以上の忙しさのようで大丈夫なのだろうかと心配です。
> 無理しないでむださいね。

う~ん・・・。
当初の予定では1週間したらすぐ近くのアパートに移ってもらって10~19時ぐらいまでをウチで過ごしてもらい、ご飯も作る・・・という予定でしたが、朝7時~夜9時ぐらいまでウチで過ごし、半分はウチに泊まることになりそうです。
ブログ周りも厳しいし、バイトのない日にしてたお友達とのお茶も暇無くて出来ないし、カロリー制限のある糖尿病のおじいちゃんの前でお菓子をバリバリ食べられないし、和やかにはいってると思うけど、中々キツイ・・・v-12
>
> かっこよく(?)カレンを助けたルルですが、筋肉痛!
> リアルすぎて笑えました。
> 確かにルルなら筋肉痛もあるでしょう。
> どんくさいのによくがんばったよルル。

頭脳労働者だからねv-356
何となく筋肉痛になりそうですv-356
>
> しかし私が一番気になったには玉城!
> カレンの下で玉城はどうなるのでしょうか。
> カレンは玉城をどうするのでしょうか。
> かえってきてホッとしたらどういうわけか余計な荷物(玉城)がいててさぞやびびった事でしょう。
> しかしお茶だけは(ロロの努力で)煎れられるようになったのでちょっとは使えるようになったはずですよね!(多分)

カレンの方が気が短そうな気がするので3日ぐらいで首になりそう?
でも、ちらかし加減は玉城とさほどかわらなそうなのでOK???
・・・とりあえずこのコンビの元には難しい書類は回ってこないような気もしますv-356

コメントありがとうございます!!
2009/06/23(Tue) 06:02 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
こんにちは
お久しぶりですこんにちは。生活はだいぶ落ち着かれたでしょうか?また無理などしていませんか?
向こうでも書きましたが私は珍しく風邪をひいてしまいました。U.T様も気をつけて下さい(>_<)



カレン救出「ピンポンダッシュ大作戦」^^大成功で良かったです!!
公式ではフレイヤやら何やらでめちゃくちゃだっただけに
ルルーシュが被害を最小限にとどめようとみんなと相談して協力しあっているのがすごく嬉しかったです。アニメのルルーシュは何でも1人で解決しようとしますから…(>_<)

あとメモに メッセージを残す場面は少しウルッときてしまいました。「愛してる」はシンプルだけどとても心に強く響きます。


カレンが戻って来たことで、ロロは零番隊隊長じゃなくなっちゃうけど
2人には仲良く一緒に兄さんを守って欲しいですvVカレンは結構優しいからロロの面倒みてくれそうです(*^o^*)
玉城は 軽くあしらわれそうですねwwww



お話の展開とともに、ロロがみんなと馴染んでいく様子がとても嬉しかったりします。続き、楽しみです!!
金曜日また来ます(^O^)



俺的ボロ雑巾計画のルル様
いじめ方がまるで嫁をいびる姑のようでふきましたwwwww
2009/06/24(Wed) 03:31 | URL  | (*_*) #-[ 編集]
Re: こんにちは
> お久しぶりですこんにちは。生活はだいぶ落ち着かれたでしょうか?また無理などしていませんか?

おはようございます♪
毎日ビックリする事の多い生活ですが諸手続きはかなり終りました♪
・・・でも半同居で夜は近くのアパートに・・・と思ってましたが今も完全同居なのでだんだん体力が・・・v-356

> 向こうでも書きましたが私は珍しく風邪をひいてしまいました。U.T様も気をつけて下さい(>_<)

大丈夫ですか~v-356
日記は読ませていただきましたが熱あるのに夜更かししたら駄目ですよ~v-356
回復なさった頃にまたコメントに伺います!
>
>
>
> カレン救出「ピンポンダッシュ大作戦」^^大成功で良かったです!!
> 公式ではフレイヤやら何やらでめちゃくちゃだっただけに
> ルルーシュが被害を最小限にとどめようとみんなと相談して協力しあっているのがすごく嬉しかったです。アニメのルルーシュは何でも1人で解決しようとしますから…(>_<)

・・あの時、何も正面からやらずとも元提督のジェレミア情報やルルロロのギアスで何とかすればいいのに・・・と思っていました。
スザクに頭踏まれたり、・・・そしてスザクを頃層との覚悟があるならそれくらいできた筈なのに。王都乗っ取り・帝位簒奪でさえ騎士団抜きで出来たルルなんだからv-356
>
> あとメモに メッセージを残す場面は少しウルッときてしまいました。「愛してる」はシンプルだけどとても心に強く響きます。

何か6話のイメージが強くて・・・。
ルル本当は弟妹と幸せに暮らしたいだけの子だったのに・・・v-406
>
>
> カレンが戻って来たことで、ロロは零番隊隊長じゃなくなっちゃうけど
> 2人には仲良く一緒に兄さんを守って欲しいですvVカレンは結構優しいからロロの面倒みてくれそうです(*^o^*)
> 玉城は 軽くあしらわれそうですねwwww

そういえばカレン、C,Cと逃亡中は姉妹設定で一緒に暮らしてましたねv-356
すごい部屋散らかっていましたが・・・。
玉城とはどうなのかしら?
もう足の踏み場も無いような?
>
>
>
> お話の展開とともに、ロロがみんなと馴染んでいく様子がとても嬉しかったりします。続き、楽しみです!!
> 金曜日また来ます(^O^)

ありがとうございます!!
あと2回で終わりですが、楽しんでいただけたら嬉しいです!!
>
>
>
> 俺的ボロ雑巾計画のルル様
> いじめ方がまるで嫁をいびる姑のようでふきましたwwwww

すごくセコイですよねv-356
元皇子様とは思えないですよねv-356
2009/06/24(Wed) 05:19 | URL  | UT #L1ch7n1I[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。